収益に繋がる「今すぐ客」がリフォーム業者を探す流れ

狙うべきは今すぐ客。今すぐ客はリフォームを具体的に検討しているので自らリフォーム業者について調べているケースが多いです。その為、この層へ効率的にアプローチし続けることが安定的にお客様を獲得、売上を上げることに繋がります。その「今すぐ客」がリフォーム業者を決めるまでの流れは、大きく分けて3つあります。

自宅近隣地域でリフォーム対応をしているか検索

リフォームをしたいと思ってもリフォーム対応エリア内に自宅が該当されていなければ依頼が出来ません。その為、自宅地域に関連した検索キーワードで探します。

  • 「●●市 リフォーム」
  • 「キッチンリフォーム ○○区」
  • 「●●市 リフォーム業者 評判」

地域名と一緒に検索しているだけでなく、「キッチンリフォーム」「フルリフォーム」等リフォームしたい内容を含めて具体的に検索している場合は「今すぐ客」の中でもお問い合わせに繋がりやすいお客様です。

リフォーム会社のホームページを確認

「○○市 リフォーム」等検索をして表示をされたリフォーム会社のホームページを確認します。この業者がどんなことが得意なのか、どういう人が工事をしているのか、このリフォーム業者が行ったリフォーム事例はどんなものがあるのかを見てリフォーム業者の選定をしていきます。

リフォーム会社を比較、口コミや評判を確認

ホームページを見た後に、もしくはホームページを見る前にリフォーム業者の特徴や口コミ、評判を記載されているサイトを確認して、本当にこの業者に依頼をしていいのかを総合的に比較、判断していきます。そこで口コミが悪ければもちろんリフォーム依頼をすることをためらい、逆に評判が良ければ依頼への後押しの材料になります。

「今すぐ客」を集めるWEB集客術

「地域名 リフォーム」関連を検索しているリフォーム検討者に対して効率的にアプローチが出来る方法はずばり、検索結果画面を占有することが鍵になります。今すぐ客の目に触れる回数が多いほど、営業機会が増えることと同じで、地域内で特に強いリフォーム業者であるとブランディングすることが出来ます。

但し、実際には検索をすると他社のホームページやポータルサイトが広告枠を占有していたり、検索順位が上位に表示がされていることが多く、なかなか自社サイトだけでは検索結果画面を占有していくことが難しいと言えるでしょう。

googleマイビジネスへ登録、ローカル検索枠を活用

「地域名 リフォーム」と検索をすると検索結果画面にリフォーム業者の住所や数社が紹介されているローカル検索が表示されます。ここへの掲載が出来ることで、検索後すぐに自社の名前を知らせることが出来ます。

ローカル検索エリア上での口コミ対策

ローカル検索エリア内ではユーザーが自由に口コミが書き込める為、検索者としてはリフォーム業者がどんな評価をされているのか瞬時に把握出来ます。

自ら口コミを書いてしまうことは捏造となってしまいますので、是非リフォームをしてもらったお客様にお願いをして口コミ欄に記入をしてもらいましょう。万が一悪い口コミや評判が書かれてしまったとしても、真摯に口コミ内で返信、実際にどういったクレームなのか把握して対処しましょう。その対処姿勢もリフォーム検討ユーザーは見ているので、真面目に対応してくれるリフォーム業者であると認識してくれます。

googleマイビジネスはこちら

自社ホームページのローカルSEO

SEOとはWEB検索をした際に自社ホームページが狙ったキーワードで上位表示をさせることです。但し、狙うキーワードを選定する際にどうしても検索数に魅力を感じてしまい、リフォームをする意欲の低い「リフォーム」「リフォーム 費用」「リフォーム 事例」といった所謂ビッグキーワードという検索キーワードで狙いがちです。

また、検索数が多いキーワードだと、同じように競合他社も狙っていることが多く、必然的に競合性が高くなります。

結果として上位表示をさせるのに莫大な費用が発生したり、上位表示までに数年時間がかかるといったことがありますので、注意が必要です。

そこで狙うべくは「地域名 リフォーム」に関する検索キーワードに対して対策。ビッグキーワードより検索数は少なくなりますが、目の前の売上に繋がりやすい「いますぐ客」に対してアプローチが出来ますし、そのキーワードを狙っている業者も少ないため、比較的上位表示がしやすいでしょう。

情報比較上サイトでの自社を訴求

「いますぐ客」はより効率的にリフォーム業者を比較検討する為に、ホームページだけでなくリフォーム業者情報をまとめた情報比較サイトを見て比較をします。

そのサイトの中ではリフォーム業者の特徴や強み、リフォームをしたユーザーの口コミや評判が分かる為、どの業者が評判がいいのか、自宅に合っているのかを念頭にリフォーム業者を決めていきます。

この情報サイトに掲載をすることで、比較検討をしている「今すぐ客」にアプローチすることが出来ます。媒体にはよりますが、検索者が気になる口コミや評判を記載だけでなく、他の業者との違いや自社の強みが打ち出せる内容を追加したり、「●●市でフルリフォームをするならこの業者」といった形でリフォーム項目ごとに訴求が出来るサイトを使うことで、業者選びで迷っている「今すぐ客」の獲得、欲しいリフォームメニューを効率的に受注していくことが可能です。

ポータルサイトへの掲載

ポータルサイトへの掲載をすることでポータルサイトに流入したリフォームに関心がある検索者に対して自社紹介をしてもらえます。

但し、ポータルサイトによっては5社以上見積もりを取ることが通例であったり、資料請求をするだけで商品券がもらえるといったリフォームを検討していないユーザーに対してアプローチをせざるを得ないこともあります。

その為、ポータルサイトに掲載する際には掲載することで自社がどれだけ紹介されるのか、横並びに比較されるのか、見積もりを一緒にされるのは何社いるのか把握をしておいた方がよいでしょう。口コミや評判も記載が出来ると「今すぐ客」の疑問にも応えることが出来ます。

当然ながら掲載している業者数が少なかったり、1エリア1社だけが訴求されるといった形であれば自社が選ばれる確率が格段に上がるので、しっかり調べておきましょう。

情報サイト・エリアポータルサイト戦略の導入事例

弊社の情報サイト・エリアポータルサイト戦略を導入頂いたお客様事例を掲載いたします。

お問い合わせ数が2倍以上増加!

情報サイトを導入してからじわじわと問い合わせが増えるようになってきました。運用して10ヶ月後には導入前30件お問い合わせが80件に増え、対応するためにも新しい店舗を開きました。しかもその新店舗への導線も作っていただいてそこへのお問い合わせ状況も良かったので、もう一つ違う見せ方の情報サイトを導入しました。

単価の高いリフォーム案件の獲得

情報サイト導入前はトイレの一部のリフォームといった低単価なリフォームが多かったのですが、導入後はバスルームやキッチンをまるごとリフォームしたという高単価のお客様を獲得できています。

自社SEOやリスティング広告ではアプローチが出来ない、様々な検索キーワードで上位表示をしているので、これが今まで取れていないお客様を取れている要因なのかなと考えています。

効率的な地域WEB集客で圧倒的な参入障壁を作ろう

地域内で包括的にブランディング、良質なリフォーム検討者の集客をすると考えると自社内で出来ることもありますが、それは他社も導入しやすい敷居が低い戦略です。

他社との差別化を図る為には他社には出来ないマーケティング、技術を用いて、自社だけが選ばれる集客戦略を進める必要があります。

全研本社株式会社バリューイノベーション事業部では、5000を超えるWEBマーケティング戦略を描いてきた実績より、地域内のブランディングから良質なユーザーを創出するWEBマーケティングノウハウとスキルを保有しています。

地域性や自社の特徴や得意なリフォームや、他社の戦略状況によって有効なマーケティング戦略が変わってきますので、具体的な地域No.1リフォーム集客戦略に興味があれば一度ご相談下さい。

私たちだから出来る、貴社だけのマーケティングソリューションをご案内させて頂きます。

「そのうち客」を集客するにはポスティング

直近の利益には繋がりませんが、今後リフォームを依頼するであろうという「そのうち客」に対してアプローチをしておく必要があります。そこでポスティングをしておくことで、「そのうち客」に対して競合よりも先に自社の名前を知ってもらえる戦略が有効になります。

実際にはターゲット調査のデータに基づいて、自社サービスの強みをいかんなく発揮できる顧客層に狙いを絞ったポスティングを実行します。顧客層の所得に応じた料金プランを設けておけば、よりリフォームを検討してもらいやすいでしょう。

ポスティングのメリット

必要な住宅に直接アプローチが可能

リフォームチラシをポスティングで配布するメリットは、リフォームを検討していそうな家庭へピンポイントにアプローチをかけやすいところです。例えば、

  • 住宅面積:住宅の面積を紐解けば、家族構成を容易に把握可能
  • 建物の価格相場:地域内の建物の購入価格相場をチェックすれば、世帯主の年収を算出可能
  • 施工年度:建物の住人の年齢から現在のニーズを特定しやすい

外壁の老朽化や鉄部の腐食などは、一目見ただけでも劣化状況が判断できる箇所です。このように劣化が進んでいる建物を特定すれば、効率良く顧客へアプローチをかけることができます。

競合より先に自社に興味を持ってもらえる

「そのうち客」に自社チラシを見てもらうことで、リフォームへの施工後のイメージやどんなリフォームが出来るのか、工事料金感覚等を知ってもらうだけでなく、競合他社を検討する前に自社の名前を知ってもらえます。

知ってもらえることで、自社ホームページに訪れてもらえたり、口コミや評判を閲覧してもらうことで、自社イメージがいい状態で引き続きリフォーム情報を収集し続けるので、「今すぐ客」になったときに検討の土台に上がりやすい状況を作れます。

顧客の購買意欲を高めるチラシの魅せ方

ビフォアフターの違い

リフォーム集客メインなら、施工に関する情報を伝えるのは勿論、如何に住人の関心を引くかがカギとなります。リフォームは、施工前と比べてガラリとの家の雰囲気が変化するもの。施工依頼によって、今の建物状況と施工後の変化について視覚的に伝えられます。

価格の記載方法

リフォームは、高額な費用を必要とします。反響を良くするために、ポスティングでは住人が関心を抱きやすい価格を掲載するのが基本。リフォーム施工でかかる実際の料金提示は避けた方が良いです。チラシと見積もり請求で提示した料金にギャップを感じさせてしまうからです。

一瞬のイメージを重視

ポスティングで重要なのが、短く簡潔な文で明確に何を伝えたいのかをまとめるのが重要。自社リフォームサービスについての説明が細かく長々と記載したチラシは読み疲れを起こしてしまいます。一目で見て、魅力的に感じられるかが、高いレスポンスを得られるかを左右します。

アプローチは2回に分けて行う

コスパが高いリフォームは、1回だけのポスティングでは単純に興味をもたせただけで、依頼を決意するまでには至りにくいです。2回目のポスティングでリフォームを決意させるには、ちょっとしたきっかけ作りをしましょう。例えば、割引クーポンやキャンペーン情報を2回目のポスティングにプラスすることです。お得感溢れる情報をもたらせば、ターゲットのリフォーム依頼の意欲を効果的に刺激できます。

確実なリフォーム集客にはWEBと組み合わせた戦略を

チラシや看板で自社を知ってもらった後には興味のあるユーザーはほとんどインターネットでそのリフォーム業者のホームページを検索します。その時に評判が悪い会社であれば依頼はしません。

また、他にいいリフォーム業者がないかと「●●市 リフォーム業者」等検索をした際にホームページや情報サイト等で自社の良さを競合他社よりもしっかりアピールすることが出来れば、その他社に流れずに自社での施工を検討してもらえやすい状況が作れます。

全研本社ではリフォームを得意とした工務店様を始め、地域戦略が重要な市場での地域WEBマーケティングを得意としており、様々な工務店様に地域NO.1戦略を提供して参りました。

地域でNo.1になれる具体的なWEB戦略にご興味がある方はぜひ弊社のWEB戦略をご案内させて頂きます。