経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

バッティングセンター

バッティングセンターの経営・集客アップのポイント

バッティングセンターで経営を成り立たせるには、「立地」が重要なポイントであるといわれてきました。

学校や予備校など若者が集まる場所が近くにある、駅前ビルの屋上といった、いい立地にあるバッティングセンターは集客も売上も安泰とされていたのです。

ところが近年、若者を中心に野球人気が落ちていることや少子化などが原因で、プレイ人口は減少傾向にあります。

こういった原因を解決するためには、他のバッティングセンターと差別化を図れるような「集客方法」「サービス」を提供することが重要です。

他のバッティングセンターにない設備やサービスなどを設けることで、利用者の口コミによって評判が広まっていき、やがて集客・売上アップにつながります。

また、固定客の確保も売上アップのポイントとなります。従来のような回数券やポイントカードの発行以外に、さまざまなサービスを展開していくことがバッティングセンターの経営を支えていくでしょう。

バッティングセンターの経営・集客をアップさせるには

集客力のあるイベントの開催

バッティングセンターでよく見られるのが「ホームラン競争」。優勝者には、商品や無料の回数券(ポイント)などをプレゼントするイベントです。

バッティングセンターの中には、プロ野球選手を招いてバッティング教室を開いたり、サイン会を開催したりといったイベントを開催しているところもあります。

また、一年を通してホームラン競争を行い、年間ランキングを競うシステムを設け、固定客を増やしたところもあるそうです。

人員 イベント運営者1名
メリット
  • プレゼントやホームラン競争を設けることで、固定客を増やすことができる
  • バッティング教室やサイン会などは、一気に新規顧客を集客できる
デメリット
  • プロ野球選手を招く場合、イベント運営するコストや人員が必要となる

他にはない設備の拡充

最新のマシンやオリジナルゲームなどを設置することも、他のバッティングセンターと差別化を図る意味で有効です。

一時期、ストラックアウトのようなゲームが流行しましたが、こうした流行にも常にアンテナをはり、新しいゲームを提供していくことも重要でしょう。

こうした情報はセンター内で告知するだけでなく、ホームページやブログ、SNSなど、利用者がよく使う媒体で告知していくことも集客アップにつながります。

人員 マシン操作担当者1名
メリット
  • 差別化を図ることで、他のバッティングセンターからの流入顧客が増える
デメリット
  • 新しいマシンを設置する際に初期費用がかかる
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る