経営をする上で大切な集客

お客様が思ったよりも来なくて困ったり焦ったりしていませんか?

マツエクやアイラッシュサロンだけに関わらず、お店の経営を長く続けていくには売り上げが必要です。

その売り上げはいかにお客様に来てもらえるかです。

個人でも企業でも同じで、集客方法が正しく行われていて、きちんと集客ができている店舗は息の長いお店になります。

しかし、集客方法は難しく正解がわかりづらいものです。

そこでこのページでは集客方法を紹介します。まずはできない理由から考えていきましょう。

個人のマツエクサロンが集客できない理由

自宅など、個人でマツエクサロンを開業している方も増えてきましたね。ただ、個人で行っているマツエクサロンの場合、お客さんを呼び込むことはそう簡単ではありません。

その理由には、下記のようなものが考えられます。

  • 集客に関して時間とお金の投資をしていない
  • 宣伝・広告のやり方がわからない
  • ターゲットが定まっていない
  • 競合調査が足りていない

などです。

今よりもお客さんを増やしたいのであれば、まずは時間とお金をかけて真剣に取り組む姿勢が必要です。

マツエク・アイラッシュサロンの集客・売上アップのポイント

マツエク・アイラッシュサロンで集客・売り上げアップを狙うなら、まずはターゲットユーザーが「20代~30代の若い世代」であることを念頭に置きましょう。

この世代へのアプローチをするなら、SNSが有効的です。

飲食店でもSNSから火が付き人気店になることは珍しくありません。

美容業界でも若い世代はSNSによる集客が大いに期待できます。

TwitterやFaceBookなどのSNSのメリットは、人との繋がり(=お客さんとの繋がり)や信頼が強化され、情報が素早く拡散されるところです。

新規のお客さんはもちろん、既存のお客さんの呼び込みにも使えるツールですので、ぜひ有効活用しましょう。

これ以外にも、若い女性が利用するであろうWebサイトや美容ポータルサイトも同様の効果が見込めます。

マツエク・アイラッシュサロンの集客・売上をアップさせるには

集客方法はどれか1つだけではなく、複数の方法を取り入れていきましょう。集客や売上を上げる方法をいくつかピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

SNSを利用する

TwitterやFaceBookを利用する際には、お得な情報をどんどん発信していきましょう。

ここで注意したいのは、その日あったことばかり書くのはNG

よっぼどスタッフさんに興味のあるお客さんじゃないと、その内容に食いつかないからです。

お客さんからしたら、サービスに関してお得な情報がないかが気になるところ。

ブログ更新するよりも、お店の告知をしていくイメージで情報発信をしましょう。

著名なお客さんが来店した際には、許可を取ってアピールするのも一つの施策です。

人員 1アカウントにつき1名
メリット
  • 知らせたい相手にすぐにお店の告知ができる
デメリット
  • 書く内容に注意しないと興味を持たれない、炎上する

集客が望める費用対効果が高いwebでの集客とは

Webでの集客と一言でいっても、ホームページからwebのリスティング広告、美容ポータルサイトの登録まで、いろいろなものがあります。

どの媒体を使うにせよ、広告は下記のポイントを押さえた内容で作成することが大事です。

  • ターゲットの明確化
    マツエクサロンなら、20代~30代くらいの若い世代をターゲットとします。
  • ベネフィットの訴求
    お客さんにどんなメリットがあるのかを伝えましょう。 お客さん目線になって、「これなら行ってみたい」と思えるサービスであることをアピールします。
  • 施術内容を詳細に伝える
    施術内容が詳しくわかると、お客さんの安心感・信頼感も高まります。
  • 想像させる情報
    サロンに来たお客さんが、どのような時間を過ごすことができるのかを想像できる情報を載せます。写真を効果的に使ってサロンの魅力をアピールしましょう。できれば、プロのカメラマンに依頼するのが望ましいです。

ホームページの作成と重要性

TwitterやFacebookをやっているから、ホームページは作らなくてもいい、というわけにはいきません。

SNSでは発信できる情報量が少ないため、あくまでも興味をもってもらう“きっかけ”にしかなりません。

マツエクなどのサロンを探している方は、最終的にはホームページを見てどこに行くかを決める人が多い、ということも理解しておきましょう。

ホームページを見るお客さんが知りたい内容は、

  • お店の雰囲気
  • 料金
  • どういった人が行くのか

などがあります。ホームページを作成する際は、「実際に行ってみたい」と思わせるような、行動喚起につながる工夫が必要です。

  • 店内の雰囲気やスタッフの写真
  • 口コミ
  • 問い合わせフォーム

など、新規顧客が欲しいと思うであろう情報を考えてサイトを構築しましょう。

美容ポータルサイトに登録する

ホットペッパービューティー

画像参照元:ホットペッパービューティーHP画像
(https://beauty.hotpepper.jp/top/)

「ビューティーパーク」「ホットペッパービューティー」「オズモール」など、美容業界はポータルサイトが多数あります。

多くのサロンが登録していて価格やサービスの特徴などを比較しやすいため、多くの人が目にしてくれるのがポータルサイトの最大の特徴です。

マツエク利用者もポータルサイトを使ってサロンを検索しているケースがほとんど。

マツエク・アイラッシュサロンに行きたいお客さんは「このサロンはどんな雰囲気だろう?」「口コミ評判は良いのかな?」と、知りたい情報が多くあるからです。

そのため口コミが載せられるポータルサイトを選択し、載せる内容も上記のポイントを意識して載せましょう。

人員 テキストの品質を担保する人1名、運用者1名
メリット
  • サロンの雰囲気や独自性を出すことができる
デメリット
  • ホームページの作成・ポータルサイトの登録どちらも費用や人件費がかかってしまう

まず売上を上げるなら!ライバルサロンがやれていないことやるのがカギ

ライバルサロンがやっていないようなことをすると、そのお店に独自の価値が生まれます。

特に、競合店が近くにある場合は、このような工夫を行ってお客さんの気を引くことも必要です。

マツエク関連だけでなく、別の分野との組み合わせでも真新しさが出て集客アップにつながります。

(例)水素水、痩身エステ、占い、アロマテラピー、目に関するサービスなど

アイディアがなかなか浮かばない場合、他店のサービスを参考にするのもいいでしょう。

ただし、同じマツエクサロンではなく、ヘアサロンやエステサロンなど、競合しないお店のサービスを参考にしましょう。

人員 1名
メリット
  • 導入した機器にもよるが、マツエク・アイラッシュ以外の顧客を集客が期待できる
  • ターゲット層をしぼることも可能になる
デメリット
  • 初期投資が必要

最後にマツエクサロンの集客に関してのまとめ

ターゲットをはっきりさせる

  • 既存客やリピート客の集客にはSNSが効果的
  • 新規顧客の集客にはポータルサイトやホームページが効果的
  • ポイントを押さえたweb広告作りをする
  • お客さんの心をつかむホームページを作る
  • ライバルサロンがやっていないサービスを導入する

マツエクサロンの集客で大事なことは、

“来てくれるお客さんはどのような人なのか?

どのようなことを提供すれば喜んでくれるのか?”

を考え、実行に移すことです。

そこにプラスして自分の店舗にしかないものをサービスとして提供すればリピートにもつながるでしょう。

他にも集客に関する情報を集めてみましてので参考にしてみてください。

【目的別にチェック!】店舗の売上をアップさせる方法

このページを見た人はこちらもチェックしています