経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムのWEB集客課題

大きく分けると3つあります。

アフィリエイトサイトが流行

エリア名×パーソナルトレーニング、ジム、加圧トレーニング等検索をすると、必ずアフィリエイトサイトがあります。資本力があればどんどん掲載をすることで集客をすることが出来ますが、高報酬、売りやすさがなければなかなかアフィリエイターも振り向いてくれません。

リスティング広告費用の高騰

資本力があるジムはとにかく、ユーザーと接点を持ちたい。そこで、リスティング広告を様々なキーワードで出稿をして掲載。競合もさらにそこに勝とうとするので、オークション形式でリスティング費用がかさんでいきます。

結果として、後発の企業は資本力勝負で苦しみ、掲載が出来なくなります。また、掲載を出来なくさせることで、広告手段を奪うということも資本力があるジムは目的としています。

上位表示がさせにくい

パーソナルトレーニングが流行り、ジムの数もどんどん増えてきました。必然的にホームページを作り、リスティングやチラシ、SEO対策も行っていく為、競合性が年々と厳しくなっていきます。

パーソナルトレーニングジム集客戦略

競合に勝つためには、ニーズを踏まえた集客戦略が重要になります。

顕在層への集客

SEO対策

上がりにくいとは言えど、地域名は対策をしておきたいところです。但しどうしてもやりがちなのは「○○市」といった広い地域で対策をしてしまうこと。パーソナルジムに通う方は料金やトレーナーの対応力、サービス内容でも比較をしますが 、まず通えるかどうかがポイント。そこで、「○○駅 パーソナルトレーニング」等の駅名で対策をしておきましょう。

駅名検索をしているユーザーはそこの駅近くでパーソナルトレーニングを探している為、選ばれる確率が必然的に高くなります。また、駅ごとで対策をしているアフィリエイトサイトも少ないため、比較的早く効果を出しやすい施策です。

また、得意としているトレーニング名があればそのキーワードでの対策をすることで、その地域で例えば加圧トレーニングがしたいユーザーが取れるといった効率的な集客も可能です。

リスティング広告

競合に負けずにリスティングをかけるには、その検索結果画面に対して適切な広告グループを組めているかが重要。「パーソナルジム」と「パーソナルトレーニング」では検索結果画面は違い、「渋谷」「渋谷駅」でもユーザーニーズは違う為、それぞれに細かくグループ分けをして対策をすることが大切です。

また広告文にも検索キーワードを入れておき、関連性の高い内容であるとgoogleに判断されることでリスティング品質スコアが改善され、費用面での改善が出来ます。

出稿時間帯や地域もどんなユーザーを取りたいのかを考えて設定をすることで、リスティング費用の無駄遣いを防ぐことが出来ます。

アフィリエイト広告への出稿

アフィリエイトへ出稿をするときにはすでにその地域内で掲載をされている競合を見つけ、その競合がアフィリエイトサイト上でいくらで打ち出し、ASPの中でいくらで報酬単価を設定しているのかを確認しましょう。

もし自分の地域に報酬単価の高い競合が出稿をしていなければ、出稿をしてみましょう。

地域特化の情報サイト戦略

地域に特化したパーソナルトレーニングジムのをまとめたサイトへの掲載です。例えば、料金が安いならココ、サービス力が強いならココという形でユーザーニーズに沿った紹介をしていきます。

またサイト導線上でもユーザーにそのパーソナルトレーニングジムを選ばせる様に設計をするため、その地域でパーソナルトレーニングジムに通うなら自社であるとブランディングすることが出来ます。

また、情報サイトは検索結果画面の性質上評価がされやすいため、これを自社でコントロールが出来ることが大きな武器になってきます。

指名検索への集客

googleマイビジネスへの登録

googleマイビジネスに登録をすると検索結果画面の左側に自社指名をしたときに営業時間や住所、電話番号が表示されます。

また、第3者が書き込んだ口コミも確認が出来る為、貴重な比較材料として使われます。ここを見るユーザーは意外にも多い為、可能であれば利用者にgoogleマイビジネスへの口コミ投稿をお願いしてみるのもいいでしょう。

自社サイトのコンテンツ拡充

指名検索をした場合にはそのパーソナルトレーニングジムが気になって検索をしている為、なるべく料金やサービス内容、今やっているキャンペーン内容などを分かりやすくホームページ上で伝えることが大切です。

また、実際に使った人の声も気になる為、様々なタイプの感想を揃えておくことで、近しいユーザーが閲覧した時に共感をさせることが出来ます。

ポスティング集客

どうしてもWEB市場は資本力のある競合が勝ちやすいものとなっています。そこで、ポスティングを行いダイレクトにユーザーに宣伝をしていきます。

商圏を細かく絞り、欲しいユーザー、一番入会率が高いユーザーがいそうな居住属性や立地を選択して、をの地点を中心に重点的にポスティングを行います。

また、チラシを見て気になったユーザーは直接パーソナルトレーニングジム名を検索をします。そこで、googleマイビジネスやホームページが充実をしていたら、さらに深く検索をしていきます。

情報サイト戦略

情報サイト戦略では地域名×パーソナルトレーニングジム、加圧トレーニング等のキーワードが取れるだけでなく、ジム紹介サイトであるので、自社名が検索をされたときにも上位表示gがされます。

そこでホームページとは別に紹介がされているので、色んなサイトを見て判断するユーザーにとっても一つの決定的な材料になります。ここまで計画的にマーケティングを意識した設計をしているアフィリエイト、ポータルサイトは残念ながらありません。

パーソナルトレーニングジム集客は競合が出来ない戦略で勝つ

年々、パーソナルトレーニング市場も競合性が高くなっていくことから、どの競合他社もSEO、リスティング等を必死で展開をしています。

全研本社バリューイノベーション事業部では、パーソナルトレーニングジム様をはじめ、情報サイト・オウンドメディアを5500サイト制作、運用、ノウハウを通してクライアント様へ貢献して参りました。

特に地域差別化型戦略に関して注力をしております。地域性や競合性、御社の強みによって攻めるべきマーケットが変わります。お問合せ頂けましえたら市場調査を行い、具体的な戦略説明をご案内させて頂きます。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る