経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

歯医者

歯医者の集客が難しいとされている原因や理由

歯医者などの医療機関を選んだ理由に関して、ある調査結果が大変興味深いものとなっていました。

【1位】自宅や勤務先から近い(72%)
【2位】行き慣れた医療機関だから(23%)
【3位】医師の評判が良かった(25%)

この順位を見てはっきりと分かることが1つあります。それは歯医者は地域密着型のビジネスだということです。たまたま近くにあったからという理由で何と72%もあることから、医師や評判を気にしている人はさほど多くはないといえるでしょう。

この数字を見る限り、動かせる集客率は25%しかありません。あとのほとんどが歯医者がある場所に関係しており、これは動かすことができません。これが歯医者の集客が難しいとされる原因だといえるでしょう。

患者との間にズレが生じる理由

歯医者を利用する患者のほとんどが、保険診療の範囲で治療を安く済ませようと考えます。ホワイトニングをする際も、保険診療の範囲内で済ませようと考えるのは自然なことだといえるでしょう。

しかし、歯医者側は利益率を高めるために高いインプラントを勧めます。ここでお互いの考えにズレが生じるのです。求めていないものを勧めるのは愚策であるため、相手が求めるもの見極め利益を最大化できるものを勧めるようにしましょう。

「利用者のニーズ」×「歯医者の強み」で悩みを解決!

自分の歯科クリニックをアピールできる基盤をまず作りましょう。ネット上では多くの見込み客が日々歯科クリニックに関して調べ回っています。ですから、最初にやることはサイト作りです。サイトを作り自分の歯科をアピールできる場所を作ったら今度は魅力的な印象を与えるために、付加価値を与えるための工夫をしましょう。

例えば「マウスピースをしながらホワイトニングができます。」というようなものです。何かの上にまたプラスαすることで単純に付加価値を与えることができます。それが見込み客のニーズに合致していれば集客に成功するでしょう。

また、歯科クリニックの強みや理念など、細かい情報もしっかりと掲載することで魅力をさらに高めることができます。また、このような取り組みを積極的に行っていれば、自然と差別化することもできるでしょう。

歯医者の集客・売上アップのポイント

全国には7万軒もの歯科が存在し、これは、全国にあるコンビニエンスストアの数より多いそうです。これだけの数があるわけですから、しっかりした戦略で集客をしなければ生き残っていくのは、大変難しくなります。

実際、東京都内だけでみても1日1軒、年間400軒もの歯医者が廃業しているのです。

では、利用者が歯医者を選ぶとき、どのようなところをポイントとして見ているのでしょうか。

利用者がインターネットなどで調べる際に「どんな治療ができるのか」「治療費はいくらか」といった基本情報以外に「医師はどんな人なのか」「治療は上手か、痛くないか」といった口コミ情報をもっとも参考にして選んでいるようです。

歯医者の集客・売上をアップさせるには

ホームページ、ブログでしっかり情報発信

かつて、歯医者の集客といえば駅や電柱の看板、電話帳への掲載などが主流でしたが、これだけでは顧客の知りたい情報を全て満たすことが難しくなりました。現代は、ホームページを活用して、情報をしっかり発信している歯医者が選ばれるという時代なのです。

では、ホームページにはどんな情報を掲載すればよいのでしょうか。

歯科技術のうち何を専門にしている歯医者なのか、どんな治療なのか(症例写真を用いる)、治療を担当している先生の紹介、スタッフの紹介、治療費などの基本情報だけでなく、口コミ(お客様の声)も掲載していきましょう。

特に、ホームページを見ている方は口コミを頼りに、その歯医者を信頼したり、良いイメージを持ったりすると言われています。できるだけ多くの口コミを掲載することで、集客力は抜群にアップするでしょう。

人員 ブログ記事更新者1名
メリット
  • 歯医者の信頼が高まり、集客力がアップする
デメリット
  • 毎日のブログの更新は、人的コストがかかる

ちなみに歯医者を経営している院長の情報はしっかりと記載しておいた方が良いです。歯医者に通うということに不安を感じている人も少なくありません。ですから、集客をする際は少しでも見込み客の心理的な障壁をなくす努力が求められるのです。

安心安全という印象を読み手に与えるのも仕事だと考えましょう。些細なことだと感じるかもしれませんが、このような些細な努力は、いずれ競合と差を広げる重要な要素となってきます。

「歯磨き講習会」などイベントの開催

最近の歯医者は「歯磨き講習会」を開催しているところがあります。なかには、学校や地域の自治会などに協力をしてもらい実施しているところもあるそうです。

こうしたイベントは地域への社会貢献である一方で、歯医者の宣伝にもつながりますので、積極的に開催することで集客力アップにつながります。

人員 講習会1名(学校・地域・自治体の協力が必要)
メリット
  • 歯医者の宣伝ができる
デメリット
  • 学校や地域の自治体などに、協力要請する手間がかかる

保険外診療(自費診療)の患者を増やす

集客ができても、保険診療だけでは売上アップにつながりません。多くの歯医者では、矯正歯科、インプラント、ホワイトニングといった保険外診療(自費診療)を積極的に増やしています。

院内の待合室などにチラシやポスターを掲載して情報周知し、自費診療のメリットなどをお客様にしっかり伝えましょう。

また、業界以外の最新機器を取り入れることで他社と差別化を図ることも、売上アップには欠かせません。予算と相談の上、積極的に導入していきましょう。

人員 1名
メリット
  • 売上をアップさせることができる
デメリット
  • 自費診療に取り組んでいるという集客が必要

インターネット上で簡単に予約できるシステムを設ける

便利というだけで価値があります。人は難儀なことを嫌う習性があり、無駄なことはしたくないという考えを持つ傾向があるといえるでしょう。ですから利便性が求められ続けてきたのです。

これは今に始まったことではありません。今、世の中にあるものの多くはこの傾向から求め続けられたものを具現化したものの集合体といえます。つまり、歯医者も利便性に重点を置く必要があるということです。

歯医者への予約をする際は、電話して予約するのが一般的だといえます。しかし、電話をする時間が取れない人からするとこのシステムは不便なものと判断されるでしょう。24時間いつでもどこでも簡単に予約をすることができるシステムを作ることができれば、圧倒的に利便性は向上します。

この利便性を高めるためになくてはならないのがインターネットです。ネット上で簡単に予約できるシステムを構築するだけでも、集客力は高まります。

ネットとは少し縁が遠い人には何のことかさっぱりという人もいることでしょう。ですから、エンジニアに依頼して自分が理想とするシステムを作ってもらうなどして予約システムを作ると良いです。分からない点があれば、エンジニアの人に聞きましょう。

また、依頼をすればネット上にサイトを作成してくれる個人事業主や業者もあります。ですから、使えるものは積極的に活用していき、集客力の高いサイトを構築しましょう。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る