経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

HOME/ 【スポーツジム・センターの店舗集客】売上・集客力をあげるには?

【スポーツジム・センターの店舗集客】売上・集客力をあげるには?

スポーツジム・遊技施設で効果的な集客方法とは?

「店舗を立ち上げたが、顧客が集まらない」「来てくれるのは最初だけで、リピーターが少ない」などのように、集客や売上アップに頭を悩ませているスポーツジム・遊技施設のオーナーは多いのではないでしょうか。

ここでは、スポーツジムやヨガ教室、ゴルフ練習場など店舗を運営するオーナーに対して、売上・集客アップにつなげるための方法を提案します。

スポーツジムやヨガ教室などは、近年の健康ブームが追い風となり利用者は増加傾向に。ただ、それ以上のスポーツジムやヨガ教室も増えており、供給過多で競争が激しくなっているのも実情です。

また遊戯施設である、ゴルフ練習場やバッティングセンターなどもブームが去り、利用者が減っています。事業を撤退する企業は、ますます増えているようです。

このような状況のなか、売上・集客アップがうまくいかない理由は、自店の強みや特徴が、潜在顧客に伝わっていないことが挙げられます。

例えば、スポーツジムやヨガ教室であれば、室内の雰囲気や設備、インストラクターの実績、訓練のメニューなど、情報がわかりにくい部分を明確化して伝えること。ゴルフ練習場やバッティングセンターなどでは、他店にはないような設備やサービスを拡充し、「この施設に行ってみたい」と潜在顧客の気持ちが向きやすい対策を行うことも必要です。

このように、集客・売上をあげるためには、競合との差別化を図ることが最重要課題といえます。

差別化を図るための集客ツールとは

スポーツジムや遊技施設で集客するには、それぞれの施設や店舗に適した集客ツールを使うことがポイントです。

例えば、フィットネスジムやヨガ教室、格闘ジム・道場などの場合、チラシがもっとも効果が大きいといわれています。チラシでは伝えられない部分は、ホームページやブログ・SNSなどを駆使して、さまざまな情報を発信していきましょう。

また、ゴルフ練習場やバッティングセンターでは、イベントや新しい設備・サービスの提案が有効です。注意点として、紹介するときは差別化を図るタイムリーな情報を伝えるようにすると、より効果を得られるでしょう。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る