経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

ファッション系専門学校オーナーさんの事例

経営をしていて、どんなことに悩んでいたのでしょうか?

あるファッション系の専門学校のオーナーの方は、少子化や業界全体の規模縮小などのさまざまなネガティブな要素が原因で、生徒の数が年々徐々に減り続けていることに危機感を覚えていました。それで、抜本的な改革にチャレンジすることを決意しました。

その悩みを解決してくれたのは何だったのでしょうか?

まず、広告の質を変えることを目指すようにしました。これまでは、進学する学校を案内する雑誌へ学生募集の広告出稿をしても、なかなか結果が伴わないことが多くありました。それで、広告宣伝費の見直しをすることにしました。

それによって、効果の出ていない媒体への広告出稿をとりやめる決定を下すことができました。 さらに、地元の高校へのセールス活動も大幅に見直していき、学校への訪問頻度の調整と、訪問時のセールスアピール内容を向上させるための研修に力を入れました。
そして、学生たちにとって楽しめるスタイルのオープンキャンパスを実施できるようにし、学生たちの間で好意的な話題になるような演出にすることを狙いました。ファッションという若者たちの興味をそそるテーマを前面に出して、イベント参加者の学生たちが喜んで自分の友だちたちにその様子を伝えてもらいたくなるような口コミマーケティング手法の工夫を施しました。また、そのオープンキャンパスイベントのためのDMにも力を入れて取り組みました。

広告宣伝費の見直しとセールス戦略の見直しの施策などで、集客率や売上はどう変わりましたか?

広告宣伝のあり方の見直しによって、わずか1年目で約40%の広告宣伝費の削減を実現することができました。経営の負担になっていた経費の無駄を、効果的に削ぎ落とすことに成功したといえます。
また、セールス体制の見直し戦略の結果として、翌年度の生徒数が大幅に回復するという効果を得ることができたのです。そしてさらに年を追うごとに、生徒数はますます増加を続け、マイナス成長の分野である専門学校の業界において、該当地域で唯一の生徒増加校としての実績を残すようになりました。現在では、ファッションに関心を持ってもらうための、地域の啓蒙活動をリードする役割を担うまでになっています。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る