経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

整体院・鍼灸院・マッサージ

整体院・鍼灸院・マッサージ店の集客・売上アップのポイント

都心の駅前でも、地方の国道沿いにも、整体院や鍼灸院、マッサージ店は昔と比べて多くなったように感じられます。

ライバルが多いなかで集客アップを考える場合に重要になるのが、マーケティングリサーチです。

腕のいい整体師や鍼灸師がいたとしても、集客が少なければ経営が続けられないわけですから、その院や店舗のターゲットを明確にし、その方たちに適した集客活動を行う必要があります。

まずは、利用者が整体院・鍼灸院・マッサージ店を選ぶときに、何を基準にしているかというポイントをお伝えしましょう。

多くの利用者が「口コミ」で選んでいる

整体院・鍼灸院・マッサージ店選びで多くの方が参考しているのが、インターネット上の「口コミ(お客様の声)」です。

実際、最近開業した整体院・鍼灸院やマッサージ店では、その8割以上がインターネット上のホームページから集客しているというデータがでています。

なぜなら、カラダの痛みや悩みを改善したいという要望を持っている潜在顧客は、インターネットで積極的に情報収集を行っており、少しでも効果がある院やお店を選ぼうとする傾向があるからです。

そんな方々に対してしっかりアピールすることにより、集客アップが期待できるようになります。

ターゲットの合わせた料金

整体院・鍼灸院・マッサージ店選びで、もう一点、気にしていることといえば料金です。

料金といっても、ただ値下げをすればいいというわけではありません。自分の院またはお店の、ターゲットに適した料金設定をすることが重要です。

とはいえ、特に整体院や治療院の場合は、初回に初診料や施術代がかかるため、どうしても高額になります。

集客に悩んでいるなら、初回は割引料金にするとかクーポン持参で値引きになるなど、最初のハードルを下げるための方策も検討したほうがよいでしょう。

あとは施術の効果があれば、顧客はおのずとリピーターとなってくれるはずです。

整体院・鍼灸院・マッサージ店の集客・売上をアップさせるには

上記のポイントを参考に、整体院・鍼灸院・マッサージ店で集客・売上アップのためにできることを、考えてみましょう。

チラシやポスティング、フリーペーパーへの掲載

開業間もない整体院・鍼灸院・マッサージ店の場合、まずはお店の認知度を広めることからスタートです。

お店の前にのぼりや看板などを立てたり、初回割引のクーポンをつけたチラシをポスティングしたりして、近隣地域の方々に対してアピールしていきます。

また、地域密着のフリーペーパーに広告をだすのも、集客効果のアップに効果的。

ただし、割引クーポン目当ての方は単発的なユーザーなので、リピーターを獲得していくための策を考えていく必要があります。

人員 2000枚あたり1名
メリット
  • 近隣住民の方々に直接アピールできる
デメリット
  • クーポン割引や目新しさでが目的の顧客が多いので、単発的になりやすい

インターネット上の「口コミ」の活用

集客効果を長期的目線で考えるなら、ホームページやブログは、もっともコストパフォーマンスが高い集客ツールです。

もちろん、利用者の口コミは外せません。口コミには、掲示板形式のリアルな声がアップされているものもありますが、自分の院またはお店でホームページやブログなどを立ち上げている場合「お客様の声」として掲載するのが効果的。

「こちらの整体院に通ったら肩こりが改善した」「ゆったりした気分でマッサージが受けられる」などの声がたくさん掲載されていれば、初めての顧客が来店しやすくなることにつながり、集客アップが期待できます。

しかも、施術後に簡単なアンケートを取るだけなので、特別に高い広告費を支払う必要もありません。お客様の声をできるだけ多く掲載することで施術効果や先生の技術に説得力が生まれ、集客も徐々にアップしていくでしょう。

施術効果を示すためにビフォーアフター(顧客に対する課題と、施術後の感想)など比較できる形式であれば、よりわかりやすく伝えられると思います。

人員

ホームページ、記事更新1名

メリット
  • 見込み顧客の信頼を高めることができる
  • 高い広告費を払う必要がない
デメリット
  • インターネット上に良い口コミがないと効果なし

保険外診療(自由診療)や機器の導入など新しいメニューの採用

集客は伸びてきたが、顧客単価がなかなか上がらず売上アップにつながらない…という場合、新しいメニューの採用も検討してみましょう。

特に整体院や鍼灸院では、場合によっては保険適用メニューとして診療報酬が限られるかもしれません。そこで、売上アップのために保険外診療(自由診療)を取り入れてみるのも1つの策です。

また、美容機器や健康機器など、整体やマッサージとは関係ない機器を、顧客にとってメリットがあるものであれば積極的に導入し活用してください。

なぜなら、他院や他店舗では導入していないような機器・メニューを導入することで、差別化にもつながります。既存サービスと組み合わせることによって、集客・売上アップも期待できるようになります。

人員 1名
メリット
  • 利益率を高めることができる
  • 他店と差別化を図れる
デメリット
  • 機器導入する際にコストがかかる
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る