経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

診療所・病院

診療所・病院の集客・売上アップのポイント

かつては、病気になったら近所にある診療所や病院へ行くというのが当然でした。しかし現在では、家から少し遠くても評判の良いところで診てもらいたいという傾向が強まっています。黙っていても患者さんが来るという時代ではなくなってきました。

そのため、診療所や地域密着型の病院において集客を考える場合、医療技術や設備はもちろんですが、医師や看護師の対応がポイントとなってきます。

患者さんに「ここに診てもらって良かった」「また何かあったら、この診療所・病院に来たい」と思わせる対応をしてくれる。それが、ネット上で評判となり口コミで集客につながっていくという流れになりつつあります。

診療所や病院のホームページやブログ、SNSなどで、診療所や病院の紹介や先生やスタッフの雰囲気などを伝えていくことも、集客の重要なポイントです。

診療所・病院の集客・売上をアップさせるには

開業時はフリーペーパーなど広告に注力

新規開業であれば、診療所や病院を地域の皆さんに知ってもらうことから始めるのがおすすめです。

チラシのポスティングのような地道な方法もありますが、一時的に集中して伝えるには、折り込み広告や地域密着のフリーペーパーに広告掲載するのが効果てきめんでしょう。

広告媒体に掲載した際には、費用対効果も把握できるようにするため、どの広告で来院されたか患者さんにアンケートを行いましょう。効果があれば掲載を継続し、なければ見直すようにしましょう。

人員 ポスティング2000枚あたり1名、広告会社とのやり取り1名、アンケートの集計1名
メリット
  • 院の存在を知ってもらい、新規顧客獲得につながる
デメリット
  • 広告費がかかる

リピーターを獲得していく

新規客の集客ばかりに力を入れ過ぎても、息の長い経営をすることはできません。再度来院してくれるように固定客を増やすことで、診療所や病院の経営を安定させていきます。高血圧や糖尿病などの患者さんを獲得することができれば、リピーターとして継続的に来院してもらえるようになるでしょう。

また、学校や企業などの健康診断を任せていただけると、継続して依頼されるケースが多いので狙い目です。

人員 医師1名、健診スタッフ若干名
メリット
  • リピーターを確保することで、継続的な売上につながる
デメリット
  • 健康診断を対応するにあたり、人員を増す必要がある

ホームページで継続的に集客

自宅から少し離れているところから来院される患者さんは、ホームページによる集客が多い傾向にあります。

近所の口コミで来院される患者さんと同じように、最近では、インターネットの口コミサイトや診療所や病院のホームページを見て、評判が良いところで診察を受ける方が多くなっているのです。

インターネット上で院内の雰囲気や院長先生の診療方針などを伝えるなど、他の診療所・病院とは差別化を図るような情報を発信していくことも集客・売上アップにつながっていきます。

人員 ホームページ制作会社とのやり取り1名
メリット
  • 集客力がアップする
デメリット
  • ホームページを作成するコストがかかる
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る