経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

歯医者集客

歯科医院の集客課題と悩み

増加する新規歯科医院の開業

新規歯科医院の開業が相次いでおり、生き残ろうと必死。ホームページにSEO対策をしたり、開業したということでチラシを巻いたり、ポータルサイトへの掲載など宣伝広報活動を通して新規患者さんを集客していきます。

結果として地域の中で集患出来る患者の数は限られており、限られたパイの奪い合いになる為、市場競合性が特に都心部では強まりつつ傾向にあります。

また、集客テクニックが上手い歯科医院が参戦してきた場合には、自院の患者を奪われる可能性も大いにあります。

効果的な集客手段がない

近年ではどの歯科医院でも自然と患者は集客できないということを念頭に、集客手段を行っています。すなわち、ポータルサイトに掲載をしても、リスティング広告に出稿しても先に他の歯科医院が出稿をしている状況です。

特に新規開業歯科医院はどうしても後発になってしまうことから、効果的な広告手段がなく、結果として、ポータルサイトやSEO等を通した広告費の掛け合い、より資本力にものを言わせた集客を強めるしか方法がなくなります。

他歯科医院との差別化

ユーザー視点からするとどの歯科医院がいいのか分かりづらいという本音があり、知り合いの口コミはもちろん、ネット上の評判やホームページで謳っている内容を見てみたり、料金の比較などを通して他院との差を情報収集をして意思決定をします。

また、どうしても自分で情報収集をするのにも限界があることからいくつかのまとめサイトをピックアップしてみてそこから、印象に残ったものから振るいにかけて選定するというフェーズがあります。

つまり、選定されるフェーズで他院との明確な差別化を図ることが出来れば安定的な集客戦略が出来るとも言えるでしょう。

歯医者の集客は地域に特化したWEB集客からはじまる

歯医者などの医療機関を選んだ理由に関して、ある調査結果が大変興味深いものとなっていました。

【1位】自宅や勤務先から近い(72%)
【2位】行き慣れた医療機関だから(23%)
【3位】医師の評判が良かった(25%)

この順位を見ても分かる通り、歯医者は地域密着型のビジネスです。新しい歯科クリニックを選ぶ時はまずは近くの歯科クリニック、その次に医師や評判と言う流れになります。

この数字を見る限り、新規患者を増やすためには医師の評判よりまず、場所を優先したあとに、評判を確認するということになります。これが歯医者の集客が難しいとされる原因だといえるでしょう。

また、集客をする方法を考えてみるとどうしてもチラシをまいたり看板広告を最初に考えがちです。しかし通院してくれる患者が歯科医院を探す時は手持ちのスマートフォンでの「地域+歯医者」といった検索から歯科クリニックの情報を集め、評判や口コミ、費用や実績を調べて選びます。

だからこそweb上の地域集客戦略が歯科医院集客のカギとなるのです。

実際に患者の見る画面とクリニックの選び方

実際に患者がみる画面は、例えば三軒茶屋に住んでいる患者が歯医者を探している場合、スマートフォン「三軒茶屋 歯科医」と検索します。

基本的には広告枠やローカル検索枠を見ながら、オーガニック検索枠内にあるサイトを閲覧してユーザーは意思決定をしていきます。

広告枠

キーワードごとの入札単価や広告自体の品質や整合性によって単価が決定し、表示順位が変動する検索キーワード下部に表示させる広告枠。競合が多い場所では広告枠が5つや6つある場合もあります。

ローカル検索枠

その地域(駅名)でGoogleマイビジネスに登録されている歯科クリニックが表示されます。また、診療時間や電話番号の確認が出来るだけでなく、通ったユーザーが口コミを見ることが出来ます。

オーガニック検索

検索エンジンのアルゴリズムによってwebサイトをランキング付けして表示する検索枠。所謂SEO対策とはこのオーガニック検索枠で以下に上位表示させるかということになります。

地域WEB集客ならまずGoogleマイビジネスの登録から始める

患者のほとんどが、スマートフォンでの検索で歯科クリニックをさがします。探す際には「歯医者 地域名」や「歯医者 駅名」など自分の住む場所や通勤先の駅などで検索し、地図に表示されたクリニックから比較的評判の良いクリニックや自分の都合に合うクリニックから選びます。

情報は②のローカル検索エリア内に反映され、自院情報だけでなく、口コミも書ける為、口コミ評判のいい医院や自分の通いたいエリアから近い医院があれば通う候補として患者の中に残りやすいです。

その後、そのクリニックの評判を調べたり、何をしてもらえるのか?痛みがないのか?などのニーズによってクリニックを決定します。

ユーザーが着目するオーガニック検索結果の画面

患者がオーガニック検索で情報収集を行います。閲覧するサイトとしては大きく分けて3つの情報に分かれます。

クリニックサイト

そのエリアにある歯科クリニックのホームページ。ホームページ制作会社などに依頼し、SEO対策を施した、Googleから患者にとって有用と判断されたホームページが掲載されます。

ポータルサイト

歯科クリニックで有名なポータルサイトはEPARK歯科があります。そういった、登録口コミ型や比較型のポータルサイトになります。広告料と予約受付の使用料が主な収入源です。口コミなども一定の公平性は担保されておりますが、患者としては広告であるという認識から予約としての利用が主な利用方法となります。

掲載をするにあたってはすでに掲載されている競合数を加味してください。競合数が多ければそのポータルサイトから取れる患者数は確実に減りますし、上位の優先枠は他院にすでに抑えられていることが多いため、効果が薄くなってしまいます。

例えば1地域への掲載数が少ないポータルに掲載、自院の長所がしっかり謡える枠が確保されていたり独自に作ることが出来るポータルサイトであれば掲載価値がグッと上がるでしょう。

epark

ユーザー視点で探す際には駅近に歯医者がないか検索が出来たり、診察時間が20時までやっているかどうかと患者のニーズに沿って検索が出来るのが強みです。また、業界大手でもある為安心感があります。

歯科タウン

地域内検索が出来るだけでなく、どうしても歯医者選びで迷ってしまう際に例えば「自由が丘で人気の歯医者○選」という形でピックアップ形式で紹介をしてくれます。こちらの枠には掲載費用が別途発生しますが、よりユーザーに見てもらえる戦略として掲載しておくのもよいでしょう。

歯医者さんネット

地域内で絞っていく際にどうしても「○○市」までしか絞ることが出来ませんが、フリーワードで絞れたり、知識コンテンツが充実しています。歯の悩みについて検索しているユーザーの流入を狙った設計となっているので、歯医者に通うべきかどうかというユーザーにアプローチをすることが出来ます。

情報サイト

地域密着型、特に歯科クリニックの場合、「○○駅周辺のおすすめ歯科クリニック18選」や「○○駅おすすめの痛みのない歯科クリニック5選」といった歯科クリニックの特長と患者のニーズをマッチングさせたサイト。ここで自分のニーズに合ったものがあれば決定し予約します。

情報サイトの種類は、地域密着型で三軒茶屋の評判の歯科医を掘り下げて、それだけで20ページ以上あるサイトや「東京の評判の歯科医」などの巨大な情報サイトの一部として三軒茶屋の評判の歯科という1ページに集約した、2通りあります。

その中でも自院の良さがしっかり訴求されるようなサイトを使うことで他院と差別化、集客の効率化やブランディングだけでなくて、患者に自院の良さを理解してもらった上で、来院させることが出来ます。

効果的な地域WEB集客・マーケティングの方法

クリニックのホームページを制作し、広告費を払い、ポータルサイトに掲載し、SEO対策する。これも重要な手段です。自社で運営できるのであればやる価値は大いにあります。しかし、患者の行動はあくまで

自分の行きやすい場所×自分にマッチした治療をしてくれる

この掛け合わせでクリニックを選択し、治療先を決定します。つまりオーガニック検索結果1ページ目に表示されたwebサイトの中にいくつ掲載されているか?というのが重要になります。

オーガニック検索結果画面すべての表示領域でクリニックの特長や強みを説明できれば、ユーザーの心理として「ここは名医がいるな」や「紹介されているクリニックの中から自分の好みのクリニックを選ぼう」というイメージを持ちます。

ホームページ、ブログでしっかり情報発信

かつて、歯医者の集客といえば駅や電柱の看板、電話帳への掲載などが主流でしたが、これだけでは顧客の知りたい情報を全て満たすことが難しくなりました。現代は、ホームページを活用して、情報をしっかり発信している歯医者が選ばれるという時代なのです。では、ホームページにはどんな情報を掲載すればよいのでしょうか。

歯科技術のうち何を専門にしている歯医者なのか、どんな治療なのか(症例写真を用いる)、治療を担当している先生の紹介、スタッフの紹介、治療費などの基本情報だけでなく、口コミ(お客様の声)も掲載していきましょう。

特に、ホームページを見ている方は口コミを頼りに、その歯医者を信頼したり、良いイメージを持ったりすると言われています。できるだけ多くの口コミを掲載することで、集客力は抜群にアップするでしょう。

歯科技術のうち何を専門にしている歯医者なのか、どんな治療なのか(症例写真を用いる)、治療を担当している先生の紹介、スタッフの紹介、治療費などの基本情報だけでなく、口コミ(お客様の声)も掲載していきましょう。

特に、ホームページを見ている方は口コミを頼りに、その歯医者を信頼したり、良いイメージを持ったりすると言われています。できるだけ多くの口コミを掲載することで、集客力は抜群にアップするでしょう。

人員 ブログ記事更新者1名
メリット
  • 歯医者の信頼が高まり、集客力がアップする
デメリット
  • 毎日のブログの更新は、人的コストがかかる

ちなみに歯医者を経営している院長の情報はしっかりと記載しておいた方が良いです。歯医者に通うということに不安を感じている人も少なくありません。ですから、集客をする際は少しでも見込み客の心理的な障壁をなくす努力が求められるのです。

安心安全という印象を読み手に与えるのも仕事だと考えましょう。些細なことだと感じるかもしれませんが、このような些細な努力は、いずれ競合と差を広げる重要な要素となってきます。

インターネット上で簡単に予約できるシステムを設ける

便利というだけで価値があります。人は難儀なことを嫌う習性があり、無駄なことはしたくないという考えを持つ傾向があるといえるでしょう。ですから利便性が求められ続けてきたのです。

これは今に始まったことではありません。今、世の中にあるものの多くはこの傾向から求め続けられたものを具現化した集合体といえます。つまり、歯医者も利便性に重点を置く必要があるということです。

歯医者への予約をする際は、電話して予約するのが一般的だといえます。しかし、電話をする時間が取れない人からするとこのシステムは不便なものと判断されるでしょう。24時間いつでもどこでも簡単に予約をすることができるシステムを作ることができれば、圧倒的に利便性は向上します。

この利便性を高めるためになくてはならないのがインターネットです。ネット上で簡単に予約できるシステムを構築するだけでも、集客力は高まります。

ネットとは少し縁が遠い人には何のことかさっぱりという人もいることでしょう。ですから、エンジニアに依頼して自分が理想とするシステムを作ってもらうなどして予約システムを作ると良いです。分からない点があれば、エンジニアの人に聞きましょう。

また、依頼をすればネット上にサイトを作成してくれる個人事業主や業者もあります。ですから、使えるものは積極的に活用していき、集客力の高いサイトを構築しましょう。

選ばれる戦略として有効な情報サイト集客

例えある程度自院が患者の目につきやすくなったとはいえ、選ばれなければ意味がありません。常に患者は自分にとっていい歯医者を探す為に他院と比較検討をしています。そこで選ばれ続ける戦略として重要になるのが、地域に特化した情報サイトの中でクリニックに来て欲しい患者を集客することになります。地域に特化した情報サイトを作成することのメリットとしては、

  1. 他院とは違った強みや心がけていることを自院だけが訴求できる
  2. インプラントをするなら自院、ホワイトニングなら他院だとニーズ別にユーザーの獲得

等、地域内で通うなら自院であるというブランディングをしておくことで、ネット検索をしているユーザーを囲い込むことが出来ます。また、仮に自院の看板広告を見たユーザーが自院の評判について検索をした時に地域で強い歯科医院として後押しすることが出来ます。

逆に競合歯科医院の評判も見ていたが、改めて地域内でいい歯科医院がないか検索をした時に貴院が情報サイト上で訴求がされているので、他院検討からの転換といった例もあります。

歯医者集客の成功にはネット集客を先に抑える

今は手軽にネットで検索できる時代。歯医者も新しく開業する医院もあれば廃業する医院もあります。その中でも生き残るには他院との圧倒的な差別化を図り、地域内で通うなら自院であるというブランディングをすることが必要不可欠になります。

全研本社では5500以上の情報サイトを運用し、特に地域WEBブランディングに関してはクライアント様にご満足頂けています。

歯科医院やその競合、狙いたいユーザーによって適切なマーケティング戦略は異なります。お問合せ頂けましたらヒアリング後、具体的な戦略をお持ち致します。下記フォームからお問い合わせください。

集客方法についての問い合わせはこちら

他の歯医者の集客を上げる方法

歯磨き講習会などイベントの開催

最近の歯医者は「歯磨き講習会」を開催しているところがあります。なかには、学校や地域の自治会などに協力をしてもらい実施しているところもあるそうです。

こうしたイベントは地域への社会貢献である一方で、歯医者の宣伝にもつながりますので、積極的に開催することで集客力アップにつながります。

人員 講習会1名(学校・地域・自治体の協力が必要)
メリット
  • 歯医者の宣伝ができる
デメリット
  • 学校や地域の自治体などに、協力要請する手間がかかる

保険外診療(自費診療)の患者を増やす

集客ができても、保険診療だけでは売上アップにつながりません。多くの歯医者では、矯正歯科、インプラント、ホワイトニングといった保険外診療(自費診療)を積極的に増やしています。

院内の待合室などにチラシやポスターを掲載して情報周知し、自費診療のメリットなどをお客様にしっかり伝えましょう。

また、ホームページやポータルサイト、情報サイトでも自院が自費診療を始めていることを伝えていくことで、少しでも患者さんの目に触れるようにしていきましょう。

ただし、他院も同様に自費診療に力を入れているケースがほとんどなので、他院とは違う自院の良さを理解させる戦略を取り入れることで、他院に自費診療患者を流さず、自院に集め続けることが出来ます。

人員 1名
メリット
  • 売上をアップさせることができる
  • 患者のニーズに幅広く応えることが出来る
デメリット
  • 自費診療に取り組んでいるという集客が必要

歯医者の集客はWEBとリアルを織り交ぜる

どうしてもWEB検索をはじめはしないという患者もいれば、たまたま看板が目に入った、という患者もいらっしゃるので、潜在層に対してアプローチをするのであればチラシやポスター、看板広告は有効です。

その上で自院の患者になりやすい比較検討層はWEB上で検索をすることが多いので、事前に検索結果画面を制しておくことで、効率的な集患からブランディングをすることが出来ます。

また、どうしても医療広告になりますので、知識なく宣伝広告をすることはマイナスを生む可能性があります。

全研本社では歯科医院様をはじめ多くのクリニック様の集客支援をしてまいりました。地域内のブランディング集客から大きく集客する地域を取り、クライアントの強みを打ち出すことで、遠方からの通院患者様の集客にも成功しています。

様々なマーケティング戦略で培った成功ノウハウ、独自手法を基に貴院だけのマーケティング戦略をご案内させて頂きます。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る