経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

審美歯科

地域に強い審美歯科集客にはゴールは3つあります。

  • お問い合せ・相談予約を頂くこと
  • 来院時の契約
  • 継続通院患者の集客

この3つが重要で、通常ではどうしても1つ目のお問い合せを増やすことに重きを置きがちです。

自院の良さ云々ではなくとりあえずの来院と自院の強みや他院との違い、または何度も通院する必要があることから通院のしやすさなどを理解した上での来院ではその先の契約率が違います。

継続的な患者の集客を含め今回はその3つを踏まえた地域に密接した集客戦略を説明します。

アナログ集客では看板広告が有効

審美歯科集客にあたり、看板広告は必要な戦略です。通常WEB検索で歯科医院の詳細を確認してから問い合わせる流れが一般的ですが、WEB検索をしないユーザーへのアプローチをするには効果的です。

看板広告に誘発されて医院名検索をしてくれるユーザーを狙うことで、いわゆるお問合せに繋がりやすい指名検索のユーザーを獲得できるからです。母数は少ないにせよ、WEB市場とは全く別の市場から獲得ができるという魅力があるので、アプローチ母数を増やしたいという考えであれば実践する価値はあります。

掲載で最適な場所と言えば駅前、駅中広告でしょう。広いエリアからユーザーを得たいとの気持ちから「看板を設置するなら様々なポイントに数多く」という考えになりがちですが、ユーザー視点から考えてみると通院しにくいエリアはお問合せしづらい心理がありますので、あくまでも診療圏を考慮したエリアとして自院から近い駅に設置しましょう。

googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスは自院の情報を整理する箱のようなものです。見る側にはわかりやすく表示されます。

情報登録を行うと、自院検索をされたときに検索結果画面の右側に 営業時間や電話番号、ユーザーからの口コミを見ることが出来ます。口コミは来院手前の見込み客が確認することが多いので、是非患者さんに書き込んでもらえるように促してみましょう。

また、一目で住所も分かることからgoogleマイビジネスの登録住所を頼りに来院したり、予約時にこの欄から電話を掛けてくるユーザーもいるので、登録しておいた方が顧客獲得機会が増えます。

地域SEOに注力

地域SEOとは、「○○駅 審美歯科」「○○市 ホワイトニング」「○○区 オールセラミッククラウン治療」といったようにWEB検索で特に新規ユーザーが入手したい情報、地域名と審美歯科、治療法を掛け合わせたキーワードでの上位表示を目的としたものです。

このキーワードはこの地域で審美歯科治療をしたいというニーズに最も強く働きかけるキーワードですので、お問い合わせに繋がりやすいキーワードです。

また、知識に乏しいユーザーにも届くようにするためには直接的な表現に加え、「○○区 差し歯 治療」や「○○市 すきっ歯 治療」などユーザーの求めるキーワード対策を行うことも有効となるでしょう。

自院が強みを打ち出したキーワードでの上位表示

商圏拡大を狙っているのであれば、地域検索に加えて自院の強みが映える掛け合わせのキーワード対策が有効となります。例えば「○○県 審美歯科 安い」であれば「安さ」に重点を置く商圏外のユーザーを呼び込むことができます。

さらにキーワードの絞り込みも重要です。審美歯科に通院したいと考える人は「歯を白くしたい」「擦り減った歯を元に戻す」「差し歯の変色をどうにかしたい」など直接的な表現で検索する事も考えられます。

また自院の方針として例えばセラミックインレーが強い傾向であれば「審美歯科」よりも「地域名 セラミックインレー」の方がお問い合わせに繋がる可能性がありますので、それぞれの治療名ページで対策を行いましょう。

結果として自院の特色を生かしたキーワード対策を行うことで、多少立地が悪かったとしてもどうしてもその治療をしたいユーザーを獲得することも可能です。

「モニター」キーワードでの集客

あまり他院が力を入れていない、取りたがらないキーワードの一つが「モニター」です。「○○市 審美歯科 モニター」等が取れるようにモニターページを別途作成しておく等で対策が出来ます。

モニターを獲得して、WEB上で情報開示をさせてもらい、例えば口コミとして自院サイト、ポータルサイトやgoogleマイビジネスへの活用も可能をすることでさらなる情報拡散へ繋げられます。

また患者が見たい傾向にある事例コンテンツを作るのに必要な内容になります。様々な症例への処置事例コンテンツを加えることで、検索者のケースと似通っている場合には共感させることが出来るので、新患獲得が期待できます。

「歯医者」「歯科」キーワードでの集客

もし自院が通常の歯科医としても集客を行っているのであれば、「○○駅 歯医者」等の近隣で探している検索者を獲得しましょう。

虫歯治療目的や通勤先近くの歯医者を探しているというライトユーザーが多くいるキーワードですが、その中にも審美歯科治療に興味があるユーザーやホワイトニング治療等を将来的に受ける可能性のあるユーザーがいます。

ちろん審美歯科治療患者の直接的集客には繋がりませんが、待合室に貼り出された審美歯科治療の広告は駅などの広告にはない、自院を知っているという「信頼感」が加わるのでより効果的です。

中長期的な審美歯科の売上向上という視点で考えるとアプローチをしておきたいところです。

ポータルサイトでの集客

ポータルサイトの大手として審美歯科ネットがあります。

例えば、審美歯科ネットは自院情報を掲載できるだけでなく、地域検索、治療を知るためのコンテンツ、先生やクリニック、それぞれの治療内容の紹介などが掲載されており、審美歯科に興味のある新規ユーザーにとってわかりやすいサイトとなっています。

審美歯科ネットの登録は無料からとなっていますが、プランや金額によってポータルサイト内における地域掲載内の上位表示などの優先度合は変わります。

但し、すでに優先枠は取られている場合がほとんどであることと、自院紹介ができるとは言え他院と比較するなどはポータルサイトの形式上不可能ですので、強く自院の訴求をすることは難しいでしょう。

情報サイト戦略による集客

情報サイトは地域に特化した歯科医院紹介をしていくポータルサイトです。

この歯科医院がなぜいいのかを患者が気になる料金や実績、治療方法等あらゆる角度での歯科医院選びを助けていく為、患者がなぜこの歯科医院に行くべきか理解して来院します。つまり、集客だけでない来院時の契約率向上にも繋がりやすい施策になります。

つまり、このユーザーニーズと歯科医院の強みをバランス良くマッチングさせることで、集客だけでない来院時の契約率向上にも繋がりやすい施策になります。

また、地域検索に加え、審美歯科の治療内容、費用、自院名等といった検索キーワードで上位表示をさせることが出来る為、地域内で審美歯科治療を考えている隅々のユーザーに届きやすい設計となっています。

審美歯科集客は他院との差別化が重要

ポータルサイトや看板広告といった露出は非常に大切ですが、患者は審美歯科治療に踏み出せずにいる為に、なかなかお問い合わせに繋がりづらいという声が審美歯科治療に注力されている歯科医院様から伺います。

全研本社バリューイノベーション事業部では審美歯科クリニック様や矯正歯科クリニック様を始め、5500サイトの運用を通して多くのクリニックのクライアント様の集客支援をしてまいりました。

現在では医療広告に対する厳しい目もあります。患者様だけでなく、クライアント様が安心感をもってご依頼頂けるよう、あらゆる広告ルール変更に対しても対応が出来るように専門の医療・ヘルスケアチームを編成しております。

地域性や競合、自院集客状況によってマーケティング戦略は異なります。市場調査、現状をお伺いした上で最適な売り上げ最大化に繋がるプランニングをさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る