経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

矯正歯科

矯正歯科集客には来院して頂き、治療の契約を頂くことです。

そのためにはまず自院の存在を知ってもらうことが重要になります。来院してもらう、お問合せをもらうことに重点を置きがちですが、最近ではネットで事前に医院の特徴をよく読み込んでいるユーザーが多く、WEB上で自院と他院の差、来院してもらう理由づけまでもしなければなりません。

逆に理由づけまでをすることさえできれば、来院する時には心が決まっているので、ズレがなければその場で契約する可能性がある患者様を獲得出来ます。

また、矯正歯科の場合には何度も通う必要がある為、通いやすい患者を集め続けることが重要です。

今回はユーザーに自院の特徴や強みを理解した上で来院してもらえる、集客戦略を説明します。

アナログ集客では看板広告が有効

看板広告の魅力はWEB市場では取れないユーザーの獲得が出来ること。

矯正歯科集客を狙うにあたり一般的にはWEB検索にて自院を見つけてもらうというものが一般的ですが、WEB検索をしないユーザーに関しては、看板広告が有効です。反復効果があるので、認知度を高める効果があります。

またネットユーザーに関しても、看板広告に啓蒙されて自院名でピンポイントで検索、情報収集してもらうことが狙えます。

看板広告というアナログでの集客方法で競合医院とは敢えて違う戦略を取ることでユーザーへの広告露出が出来ると言えるでしょう。

掲載箇所は最寄りの駅前、駅中が望ましいですが、それだけでなく綿密に診療圏の調査を行い、通行人やドライバーの視野に入りやすい箇所を設定する必要があります。それによって発見されにくかった場所にある医院は、認知されやすくなります。

看板表記については、「医院名(診療分野)」「住所」「電話番号」だけでは興味を引きにくい傾向にありますので、なるべく詳しい情報を表記する必要がありますが、看板広告が通行人の視野に入る時間は僅かです。

どのくらいの時間か計算しながら看板のデザイン表記を考えなければなりません。一瞬で「医院名」「住所」「電話番号」にプラスアルファするなら「特徴」「強み」を認知させることを重点的に考えましょう。

googleマイビジネスへの登録

googleマイビジネスは一目で医院の情報が得られるため、ユーザーはここから直接電話をかけてくる場合があります。

googleマイビジネスの情報登録はオーナー確認後、基本情報を編集し、写真をアップロードすれば完成です。手軽に登録出来、ホームページの代わりにもなるので便利です。

概要の中に自院の特徴、強みについて記載が出来るので、自院の良さを知ってもらえる機会が出来ます。

写真は無制限の枚数のアップロードが可能です。ネット検索している人は、パッと目に入る画像に興味を引かれる傾向が強いので、店舗写真は外観や室内など、出来るだけ登録するようにしましょう。

また、一方的に自院の情報を出すだけではなく口コミ投稿機能もあるので、ユーザーとコミュニケーション出来る役割も持っています。この口コミを見て医院を選ぶ決め手にするユーザーもいるので、情報登録はしておいた方がいいでしょう。

地域SEOに注力

地域SEOとは、地域名と矯正歯科を掛け合わせたキーワードでの上位表示のことです。これは限定された地域で歯の矯正をしたいというニーズが強いキーワードなので、お問い合わせに繋がりやすくなります。

タイトルタグ、hタグなど主要タグには「○○県」や「○○市」などの地名を入れておきます。これが大前提です。自院の住所はトップページに明記しておきましょう。

また、「○○駅から徒歩10分」など、自院へのアクセス情報を入れておくのもいいでしょう。

自院が得意とする治療名や症状での上位表示

例えば、「裏側矯正」「ハーフリンガル」「インビザライン」等、得意とする治療方法があればそのキーワードでも対策をした方がよいでしょう。地域内で矯正治療をしたいが、すでにしたい治療方法が確定しているので検索数はどうしても少なくなりますが治療ニーズが非常に高いです。

他にも、商圏をもっと広げたい場合、「○○市 矯正歯科 安い」などといった、その地域で比較をしたときでも自院の特徴、強みが強調されるキーワード対策を行うことで、金額面を気にしているユーザーを呼び込むことが出来ます。

また自院にしか出来ない治療があるのであれば、多少遠方でもその県内であればその治療をしたいユーザーを獲得出来る可能性もあります。

「モニター」キーワードでの集客

単価が少し下がってしまうユーザーの獲得になってしまいますが、あまり他院が力を入れていない、あまり取りたがらないキーワードです。

「○○市 矯正歯科 モニター」などが取れるよう、モニターページを別途作成しておく事でユーザーの獲得しましょう。

モニター獲得後、WEB上で情報開示してもらいます。口コミとして自社サイトやポータルサイト、googleマイビジネスへの口コミも可能ですし、患者が見たい傾向にある事例コンテンツを作るために、必要な内容になります。

「歯医者」「歯科」キーワードでの集客

もし自院が通常の歯医者としての対応もしているのであれば、「○○駅 歯医者」などの近隣で探している検索者を獲得しましょう。

虫歯治療はユーザーが多くいるキーワードですが、その中にも歯の矯正をしたい、矯正を将来的にする可能性があるユーザーがいます。

直近の矯正治療を受けることを目的とした患者の直接的な集客には繋がりませんが、長い目で見た矯正歯科治療の売上向上という視点で考えるとアプローチをしておきたいところです。

ポータルサイトへの登録

矯正歯科業界では有名なポータルサイトとして「矯正歯科ネット」があります。矯正歯科ネットでは検索者が該当する地域に絞って矯正歯科クリニックを検索することが出来ます。

また、スマートフォンプラン、プレミアムプラン等があり、月額掲載費が高ければ高いほど、矯正歯科ネットの対象地域内での上位表示される可能性が高くなるというものです。

ただし、競合他院すでにそのプランを導入していた場合には効果は薄くなります。また、ポータルサイトという立ち位置上、明確な差別化を図ることは出来ない為、医院名を知ってもらうという役割が強いでしょう。

情報サイト戦略による集客

集客だけでなく、来院時の契約率向上にも繋がりやすい戦略です。所謂情報サイトは地域に特化した矯正歯科医院情報を提供するポータルサイトです。

「○○市 矯正歯科」「○○駅 矯正歯科」「○○区 矯正歯科 費用」などといった検索キーワードで上位表示をさせて、地域内で矯正を考えているユーザーに情報発信をしていきます。

矯正を考えているユーザーのニーズは、例として治療費の安さ、実績、医師の腕、施術種類の豊富さなどが挙げられるので、こういったニーズにマッチングさせるよう矯正歯科医院を紹介していきます。

但し、一般的なポータルサイトではない為、ユーザーに正しい矯正歯科クリニックの選び方と貴院の強みとリンクさせることで、自然とユーザーを啓蒙、他院との差別化を図れます。

結果として自院の強みを理解したユーザーがHPに訪れる為、お問い合わせ率の向上から実際の契約率の改善を図ることが出来ます。

情報サイトによる矯正歯科医院集客事例

明確な強みがない中試行錯誤してくださいました。公開後わずか8ヶ月でseo上位表示になり、10ヶ月で1位を獲得できました。

現在では前年対比で初診患者が月6人増え、施術契約率が50%に上がりました。

正直そこまで大きくない市場且つ私の医院は少々特殊な立地にも関わらず、成果が出たので驚きました。

矯正歯科集客は他院との差別化が重要

矯正治療の悩みは他人に相談しづらい、矯正治療について分かる人が意外と少ないという理由で、ネットで情報収集する人がいます。特に20代~30代前半までの女性ユーザーが増えている為、女性に共感させられるコンテンツも必要です。

全研本社バリューイノベーション事業部では矯正歯科クリニック様やインプラントクリニック様を始め、5500サイトの運用を通して多くのクリニックのクライアント様の集客支援をしてまいりました。

現在では医療広告に対する厳しい目もありますので、安心感を以てご依頼頂ける様、あらゆる広告ルールの変化に対しても対応が出来る専門の医療・ヘルスケアチームを編成しています。

地域性や競合や自院集客状況によってマーケティング戦略が異なります。市場調査、現状をお伺いした上で最適な売り上げ最大化に繋がるプランニングをさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る