経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

インプラント

インプラント集客にはゴールは2つあります。

  • お問合せ・相談予約を頂くこと
  • 来院時の契約

この2つが重要で、通常ではどうしても1つ目のとにかくお問合せを増やすということに重きを置きがちですが、自院の良さが分からずとりあえずインプラントが気になるからという来院と自院の強みや他院との違いを理解した上での来院ではその先の契約率が違います。今回はその2つを踏まえた集客戦略を説明します。

アナログ集客では看板広告が有効

インプラント集客にあたり、どうしても看板広告は必要な戦略です。それは通常であればWEBで検索をしてから問い合わせをするというのが通例ですが、WEB検索をしないユーザーに対してアプローチが出来るからです。

また看板広告に啓蒙されて医院検索をしてくれるユーザーを狙えることで、いわゆるお問合せに繋がりやすい指名検索のユーザーを獲得することが出来るからです。母数は少ないにせよ、WEB市場とは別市場から獲得が出来るので、アプローチ母数を増やしたいという考えであれば実践価値があります。

掲載箇所はなるべく駅前、駅中広告です。どうしても広範囲に看板を設置したい気持ちになりがちですが、ユーザー視点からして通いにくいところにはお問合せをしづらい心理がありますので、あくまでも診療圏を考慮したエリアとして自院から近い駅に設置しましょう。

googleマイビジネスへの登録

googleマイビジネスに情報登録を行うと、自院検索をされたときに検索結果画面の右側に 営業時間や電話番号、ユーザーからの口コミを見ることが出来ます。一目で住所も分かりここから電話を掛けてくるユーザーもいるので、登録をしておいた方がよいでしょう。

地域SEOに注力

地域SEOとは、「○○駅 インプラント」「○○市 インプラント」「○○区 オールオン4」という地域名とインプラントを掛け合わせたキーワードでの上位表示です。このキーワードはこの地域でインプラントをしたいというニーズが強いキーワードなので、お問い合わせに繋がりやすいキーワードです。

自院が強いキーワードでの上位表示

どうしても商圏を広げたいという考えであれば、「○○県 インプラント 安い」等といった県内で比較をしたときでも自院の強みが映える掛け合わさったキーワードでの対策を行うことで、「安さ」を気にしているユーザーを商圏外から呼び込むことが出来ます。また、自院にしか出来ない治療があるのであればそのキーワードでも対策をすることで、どうしてもその治療をしたいユーザーを獲得することも可能です。

「モニター」キーワードでの集客

モニターユーザーの獲得になってしまいますが、あまり他院が力を入れていない、取りたがらないキーワードです。「大阪市 インプラント モニター」等が取れるようにモニターページを別途作成しておく等で対策が出来ます。モニター獲得後、情報開示をWEB上でさせてもらうことで、口コミとして自社サイト、ポータルサイトやgoogleマイビジネスへの活用も可能ですし、患者が見たい傾向にある事例コンテンツを作るのに必要な内容になります。

「歯医者」「歯科」キーワードでの集客

もし自院が通常の歯医者としても集客をしているのであれば、「○○駅 歯医者」等の近隣で探している検索者を獲得しましょう。虫歯治療等といったユーザーが多くいるキーワードですが、その中にもインプラントをしたい、インプラントを将来的にする可能性があるユーザーがいます。インプラント患者の直接的集客には繋がりませんが、長い目で見たインプラントの売上向上という視点で考えるとアプローチをしておきたいところです。

ポータルサイトへの登録

インプラントネットへの登録です。インプラントネットは自院情報を掲載できるだけでなく、インプラントネットの地域検索内での上位表示をすることが出来ますが、金額によってどこまで優先をされるのかはプランによって上位表示が出来るかどうかが変わっきます。

但し、ほとんどの場合は先に優先枠が取られている場合がほとんどで、自院紹介が出来ると言っても、比較させるようなことはポータルサイトという形式上出来ないので、強く自院の訴求をすることは難しいでしょう。

情報サイト戦略による集客

集客だけでなく、来院時の契約率向上にも繋がりやすい戦略です。所謂情報サイトは地域に特化した歯科医院のポータルサイト。「○○市 インプラント」「○○駅 インプラント」「○○区 インプラント 費用」等といった検索キーワードで上位表示をさせて、地域内でインプラントを考えているユーザーに情報発信をしていきます。

その中でもインプラント患者のニーズに沿って歯科医院を紹介していきます。ニーズの例としては安さ、実績、医師の腕、施術種類の豊富さ等です。このユーザーニーズと歯科医院の強みをマッチングさせることで、売上に繋がりやすい施術案件を効率的に集めることが出来ます。

遠方患者の集患事例

立地が悪いというのもあり、元々は周辺近隣の患者しか集患が出来ませんでした。導入後は都心部から通院してくれる患者が集まるようになり、広範囲に渡る集患が出来ています。日帰り治療が出来るという気軽さも手伝ってか、インプラントの売上が5倍になりました。

昼休みが取れないくらい集患

元々SEOで1位だったので情報サイトを導入してもインプラント患者数は変わらないだろうと考えていました。ところが導入をすると昼休みが取れないくらい患者が増え、商圏外からも来院してもらってます。

単純に考えても20日が稼働日数だと考えると毎月20人増えており、単価としては25万円なので、月間売上500万は増えている計算です。院長である私を指名されることも増えたので、ブランディングにも貢献しているのではと考えています。

インプラント集客は他院との差別化が重要

ポータルサイトや看板広告といった露出は非常に大切ですが、患者はその医院に行く為の理由がないが為に、なかなかお問い合わせに繋がりづらいという声がインプラントに注力している歯科医院様から伺います。

全研本社バリューイノベーション事業部ではインプラントクリニック様や矯正歯科クリニックを始め、5500サイトの運用を通して多くのクリニックのクライアント様の集客支援をしてまいりました。

現在では医療広告に対する厳しい目もありますので、安心感を以てご依頼頂ける様、そういったあらゆる変化に対しても対応が出来る様に専門の医療広告チームを編成しています。

地域性や競合や自院集客状況によってマーケティング戦略が異なります。市場調査、現状をお伺いした上で最適な売り上げ最大化に繋がるプランニングをさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る