経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

格闘ジム・道場

格闘技ジムや道場の経営のポイント

ボクシングや総合格闘技などのジム、空手や柔道などの道場を経営する場合、まずターゲットを決めることが大切です。

主なターゲットは、「運動不足の一貫や趣味で通う人」と「本格的にプロを目指す人」に分かれるでしょう。設備やスタッフに余裕のある大きなジム・道場であれば、いずれのターゲットにも適したメニューを用意できると思いますが、新規開業の小規模経営であれば、どちらかに絞った方が得策です。

また、プロを目指そうとする人をターゲットにしたジムや道場では、「ここからチャンピオンを育てる」という意識はとても高いですが、経営に関する意識が低いところも多いようです。

事業として成り立たせるには、経営者として明確な考えを持つことが重要。そこで、こうしたジムや道場の場合、チャンピオンを育てるのに特化するコーチとは別に、経営に特化するスタッフも必要になってきます。

なお集客に関しては、コーチやスタッフの対応がわかる口コミや、内装の雰囲気がわかる画像など利用することが重要です。広告を打ったり情報発信をしていく際には、それらを必ず活用してください。

格闘技ジムや道場の集客・売上をアップさせるには

チラシや広告掲載

格闘技ファンが集まるような施設などにお願いしてチラシを置いてもらったり、フリーペーパーへ広告を掲載したりして、ジムや道場の存在をアピールしましょう。

タイムテーブルや料金など利用者が知りたい基本情報以外にも、どんな人に門を叩いて欲しいのか、コーチの思いなどを掲載して配布してください。

趣味で通う人がメインターゲットのジム・道場であれば、まずは雰囲気を知ってもらうための無料体験や割引券などのサービスを付けてもよいでしょう。

人員 広告会社とのやり取りするスタッフ1名
メリット
  • 多くの人の目に触れやすい
  • 無料体験や割引サービスは、「未経験者、初心者」の集客に有効
デメリット
  • チラシ、フリーペーパー作成にコストがかかる

ホームページやSNSの活用

継続的な集客方法として、ホームページやブログ・SNSから情報を発信していくこともおすすめです。

施設の概要や設備、インストラクターの紹介などをホームページに載せるだけでも、まず信頼度が大きく違ってきます。

プラスして、他のジム・道場との違いなど差別化できる要素を掲載すれば、ターゲット層に対して、より明確な魅力が伝わるでしょう。

人員 SNS更新者1名、ホームページ制作会社とのやり取りするスタッフ1名
メリット
  • 費用対効果が高い
デメリット
  • SNSの記事投稿をし続ける必要がある
  • ホームページ作成にコストがかかる(サーバー代、ドメイン代、ホームページ制作依頼費など)
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る