経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科の集客・売上アップのポイント

何の計画性もなく集客のための宣伝をしたとしても、思うような成果は得られません。大切なのはポイントを見つけ、効率よく集客を行うということ。

耳鼻咽喉科では耳と鼻、喉に関する診療が受けられるわけですが、虫歯のように痛みから解放されるためにすぐに足を運びやすい歯科医院とは違い、「何となく不調を感じているけれど病院で診てもらうほどではない」といったトラブルを抱えている方も多くいます。

そういった方にとって通いやすい耳鼻咽喉科作りができれば、集客アップにもつながるでしょう。

具体的な方法や注目したい点について紹介するので参考にしてみてください。

耳鼻咽喉科の集客・売上をアップさせるには

耳鼻咽喉科の集客・売上をアップさせるために必要なことを見ていきましょう。

気軽に足を運びやすい雰囲気作り

耳鼻咽喉科といえば、多くのところでは戸建開業となっています。そのため、ショッピングモール内に入っているクリニックなどに比べると、外からの雰囲気がわかりにくいともいえるでしょう。

初めて行く病院はどうしても緊張してしまいますよね。そういったものが改善できると理想的です。

そのために行えるのが、来院前に確認できるインターネットを通した情報の配信となります。ホームページを作るほか、ブログやSNSで医院の様子を配信しましょう。

実際に、足を運ぶ耳鼻咽喉科を探す際にインターネットの情報を参考にしている方は非常に多いので、とても有力な方法です。

人員 ホームページ作成会社とのやり取りをするための1名
メリット 効率よく、広く情報の配信ができる
デメリット 外部にホームページの作成を依頼する際にはコストがかかる

専門治療分野としてアピールできるものを作る

幅広く耳鼻咽喉科として宣伝していくよりも、ターゲットを絞って集客を目指した方が高い効果が得られるケースも多いです。特定の症状を感じて医院を訪れようとしている方から見れば、できるだけ専門性が高いところの方が信頼できますし、安心にも繋がるでしょう。

ここで問題になってくるのが、どのようにして治療を行っている専門分野をアピールすれば良いのか?ということ。簡単で効果的な方法が看板やのぼりに記載するということです。現在の看板に「○○耳鼻咽喉科」といったように医院の名前しか記載されていない場合、それに加えて花粉症・アレルギー・婦人向けなど、専門治療分野も載せておきましょう。

それから、小さなお子さんのいる家庭では、医院に足を運びたくても子供を連れて行かなければならず、待ち時間に静かに過ごしてくれるか不安に思っている方もいます。こういった場合、キッズスペースが用意できるのであればそれもホームページやのぼりなどで宣伝しておきましょう。

「キッズスペースにはおもちゃ・絵本を用意しているのでお子様連れでも安心」といった宣伝があると子供連れの方も通いやすくなります。

人員 看板やのぼりの発注を行うための1名
メリット 近隣の型へ専門性をアピールできる
該当する得意分野の医院を探している方に強く訴えられる
デメリット 看板やのぼりを作り直す場合、コストがかかる

医院名に地域名・駅名を入れる

例えば、「四谷三丁目○○クリニック」のように、医院名に地域名・駅名を入れるのも効果的です。近所にある耳鼻咽喉科を調べようと思った時にインターネットで検索する場合、「地域名+耳鼻咽喉科」といったように検索することが多いですよね。

この時、医院名に地域名が入っているとインターネットの検索で有利になり、ヒットしやすくなるのです。

人員 変更手続きを行うための1名
メリット 検索エンジンを使った医院探しで有利になる
デメリット 医院名変更の手間がかかる

待ち時間解消のための受付システムの導入

医院によってはかなり待ち時間が長く、患者さんは院内でムダな時間を過ごさなければなりません。そのため、忙しい方はなかなか通いにくいものです。これを解消するために取り入れたいシステムが、受け付け後に診療順が近くなるとスマートフォンや携帯電話に自動的にメールを配信するシステムとなります。

こういったもの取り入れれば、受け付けを済ませた後は買い物などにも出かけられるので、患者さんも時間を有効活用しやすくなるでしょう。

人員 システム業者とやりとりするための1名
メリット 時間がない人でも来院しやすくなる
デメリット システムの導入コストが必要
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る