経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

ヨガ・ピラティス

ヨガ・ピラティスの集客・売上アップのポイント

最近、女性を中心にヨガ・ピラティスを始める方が増えており、日本でのヨガ人口は100万人・ピラティスは5万人を超えているといわれています。こうした背景から、インストラクターも増えていますが、供給過多になっているのも現状です。

ヨガ・ピラティス教室を軌道にのせるには、集客をきちんと行い世間にアピールしていくことが重要。そして、「健康に良い」「美容・ダイエットに良い」とわかっていながら、まだヨガやピラティスを始めていない潜在顧客のハートをつかんでいきましょう。

では、選ばれるヨガ・ピラティス教室にするためには、どうすればよいのでしょうか。

  • 詳しく説明をする
    インストラクターの実績や人となりなどを、わかりやすく伝える必要があります。加えて、教室の雰囲気や設備なども、画像を使って伝えましょう。
  • 魅力を伝える
    体験レッスンなどを開催し、「また来たい!」と思ってくれる人が多くなれば、評判の良い口コミから利用者が増え、自然と軌道にのりますよ。

重ねて、口コミは利用者が発信していくものですので、一人ひとりのお客様を大切にしましょう。

ヨガ・ピラティスの集客・売上をアップさせるには

チラシやフリーペーパーで周知する

何よりも先に、自分のヨガ教室、またはピラティス教室がどこにあるのかを、周知させる必要があります。その際、もっとも効果のある集客方法がチラシです。

ただし、チラシを作成・配布すれば集客できる、という甘いものではありません。ヨガを体験したことがない人に「ヨガの魅力をしっかり伝える」内容にしなければ、どれだけチラシを配っても無意味なのです。

その他に効果を期待できるのが、フリーペーパー。その場合、チラシとは少しアピール方法を変える必要があります。フリーペーパーには、近隣のヨガ教室やピラティス教室も紹介されているケースが多いです。つまり、自分の教室はどんな設備があり、どんなインストラクターが教えているのかと、他店との差別ポイントをうたっていくのが重要といえます。

人員 広告制作会社とのやり取り1名
メリット
  • 多くの人に周知できる
デメリット
  • 費用がかかる
  • 広告が競合と混載される

スマホ対応のホームページで他店と差別化

ホームページを開設するのも、他店との差別化を図る手段としては有効です。ただ、利用者の多くはパソコンよりスマートフォンで情報収集しているので、スマホ対応のサイトでなければ使いづらく、せっかくの集客効果が見込めないことも。

実際、多くのヨガ教室やピラティス教室ではホームページはあっても、スマホ対応になっていないところが多々みられます。すなわち、スマホ対応のサイトを開設していることも、他店と差別化が図れる1つの手段なのです。

人員 ホームページ制作会社とのやり取り1名
メリット
  • ヨガ、ピラティスの内容を写真などを使って伝えることができる
デメリット
  • ホームページを作成する際のコストがかかる(サーバー、ドメイン代、ホームページ制作代行料金など)
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る