コレで店舗集客力・売上がアップ!店舗オーナー救済ナビ

経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

効率よく
売上アップするには?
店舗集客法大解剖

「コレで集客力・売上がアップ!店舗オーナー救済ナビ」は、
売上や集客で伸び悩んでいる、サロンやクリニックなどの店舗オーナーさんをサポートするサイトです。
効果が期待できる集客&売上アップ方法、
そのほかオーナーさん向けのお役立ち情報を、
たっぷりお届けいたします。

店舗集客を成功させるための秘訣


集客アップの基本法則

店舗集客を成功させて収益を上げるには、まず売上げアップのために五つの法則を知っておく必要があります。これらの法則を知っているのと知っていないのとでは、今後の集客率は大きく変わります。

一つ目の法則は新規のユーザーを獲得することです。商品を購入するユーザーの数が増えれば、商品の売上げを順調に伸ばしていくことが可能です。

次は利用者が他の店舗へ流れるのを予防しましょう。店舗を利用してくれるユーザーの数が減ってしまうと、いくら質の良い商品を提供しても十分な利益を得ることはできません。

また安定して収益を得るためには、ユーザーの購入頻度を向上させる必要があります。商品の購入数が安定していれば、売上げの低迷などのトラブルが発生することはありません。

店舗の収益を効率良くアップさせるには、商品の売上数を徐々に増やしていくのが最も効果的です。さらに商品一つあたりの価格を少し高くしておけば、以前よりも多くの収益を集めることができます。

これらの法則をどれか一つでも実施していないと、店舗の収益はアップしません。店舗の売上げを伸ばすにはまず原因をしっかり考え、戦略的に改善計画を練ることがとても大事です。
これらの法則によって得られた結果は数値化できるので、数値を比較することによって改善策の成果をすぐにチェックすることが可能です。

店舗の売上げが芳しくない場合はこれらの基本法則を確認し、それぞれの店舗に適した法則を導入することで改善を図りましょう。なるべく出費が少なく質の高い顧客を集められる方法を選んでおけば、集客に失敗してまった場合でもコストの消失を減らすことができます。


新規顧客を増やそう

店舗集客によって収益を増やすには、店舗に来店するユーザーの数を増やすことが大切です。新規のユーザーとリピーターによって集客方法は異なるので、ユーザー数を増やす場合はそれぞれの顧客に適した対策を行なう必要があります。
新規ユーザーの数を増やしたい場合はテレアポや飛び込み営業、チラシや地域紙広告などを使って集客を行なうのが最適です。新規ユーザー向けの集客方法にはフリーペーパーの作成やホームページの開設、ブログやSNSを使った販促などいろいろなバリエーションがあります。

その中でも安定して集客アップを図ることができるのは、ホームページを活用した集客方法です。
ホームページで自社の商品などをアピールする際は、USPを確立して会社の独自性をアピールしておけば、多くの利用者から注目を集めることができます。ホームページを開設する際は会社の特徴をチェックし、自社のUSPを確立させておきましょう。

また、新規ユーザーを獲得する際はリピーターの獲得を行なうために、初回は利益を取らないようにするのが最適です。最初から収益を得ようとするとリピーターの数が減少してしまい、今後の収益率が悪化してしまう危険性が高いです。初回無料で購入できる商品などを提供しておけば、利用者の満足度が上がってリピーターの数も増えてくれる可能性が高いです。

万が一ユーザーにトラブルが発生してしまっても、リスクリバーサルを提供しておけば利用者の満足度を維持することができます。一度利用者に不満が発生すると徐々に風評が悪化していき、安定した収益を得ることができません。

店舗集客を行なう際はユーザーの目線に立ちながらサービスを考え、利用者の満足度をアップさせていきましょう。


離反顧客の減少が成功の鍵

店舗集客を行なう際はリピーターの数を増やし、離反するユーザーの数を減らすことがとても重要になります。店舗からユーザーが離れてしまう原因は商品への不満、顧客とのコミュニケーション不足です。
特に顧客とのコミュニケーションをとることは顧客の要望や目的などをチェックし、それらに対して適切なアプローチを行なうために必要なものです。
顧客への関心がないままビジネスを進めることは、ユーザー数を減少させてしまいます。こうした悪影響を防ぐにはアンケートを実施し、利用者の方から感想や要望を聞くのがベストです。
アンケートを利用して顧客とのコミュニケーションを図れば、商品への不満などの問題点を改善することでユーザーに適した店舗を作り上げていくことができます。
集客を行なう際はアンケートを実施し、利用者の要望や感想をきちんと確認することで問題点を改善していきましょう。電話やメールを使ってアンケートを行なえば、情報収集にかかる時間と費用を最小限に抑えることができます。
また、集客を行なう際はユーザーの損失によって受ける逸失利益を見積もっておき、適切な対策を練っておくことも大事です。実際に損害が出てから対応を行なっていては、店舗の集客率を改善することはできません。
これまでのユーザー数や売上数を比較することで、逸失利益を事前に確認しておきましょう。
同時に離反率を下げるために必要なコストもしっかり確認しておけば、店舗集客の際に会社が負担するコストを最小限に抑えることが可能です。


徹底比較
新規リピーターを増やす店舗集客法を比較しました

徹底比較 イメージ画像 売上や集客をアップするには、新しく機材を導入する・ポータルサイトに登録する・広告を出すなど、さまざまな方法がありますよね。
しかしどの方法を取るにしても費用はかかりますし、それぞれどんなメリットがあるのかよくわからない…というオーナーさんもいらっしゃるのでは?
そこで特に集客・売上アップが期待できる方法、導入機材・登録サイト・広告出稿について徹底リサーチ。
種類別に月額費用・必要な人員・導入のしやすさ・メリット・デメリットをまとめてみました。
 
導入機材
※業務委託商材(アイトレ)の導入
導入機材_イメージ
引用 : アイトレメーカー公式サイト
http://eyetre.jp/
登録サイト
※雑誌1/4スペース相当プランの場合
ポータルサイト_イメージ
引用 : HOTPEPPER Beauty公式サイト
https://beauty.hotpepper.jp/top/
広告出稿
※雑誌1/4スペース相当プランの場合
広告出稿_イメージ
引用 :フリーペーパーナビ公式サイト
http://www.freepapernavi.jp/
月額費用 30,000円 171,666円 150,000円
必要な人員 1人~ 2人~ 1人~
導入のしやすさ 適した人員
・スタッフ・アルバイト問わず、誰でも使用可能
契約後の手間
・打ち合わせの必要はなし
適した人員
・文章のクオリティを担保できる人
・予約の確認、ネット顧客の対応を細かくできる人
契約後の手間
・約5回の打ち合わせ(サポーターや担当とのやり取りなど)
・ネット顧客の予約・対応管理スタッフに、システムの操作方法や管理・運用方法を理解させる必要がある
適した人員
・文章のクオリティを担保できる人
契約後の手間
・約5回の打ち合わせ(サポーターや担当とのやり取りなど)
特徴 メリット
・複数回通う必要があるため、長期リピーターの確保が期待できる
・広告費、人件費、採用費、教育費、残業代の費用が不要
デメリット
・機器使用の説明会に参加する必要がある
メリット
・電話予約による対応時間の削減
※ただし完全には無くならない
・若年層の新規顧客獲得につながる
デメリット
・初回限定のクーポン利用客が多いため、リピート率が低い
・キャンセル率は約20%
・店舗のオリジナリティや限定感を出しにくい
メリット
・ターゲットが絞りやすい
・多くの人の目に留まりやすい
デメリット
・飛躍的な売上向上に直接結びつかない
・電話予約の対応が必要
・掲載期間が短いうえ、情報量が限られる
・店舗のオリジナリティや限定感を出しにくい
※業務委託商材「アイトレ」とは、目の健康や美容面をサポートする美容機器です。
 

一般的に使われている集客方法

店頭看板

目立つ場所に看板を設置していても、近くに店舗が存在していないと集客率はアップしません。看板を見た人が店舗を探すことになってしまうため、せっかくの顧客を失ってしまう可能性が高いです。店頭看板は店舗のすぐ近くに設置できる看板で、一目見るだけですぐに店舗を発見することができます。

現在使用されている店頭看板のほとんどは証明がついており、夜間でもしっかりと看板の存在をアピールすることが可能です。
車を運転している時も見やすく、反復請求効果のおかげで何度も人に見てもらうことができるため多数の利用者を集められるようになっています。設置費用も安く設置場所を自由に選ぶことができるため、看板を設置する際に手間がかかることはありません。

店頭看板の中にはスタンド看板やA型看板など、いろいろなバリエーションが存在しています。
スタンド看板は建物の前に設置する看板で、一般的に使用されているのはキャスター付きタイプと固定するタイプです。歩行者の邪魔にならないのが大きな特徴で、店舗に合わせてコーディネートが自由に変更できます。

A型看板は飲食店などで利用されていることが多く、誰もが簡単に設置できる看板として人気です。手軽に設置できてコストがかからない看板を設置した場合は、こういった店頭看板を活用しましょう。


誘導看板

店舗を検索している方にとって、店頭などに設置してある誘導看板はとても大切な情報になります。店舗で取扱いされている商品の情報や価格が誘導看板に記載されていれば、安心して店舗を利用することが可能です。

誘導看板の中には建物の屋上などに設置する屋上広告塔、建物の横に設置する突き出し看板などがあります。
都心部でよく見ることの多い屋上広告塔はサイズが大きいため、車を運転している方だけでなく歩行者にも店舗の存在を知らせることができます。

突き出し看板は建物から通りに向かって突き出ているため、離れた場所にいる人にも店舗の存在をアピールすることが可能です。しかし建物の大きさなどによっては、看板を取り付けることができない場合もあるので注意しましょう。
いろいろな場所に設置できる自立看板は、主にコンビニや飲食店などの店舗で使用されていることが多いです。
店舗集客に適した看板でありながら自由に設置を行なうことができるため、利便性が非常に優れています。

新幹線道路や高速道路の近くに看板を設置する際は、野立看板を使用します。この看板は店舗の存在と道案内を同時に行なうことができ、効率良く集客を行なうことが可能です。
看板を設置する場合はこれらの看板が持つ特徴をよく確認しておき、会社の目的に合った看板を選択できるようにしましょう。


チラシ

看板は店舗の近くを通る通行人や、看板の前に存在する人達へ店舗の存在を伝えることができます。チラシやフライヤーなども使えば、より広範囲の方に店舗の存在をアピールすることが可能です。
ポスティングや手配りでチラシを配布するのが一般的ですが、きちんと集客効果を高めたい場合はポスティングを実施するのが最適です。

チラシを閲覧する方のほとんどは中高年であるため、チラシを配布する際はこういった世代の方に適したチラシを作る必要があります。
ポスティングは住宅のポストにチラシを投入する方法で、チラシを一人一人の住宅へとしっかり配ることが可能です。対象となるユーザーの数が多ければ多いほど、店舗集客をスムーズに進めることができます。

ただし、地域によってはポスティングが禁止されている場合があるため、実施する際は注意しなければなりません。タウンプラスは他の配布方法に比べて費用がかかる分、気軽にチラシを配布できるサービスです。性別や年齢などの情報に合わせてチラシを配布することができるので、商品やサービスのセグメントが決まっている時に役立ちます。
住宅にチラシを配布する際はこういったサービスを活用し、店舗集客が効率良く進められるようにしましょう。


のぼり

いろいろなジャンルの店舗で使用されているのぼり旗は、取付けや取り外しが簡単に行なえるため持ち運びに便利な看板です。布製であるためコスト面が非常に優れているため、一度に大量ののぼり旗を作ることができます。

のぼり旗は風などの影響でよくなびくので、設置しておくだけで通行人にしっかりと店舗の存在をアピールすることが可能です。
店舗で販売されている商品や目玉となるサービスを表記しておけば、のぼり旗を見るだけで店舗の特徴をしっかり伝えられるようになります。破損しない限りはそのまま使い続けることができるため、交換や修理によって広告費が高額になってしまうこともありません。

しかし、のぼり旗のサイズが小さいと、文字が見えづらくなってしまい店舗の趣旨が伝わりにくくなってしまいます。
そのため制作を依頼する際はサイズをよく確認し、記載されている情報がしっかりユーザーに伝わるように配慮しなければなりません。
設置する場所によってはのぼり旗が見えづらくなってしまうこともあるため、作成した後は設置場所もよく考える必要があります。

業種別

この方法で売上がアップしました!オーナーさんたちの成功事例

売上アップや集客アップが期待される方法を紹介しましたが、導入・実践するとどれだけ効果が現れるのでしょうか。
ここではさまざまな業種の店舗における成功事例をご紹介。
店舗によっては売上が15%、集客率が20%もアップしたという事例や、2週間で売上が100万円を超えたという事例もあります。果たしてどんな方法で売上・集客アップを達成したのでしょうか?
これまでいろいろな方法を取り入れたけど、あまり効果がなかった…とお悩みのオーナーさんは、ぜひ参考にしてみてください。

オーナーさんたちの成功事例 イメージ画像

整体院

売上(月間)

BEFORE0
 
AFTER15.0

集客率(月間)

BEFORE0
 
AFTER20.0
男性イメージ画像
機材導入で売上15%、集客率20%アップ

整体院を経営しております。リピートして頂いているお客様はいますが、もっとお客様に満足してもらえることができないか、探っていました。そこでお客様の悩みを解消してくれる、ピッタリなマシンと出会い…

自宅サロン

売上(2週間)

BEFORE0万円
 
AFTER100万円

集客率(2週間)

BEFORE0
 
AFTER約112
女性イメージ画像
たった2週間で売上が100万円超え

代理店の経営をはじめ、2か月経ちます。機材を使ったメニューを導入したところ、口コミで広がって1日平均8名の予約を頂くようになりました。さらに嬉しいことに、導入2週間後には売上が100万円を超えて…

ネイルサロン

女性イメージ画像
必要な経費を最低限まで削減

大手でないと生き残るのが難しいネイルサロン。だけどどうしても経営を続けていきたい、と考えていたところにアイトレと出会いました。アイトレを導入したところ、導入前と比べて利益率が格段にアップし…

マッサージ

女性イメージ画像
予約枠が全ていっぱいに!

紹介がないと受けられない完全プライベートサロンを経営しております。新しいメニューを追加したところ、受けてみたい!というお客様が続出。全ての予約枠がすぐに埋まり、リピーターも…

あなたのお店に最適な集客方法を知ろう業種別で見る店舗集客のノウハウ全集

ひとくちに集客といっても、「これがテッパンの方法!」というものは存在しません。というのも業種、店舗がある地域(駅前、道路沿い、住宅地など)、ターゲットの性別や年齢など、さまざまな要因によって方法が異なるからです。それらの条件に適した施策を行うことで、集客力や売上アップにもつながります。
ここでは業種別に、店舗集客のノウハウをまとめました。自分の業種に最適な方法はなにか、確認してみましょう。

TOPへ戻る