経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

整骨院・接骨院

腕の良いスタッフがいるのに、なぜ集客できないのか不思議に思った事はありませんか?

新しいことを試みても、客足が遠のいてしまう…。

ここでは、そんな事態を回避するために整骨院の集客・売上アップのポイントを紹介しています。

実際に人を集められるよう、具体的な集客方法や機器の導入例などもまとめているのでチェックしてみてくださいね。

整骨院が集客できていない理由

 

どの仕事にも共通しますが、集客に対して時間とお金を投資していない場合、いくらスタッフの腕が良くてもお客さんは集まりません。

クリニックや美容サロンなどは自分から積極的に宣伝しなければ集客は難しいからです。

人気の整骨院になるには顧客とするターゲットを定め、他の整骨院を調べたうえで宣伝や広告を打ち出す必要があります。

整骨院・接骨院の集客・売上アップのポイント

整骨院、接骨院の運営において、効果的な集客方法がわからずに悩んでいる経営者が多いと言われています。

チラシや、ポスターを使って集客する方法もありますが、最近では、インターネット上での「口コミ」がもっとも集客効果が高いようです。

新規患者にとって、外から中が覗えない整骨院・接骨院は、何の情報もなしに足を踏み入れるのはためらわれるもの。

「あの整骨院は効果がある」「○○接骨院で施術してもらったが、安心して身体を預けられる」といった口コミ情報があれば、新規患者にも安心感を与えられます。

さらに、口コミ情報のなかには、院長やスタッフの対応も多く挙げられています。

「説明が足りない」「スタッフが不愛想」など、マイナスイメージがある整骨院・接骨院なら、サービス面で改善する必要があるでしょう。

また、院内の雰囲気も整骨院・接骨院選びのポイントとしている方は多いです。院内の清潔感がある雰囲気を画像で紹介することで、集客・売上アップにつながります。

整骨院・接骨院の集客・売上をアップさせるには

ターゲット層にあった広告づくり

接骨院や整体院に来院する顧客の多くは、よほど有名な医院ではない限り近隣に住んでいる方々です。

そのため、近隣にどんな方が多く住んでいるのかリサーチしておきましょう。学生が多い街であればホームページやSNSなどで身近な存在に感じてもらえるよう、イラストや画像などを用いてアピールをすることが大切です。

高齢者の多い街なら、チラシに院長先生の写真を掲載するなど、信頼してもらえそうな内容のチラシやホームページを作成したり、フリーペーパーなどに掲載したりするのもおすすめです。

ターゲット層に適した方法で医院をアピールしていきましょう。

人員
  • SNS記事投稿1名、制作会社とのやり取り1名
メリット
  • 来院してほしい顧客を絞ることができる
デメリット
  • ホームページやチラシの作成はコストがかかる

学生街などでは特に有効!SNSでの集客

さまざまな仕事で宣伝のために使われ始めているのがFacebookやLineなどのSNS。

整骨院でもSNSを利用した広告が配信されています。

SNSには

  • Facebook
  • Line
  • instagram
  • twitter

などの種類が存在。どれも集客ツールとして力がある媒体なので、好きなSNSを使いましょう。

また、広告・宣伝は、身近なことよりもクーポンやお知らせなど、お客さんの利益になる情報を配信できているかが重要。

日常的な内容も親近感を持たせるためには有効ですが、ためになる情報(こういった場合はこれをするといい!など)も同時に行ったほうが良いでしょう。

ハッシュタグを有効活用し、色々な人に見てもらえるように工夫するとより効果が高まります。

ただ、SNSの集客だけに頼らないこと。

SNSは得になる情報を載せる媒体なので、詳しい情報を載せた公式ホームページも合わせて作らなくてはいけません。

詳しい情報がないと、人が集まらない可能性があるため、注意してください。

人員
  • 担当者1名
メリット
  • 知らせたい相手にすぐにお店の告知ができる
デメリット
  • 書く内容に注意しなければ興味を持たれない。炎上する可能性がある。
  • 別にホームページを作る必要がある

商店街や住宅街などで特に有効!ブラックボードでの宣伝

整骨院なのにブラックボードなんて…と思うかもしれませんが、実は客引きにブラックボードは効果的。

面白いものを書けば確実に人目を引きますし、SNSで拡散されることもあります。おすすめの書き方は以下の9点。

  1. うんちくを語る
  2. 外国人OKのアピール
  3. 段ボールや木材で立体化させる
  4. クレジットカードOKの情報を載せる
  5. 挑発作戦
  6. 動く道具で目を惹く
  7. お役立ち情報を書く
  8. 写真を載せる
  9. ターゲットを絞って書く

専門家ならではの知識や雑学を書いたり、興味を引くような文章を載せたりすると気になって足を止めてしまうもの。

また、クレジットカードOK・外国人OKなどの情報を載せておくと店舗に入りやすいかもしれません。

人員
  • 1名
メリット
  • 注目度を上げやすい
  • 内容によっては知名度アップも可能
デメリット
  • 毎日/毎週/毎月といずれにしても書き換える手間がかかる

リピート率をあげるための適切な来院指導

ポスティングやインターネットを使って集客ができても、リピーターになってもらわなければ売上アップにはつながりません。

例えば、「何かあったら、また来てくださいね」と伝える医師がいますが、患者さんの中には「何かあったらって、どんなとき?」と疑問に感じます。どんなときに来院すればよいかを医師が具体的に指示しないと、患者さんは困惑してしまうのです。

「お仕事中に腰がだるくなったら症状が悪くなる前兆ですから、そんなときは予約してくださいね」のように、より適切な言葉で来院指導することで、患者さんが取るべき行動がわかり、定着化してもらえる可能性が高くなります。

人員
  • 1名
メリット
  • 患者に信頼してもらえるうえに、定着化が期待できる
デメリット
  • ホームページやチラシ作成はコストがかかる
  • 目に見える結果がわかりにくい

ポータルサイトへの登録

エキテン

画像参照元:エキテン公式HP(http://www.ekiten.jp/)

クリニックの知名度を上げるためには、ポータルサイトに登録するのが一番の近道。

整骨院に通っている方もポータルサイトを利用することが多いため、リラクゼーション系の店舗はポータルサイトに登録しているところがほとんどのようです。

しかし、ポータルサイトといってもさまざま。

あまりターゲット条件が広くないサイトだと検索する人が少なく知名度を上げにくいので、エキテンやみんなの治療院など大手ポータルサイトに登録しておくのがおすすめです。

またページを見ても何も情報がないと人を集められません。

来院者アンケートなどの内容を使って口コミを掲載し信頼性を上げると、来院してもらえる可能性があります。

人員
  • テキストの品質を担保する人1名
  • 運用者1名
メリット
  • クリニックの雰囲気・独自性を出すことができる
  • クリニックを見てもらえる機会が増える
デメリット
  • ホームページやポータルサイト登録はコストや人件費がかかる

他院と差別化を図るために最新機器を導入する

集客力を上げるためには、他院との差別化を図ることが重要です。

おすすめは少額資金で始められる最新機器の導入すること。

少額資金で始められれば経営上負担になりにくく、新しいサービスとして軌道にのれば顧客単価が高くなり売上を伸ばすことが可能です。

整骨院や接骨院に通う人の割合として、スポーツをしている方もしくは年配の方が多いと思われます。例えば、最近注目されている「目を鍛える機器」などを取り入れれば、スタッフが紹介するだけで、多くの方が興味を持ってくれるでしょう。

近隣の接骨院・整体院では導入していないような機器・メニューであれば、他店との差別化にもつながりますし、集客・売上アップが期待できます。

人員
  • 1名
メリット
  • 院のウリを増やすことができ、集客に活用できる
デメリット
  • 導入コストが必要になる

新しいものの導入

アイトレ

画像参照元:アイトレ公式HP画像(http://eyetre.jp/)

最新機器導入の一例として、アイトレを紹介します。

アイトレとは目の筋肉に着目して生み出されたヘッドホン型のトレーニングマシーン。

マッサージや血行改善の作用があるため、目の疲れや肩こりに効果を発揮します。

実際に多くの整骨院で導入されている

整骨院だけでなく多くのサロンやクリニックで導入されており、全国での実績が魅力。

アイトレは30分でトレーニングが可能なので、施術を待つ間に行えます。

待ち時間を有効活用できるので、長い間待たされるといった不満の解消にもつながるはず。

整骨院では目の施術は行えないため、補助としてアイトレを入れることでお客さんを呼び込めるのもポイントです。

利用回数が増えれば客単価のアップが見込め、リピートの可能性を上げられるでしょう。

市場性は?

現代では約60%の方がメガネやコンタクトを使用しており、老眼や乱視の方を合わせると80%以上とも言われています。

加えて視力の良い方でもスマホやPCの長時間使用で眼精疲労のリスクが高まっているそう。

アイトレを導入することで目の悩みを抱えている方にもアプローチでき、集客できる確率や売上が上がる可能性があります。

アイトレを導入している整骨院

関東や関西など地域を限定せず利用されており、全国的にかなり人気が高いことがわかります。

「整骨院に目のトレーニング?」と考える方もいるかもしれません。

組み合わせるとさらに健康効果が高まるため、整骨院以外にも美容エステやデイサービスなど導入しているところが多いようです。

また身体を気遣う人たちが来院する整骨院では、需要もあり、顧客満足度上昇にもつながるでしょう。

アイトレの公式サイトでは全国の導入企業一覧が確認できるため、実際に導入している店舗を見てみてはいかがでしょうか。

整骨院・接骨院での集客・売上向上のまとめ

集客をするには、ターゲットをはっきりさせて方策を打ち出すことが大切です。

  • ターゲットの層に合った広告作り
  • SNSを使った宣伝
  • ブラックボードでの宣伝
  • リピート率を上げるための来院指導
  • ポータルサイトへの登録
  • 他院と差別化を図るために最新機器を導入する

整骨院の経営で大切なのは、ターゲットのニーズと興味を引くこと。

お客さんが何を求めているのかを把握して、それに沿った集客方法を考えることが大切です。

ただ、他の店舗と同じことをしていては集客が難しいため、プラス要素としてお客さんの層を広げるような方法を取り入れてみましょう。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る