コレで店舗集客力・売上がアップ!店舗オーナー救済ナビ

経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

効率よく
売上アップするには?
店舗集客法大解剖

「コレで集客力・売上がアップ!店舗オーナー救済ナビ」は、
売上や集客で伸び悩んでいる、サロンやクリニックなどの店舗オーナーさんをサポートするサイトです。
効果が期待できる集客&売上アップ方法、
そのほかオーナーさん向けのお役立ち情報を、
たっぷりお届けいたします。

徹底比較
新規リピーターを増やす店舗集客法を比較しました

徹底比較 イメージ画像 売上や集客をアップするには、新しく機材を導入する・ポータルサイトに登録する・広告を出すなど、さまざまな方法がありますよね。
しかしどの方法を取るにしても費用はかかりますし、それぞれどんなメリットがあるのかよくわからない…というオーナーさんもいらっしゃるのでは?
そこで特に集客・売上アップが期待できる方法、導入機材・登録サイト・広告出稿について徹底リサーチ。
種類別に月額費用・必要な人員・導入のしやすさ・メリット・デメリットをまとめてみました。
 
導入機材
※業務委託商材(アイトレ)の導入
導入機材_イメージ
引用 : アイトレメーカー公式サイト
http://eyetre.jp/
ポータルサイト登録
※雑誌1/4スペース相当プランの場合
ポータルサイト_イメージ
引用 : HOTPEPPER Beauty公式サイト
https://beauty.hotpepper.jp/top/
広告出稿
※雑誌1/4スペース相当プランの場合
広告出稿_イメージ
引用 :フリーペーパーナビ公式サイト
http://www.freepapernavi.jp/
月額費用 30,000円~ 171,666円 150,000円
必要な人員 1人~
※スキル必要なくだれでも操作できる
2人~ 1人~
メリット
  • 複数回通う必要があるため、長期リピーターの確保が期待できる
  • 広告費、人件費、採用費、教育費、残業代など費用を節約できる
  • 契約後打ち合わせは必要なし
  • 電話予約による対応時間の削減
    ※ただし完全には無くならない
  • 若年層の新規顧客獲得につながる
  • ターゲットが絞りやすい
  • 多くの人の目に留まりやすい
デメリット
  • 機器使用の説明会は参加必須
  • 初回限定のクーポン利用客が多いため、リピート率が低い
  • キャンセル率が約20%と高い
  • 店舗のオリジナリティや限定感を出しにくい
  • 飛躍的な売上向上に直接結びつかない
  • 電話予約の対応が必要
  • 掲載期間が短いうえ、情報量が限られる
  • 店舗のオリジナリティや限定感を出しにくい
公式サイト
※業務委託商材「アイトレ」とは、目の健康や美容面をサポートする美容機器です。

オーナーが語る!集客・売上がアップした成功事例集>>

まずは集客ができない理由を探る

お客さんが集まらない店舗には、必ず理由があります。理由というより、原因と言った方がいいでしょう。

その原因を追究せずに、価格の引き下げや無料サービスを実行しても売上アップには繋がりません。

自分の店舗に人が来てくれない原因を探るのが先決。

集客できるようになったら、次に売上アップに繋がる施策を実行するのが賢い方法です。

ステップアップ方式での考え方

お客さんが来ないから売上が上がらないのも1つの事実ではありますが、集客できても売上が上がらないこともあります。

集客できる=売上アップと地続きで考えるのではなく、ステップアップ方式で考えて行きましょう。

次に集客できない理由としてよく言われていることを紹介します。

集客ができてない3つの原因

上手く集客できていない理由としてよくあげられる例を3つ紹介します。

1.広告の出し方が適切でない

例えば、ターゲットがよく新聞を読むような人物像の場合、折り込みチラシなら目にしてくれるでしょうが、インターネット上の広告は見てくれないでしょう。ターゲットが目にする場所やタイミングに適切に広告が出せているかチェックしてみてください。

2.ターゲットが明確化していない

例えば、美容サロンと一口に行っても、20代向け、主婦向け、高級志向、といろいろとコンセプトはあるはずです。単に「女性」というくくりだけではターゲットの幅が広すぎて、ぼんやりしたアプローチしかできません。どういった人のための店舗なのかをもう一度見直してみましょう。

3.リサーチが足りていない

1や2が起こるのは、市場リサーチが足りていないから。自分がやっている業種の主なターゲット層、そのターゲットがよく見ている媒体、どういったことを求めているのか…などを知っているのといないのとでは、提供できるサービスや出す広告に差がでます。 集客ができていないなら、まずはリサーチから始めましょう。

一般的に使われている集客方法

店頭看板

目立つ場所に看板を設置していても、近くに店舗が存在していないと集客率はアップしません。

看板を見た人が店舗を探すことになってしまうため、せっかくの顧客を失ってしまう可能性が高いです。

店頭看板は店舗のすぐ近くに設置できる看板で、一目見るだけですぐに店舗を発見することができます。

現在使用されている店頭看板のほとんどは照明がついており、夜間でもしっかりと看板の存在をアピールすることが可能です。

適した看板の選択

店頭に置いておく看板だけではなく、ビルの側面上部の看板、道路沿いのの誘導看板などがあります。

どういったユーザーがターゲットなのかや、立地条件に合わせて適した看板を設置しましょう。

看板の種類

店頭看板の中にはスタンド看板やA型看板など、いろいろなバリエーションが存在しています。

スタンド看板は建物の前に設置する看板で、一般的に使用されているのはキャスター付きタイプと固定するタイプです。

歩行者の邪魔にならないのが大きな特徴で、店舗に合わせてコーディネートが自由に変更できます。

A型看板は飲食店などで利用されていることが多く、誰もが簡単に設置できる看板として人気です。

手軽に設置できてコストがかからない看板を設置した場合は、こういった店頭看板を活用しましょう。

チラシ

看板は店舗の近くを通る通行人や、看板の前に存在する人達へ店舗の存在を伝えることができます。

チラシやフライヤーなども使えば、より広範囲の方に店舗の存在をアピールすることが可能です。

ポスティングや手配りでチラシを配布、お会計時に渡すなどが一般的ですが、きちんと集客効果を高めたい場合はポスティングを実施するのが最適です。

チラシを閲覧する方のほとんどは中高年であるため、チラシを配布する際はこういった世代の方に適したチラシを作る必要があります。

ポスティングの注意点

ポスティングは住宅のポストにチラシを投入する方法で、チラシを一人一人の住宅へとしっかり配ることが可能です。

対象となるユーザーの数が多ければ多いほど、店舗集客をスムーズに進めることができます。

ただし、地域によってはポスティングが禁止されている場合があるため、実施する際は注意しなければなりません。

タウンプラスは他の配布方法に比べて費用がかかる分、気軽にチラシを配布できるサービスです。性別や年齢などの情報に合わせてチラシを配布することができるので、商品やサービスのセグメントが決まっている時に役立ちます。

住宅にチラシを配布する際はこういったサービスを活用し、店舗集客が効率良く進められるようにしましょう。

>>フリーペーパーとチラシに関しての詳細ページはコチラ

のぼり

いろいろなジャンルの店舗で使用されているのぼり旗は、取付けや取り外しが簡単に行なえるため持ち運びに便利な看板です。

布製であるためコスト面が非常に優れているため、一度に大量ののぼり旗を作ることができます。

のぼり旗は風などの影響でよくなびくので、設置しておくだけで通行人にしっかりと店舗の存在をアピールすることが可能です。

店舗で販売されている商品や目玉となるサービスを表記しておけば、のぼり旗を見るだけで店舗の特徴をしっかり伝えられるようになります。

破損しない限りはそのまま使い続けることができるため、交換や修理によって広告費が高額になってしまうこともありません。

のぼりの規格と設置場所が大切

しかし、のぼり旗のサイズが小さいと、文字が見えづらくなってしまい店舗の趣旨が伝わりにくくなってしまいます。

そのため制作を依頼する際はサイズをよく確認し、記載されている情報がしっかりユーザーに伝わるように配慮しなければなりません。

設置する場所によってはのぼり旗が見えづらくなってしまうこともあるため、作成した後は設置場所もよく考える必要があります。

のぼり旗を使って店舗集客を行なう際は、効率良く集客を行なうことができる方法を模索してみましょう。

ポータルサイト

ポータルサイトとは

  • ニュース/ショッピング/検索など全ての総合的サービスができるサイト
  • 地域に密着した情報を配信しているサイト
  • ひとつに決められたテーマに沿ったサービスを提供してくれているサイト

など、いくつかに種類が分かれています。

ポータルを日本語にすると、入り口という意味で、様々なサイトへアクセスする為のサイトのことです。

ポータルサイトの掲載メリット

ポータルサイトに掲載させてもらうことによって、それを利用するために集まった多くの人に紹介していくことができ、集客を狙うことができます。

まだお店を始めたばかりの方には、自社を知ってもらうためにも、とても有効な手段のひとつです。

利用する場合は、できるだけ多くの人に見てもらえた方が広告費用に見合った集客ができます。

掲載を検討しているサイトがどれくらいの人が利用するのか、どんな人が利用するのかを確認しておくことが大切です。

また、最近ではこのようにポータルサイトに掲載してもらい集客しようと考える方が増えているので、他の競合と比較されます。

掲載の際は、他の会社とは違う何かがある方が、集客率が上がるでしょう。

>>ポータルサイトに関する詳細ページはコチラ

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンを使用した時、その検索キーワードに関連してでてくる広告のことをいいます。

実際にそのキーワードに興味を持ち、検索している人にぴったりの広告を掲載できるので、全ての人に広告を出すよりも、見てもらえる可能性も高いです。

今では大手の会社から個人まで、様々な人がリスティング広告を利用しています。

広告を連動させて掲載すると言うことができるという点で、とても効果的だと考えられているのでしょう。

リスティング広告の費用は?

リスティング広告の費用は、表示されているだけではかかりません。

興味のある人に、興味のある情報を提供し、その人がクリックしてそのサイトを開いたときにお金がかかるという仕組みになっています。

また、他の広告の場合は、一体どれくらいの数の人が見てくれているのかということや、実際にどれくらいの宣伝効果があるのかということを正確に知ることは難しいかと思われます。

しかし、リスティング広告は違います。

実際のクリック数を知ることができるので、広告費をどのくらい使ったことによって、どれくらい売り上げが伸びたかを正確に分析することができます。

広告の集客効果もわかりやすくなるでしょう。

SNSでの集客

SNSは現在では大きな集客ツールとして使用されています。

今や10代の若者だけでなく20~60代まで多くのユーザーがSNSを使用しています。

例えば

  • Facebook:2,800万人
  • Twitter:4,500万人
  • LINE:6,800万人
  • Instagram:2,000万人

国内だけでこれだけの人が利用しているとされています。(各会社の発表)

それぞれのSNSで特徴が違いますがこれらをうまく活用することで新しい集客が期待できます。

昨今TVなどで「インスタ映え」という言葉が多く取り上げられていますが、口コミによる拡散が強いのがSNSの特徴となります。

その他の特徴としては早くお知らせがしたいキャンペーン情報など興味のあるユーザーに直接届けることが大きな特徴です。

またデータが残りますので費用対効果などの分析もできるので取り入れていないお店はSNS施策を行ってみましょう。

>>SNS集客に関しての詳細ページはコチラ

HPの作成

受動的な方法ですが、集客効果があります。

これにはHPを作成する技術(または依頼するコスト)やSEO対策の知識など必要になってきますが、作成することをお勧めします。

現在のインターネットはすごく便利で、知りたい情報はほとんどあるといっても過言ではありません。

知らないところに行くということはある種恐怖心が芽生えます。

そうなった場合ユーザーは何をするでしょうか。

「検索して調べる」です。

調査会社の調べではわからないことはすぐにネットで検索する人は約70%にものぼるとされています。

看板をみたり、チラシを見て気になって場合でもネットで検索する人が多いでしょう。そこできちんと公式HPがあれば安心感が増し集客につながります。

手間や効果を感じるまでに時間がかかりますが、今や必須と言えますので必ず準備しましょう。

>>HP作成に関しての詳細ページはコチラ

店舗集客を成功させるための秘訣

集客アップの基本法則

店舗集客を成功させて収益を上げるには、まず売上げアップのために五つの法則を知っておく必要があります。

これらの法則を知っているのと知っていないのとでは、今後の集客率は大きく変わります。

  • 新規ユーザーの獲得
    一つ目の法則は新規のユーザーを獲得することです。商品を購入するユーザーの数が増えれば、商品の売上げを順調に伸ばしていくことが可能です。
  • 顧客流出を止める
    次は利用者が他の店舗へ流れるのを予防しましょう。店舗を利用してくれるユーザーの数が減ってしまうと、いくら質の良い商品を提供しても十分な利益を得ることはできません。
  • リピートしてもらう
    また安定して収益を得るためには、ユーザーの購入頻度を向上させる必要があります。商品の購入数が安定していれば、売上げの低迷などのトラブルが発生することはありません。
  • 買ってもらうものを増やす
    店舗の収益を効率良くアップさせるには、商品の売上数を徐々に増やしていくのが最も効果的です。新しいサービスの導入など普段買わないものを増やすのも施策のうちの一つです。
  • 単価を上げる
    さらに商品一つあたりの価格を少し高くしておけば、以前よりも多くの収益を集めることができます。

原因の究明と改善計画

店舗の収益アップのためにこれらの法則をどれか一つでも実施していないと、店舗の収益はアップしません。

店舗の売上げを伸ばすにはまず原因をしっかり考え、戦略的に改善計画を練ることがとても大事です。

これらの法則によって得られた結果は数値化できるので、数値を比較することによって改善策の成果をすぐにチェックすることが可能です。

店舗の売上げが芳しくない場合はこれらの基本法則を確認し、それぞれの店舗に適した法則を導入することで改善を図りましょう。

なるべく出費が少なく質の高い顧客を集められる方法を選んでおけば、集客に失敗してまった場合でもコストの消失を減らすことができます。

関連記事:売上向上の施策で大切な3つの要素

新規顧客を増やそう

店舗集客によって収益を増やすには、店舗に来店するユーザーの数を増やすことが大切です。

新規のユーザーとリピーターによって集客方法は異なるので、ユーザー数を増やす場合はそれぞれの顧客に適した対策を行なう必要があります。

新規ユーザーの数を増やしたい場合はテレアポや飛び込み営業、チラシや地域紙広告などを使って集客を行なうのが最適です。

新規ユーザー向けの集客方法にはフリーペーパーの作成やホームページの開設、ブログやSNSを使った販促などいろいろなバリエーションがあります。

安定して集客アップが可能!?ホームページのチカラ

その中でも安定して集客アップを図ることができるのは、ホームページを活用した集客方法です。

ホームページで自社の商品などをアピールする際は、他社にはない強みのアピールをしておけば、多くの利用者から注目を集めることができます。

初回無料で購入できる商品などを提供しておけば、利用者の満足度が上がってリピーターの数も増えてくれる可能性が高いです。

一度利用者に不満が発生すると徐々に風評が悪化していき、安定した収益を得ることができません。

店舗集客を行なう際はユーザーの目線に立ちながらサービスを考え、利用者の満足度をアップさせていきましょう。

離反顧客の減少が成功の鍵

店舗集客を行なう際はリピーターの数を増やし、離反するユーザーの数を減らすことがとても重要になります。

店舗からユーザーが離れてしまう原因は商品への不満、顧客とのコミュニケーション不足です。

顧客への関心がないままビジネスを進めることは、ユーザー数を減少させてしまいます。

こうした悪影響を防ぐにはアンケートを実施し、利用者の方から感想や要望を聞くのがベストです。

アンケートや口コミによる改善

アンケートを利用して顧客とのコミュニケーションを図れば、商品への不満などの問題点を改善することでユーザーに適した店舗を作り上げていくことができます。

集客を行なう際はアンケートを実施し、利用者の要望や感想をきちんと確認することで問題点を改善していきましょう。

電話やメールを使ってアンケートを行なえば、情報収集にかかる時間と費用を最小限に抑えることができます。

同時に離反率を下げるために必要なコストもしっかり確認しておけば、店舗集客の際に会社が負担するコストを最小限に抑えることが可能です。

関連記事:リピーターを増やすたった2つの方法

業種別

この方法で売上がアップしました!オーナーさんたちの
導入機材で成功した事例

売上アップや集客アップが期待される方法を紹介しましたが、導入・実践するとどれだけ効果が現れるのでしょうか。
ここではさまざまな業種の店舗における成功事例をご紹介。
店舗によっては売上が15%、集客率が20%もアップしたという事例や、2週間で売上が100万円を超えたという事例もあります。果たしてどんな方法で売上・集客アップを達成したのでしょうか?
これまでいろいろな方法を取り入れたけど、あまり効果がなかった…とお悩みのオーナーさんは、ぜひ参考にしてみてください。

オーナーさんたちの成功事例 イメージ画像

整体院

売上(月間)

BEFORE0
 
AFTER15.0

集客率(月間)

BEFORE0
 
AFTER20.0
男性イメージ画像
機材導入で売上15%、集客率20%アップ

整体院を経営しております。リピートして頂いているお客様はいますが、もっとお客様に満足してもらえることができないか、探っていました。そこでお客様の悩みを解消してくれる、ピッタリなマシンと出会い…

自宅サロン

売上(2週間)

BEFORE0万円
 
AFTER100万円

集客率(2週間)

BEFORE0
 
AFTER約112
女性イメージ画像
たった2週間で売上が100万円超え

代理店の経営をはじめ、2か月経ちます。機材を使ったメニューを導入したところ、口コミで広がって1日平均8名の予約を頂くようになりました。さらに嬉しいことに、導入2週間後には売上が100万円を超えて…

ネイルサロン

女性イメージ画像
必要な経費を最低限まで削減

大手でないと生き残るのが難しいネイルサロン。だけどどうしても経営を続けていきたい、と考えていたところにアイトレと出会いました。アイトレを導入したところ、導入前と比べて利益率が格段にアップし…

マッサージ

女性イメージ画像
予約枠が全ていっぱいに!

紹介がないと受けられない完全プライベートサロンを経営しております。新しいメニューを追加したところ、受けてみたい!というお客様が続出。全ての予約枠がすぐに埋まり、リピーターも…

Tips美容業の印象は?

経済産業省が行った調査によると、世の中に多いと思うお店(事業所)は何だと思うかという問いに

美容業が1位となりました。

第3次産業活動指数は下がっていることから、業界自体は低調と言えます。

しかし、開業数などは右肩上がりで伸びているので、開業のしやすさというのがうかがえます。

そこで、大事なのは開業後の集客方法

美容業は競合も多いので最適な集客方法を見つけましょう。

データ参照:経済産業省お役立ちミニ経済解説より

第三次産業活動指数とは・・・

日本における打三次産業の活動を指数化したもの。産業全体としての動向を把握するために作成・公表されています。

作成は経済産業省が行っております。

あなたのお店に最適な集客方法を知ろう業種別で見る店舗集客のノウハウ全集

ひとくちに集客といっても、「これがテッパンの方法!」というものは存在しません。というのも業種、店舗がある地域(駅前、道路沿い、住宅地など)、ターゲットの性別や年齢など、さまざまな要因によって方法が異なるからです。それらの条件に適した施策を行うことで、集客力や売上アップにもつながります。
ここでは業種別に、店舗集客のノウハウをまとめました。自分の業種に最適な方法はなにか、確認してみましょう。

目的別で売上アップ店舗の売り上げをアップさせる方法全集

売上を上げる方法はいくつかあります。しかし全て実行するコストを考えると得策ではありません。自店舗にあった改善方法が必ずありますので、どの施策を行えばいいかをきちんと見極めましょう
現状の分析を行い正しい施策を行ってください。

 

TOPへ戻る