看板広告集客は広告・集客の手法としては決して悪いものではありません。

メリットもあれば当然デメリットもあります。

アナログだからとか古いからではなく、メリットとデメリットや他の広告媒体との比較することで実際の効果も見えてくるはずです。

看板広告集客のメリット

看板広告集客にはメリットがいくつかあります。

メリットがあるからこそ、これまで続いていると言っても過言ではありませんが、メリットをいくつか確認してみましょう。

分かりやすさ

看板広告集客のメリットは分かりやすさです。

一面に必要な情報・イメージのみが掲載されていますので、看板を見た人は印象に残ることでしょう。

デザイン次第では閲覧者・目撃者の記憶に残り、大きな集客効果を見込めます。

特別な技術が必要ない

看板広告集客は看板を作るだけなので、特別なスキルは必要ありません。

看板を作成し、立てるだけです。決して特別なスキルが求められるものではありませんし、維持するために特別なセンスが求められるものでもありません。

看板広告集客のデメリット

メリットだけではなく、看板広告集客のデメリットも把握しておかなければなりません。

見てもらえるのかという問題

何よりのデメリットがこちらです。

先に「見てもらえばインパクトに残る」点をメリットに掲げましたが、あくまでも見てもらってこそです。

見てもらわなければ残念ながら宣伝効果はありません。

人通りが多ければ良いのかというとそれもまた別で、街の情報量が多ければ多いほど看板のインパクトが薄まりますし、かといって看板しかないような街は人口が少なく、交通量も少ないので見てもらう機会そのものが少ないことを意味しています。

見てもらうためのものが、なかなか効率よく見てもらえない点は大きなデメリットです。

どれくらい効果があるのか把握しにくい

看板広告集客はどれくらいの広告効果があるのか把握しにくい点もデメリットです。

看板広告を出してお客が増えたと思ったら、実際には看板広告を見たからではなく、人伝に聞いたから利用したというケースも珍しくありません。

誰がどれくらい見たのかが把握しにくいだけに、効率のよい広告展開が難しい点も看板広告集客のデメリットです。

劣化というデメリット

広告看板は歳月と共に劣化します。

新しい時には塗装も新しく、清潔なイメージを与えられるとしても歳月と共に古びたものになってしまいますし、雨露に晒されることになるので次第に塗料が薄まったり、あるいは清潔感が損なわれるので宣伝目的のはずが「汚らしい看板」というマイナスのイメージを与えてしまうことにもなりかねません。

ネット広告のメリット

広告・集客のメインはテレビからネットに移行しつつあります。

もちろんネットにもそれぞれメリット・デメリットがあるのでそれぞれをチェックしてみましょう。

まずはメリットです。

データを取りやすい

ネットはすべてがデジタルなので、閲覧者のデータが取れます。

どの時間にどれくらいアクセスがあって、どのような反応を示してくれたのかまで全て把握できますので、より的確な広告展開が可能です。

自社のターゲットが見ていない時間には広告を出さないことも可能です。

誰もが見る可能性がある

看板広告は看板広告を見た人間だけにしか訴求できません。その点はネット広告も同様ですが、看板広告は動きませんので、看板広告が見える場所を通らない人にはまったく届きません。

その点ネットの場合、様々なサイトに広告を掲載することができますので、誰にでも見てもらえます。

ネット広告のデメリット

ネット広告にもデメリットがいくつかあります。

メリットとデメリットの双方をしっかりと把握しておきましょう。

ネット世代には当然でも…

ネットが当たり前の世代に対してはネット広告はとても効果的ですが、ネットを利用しない層もいます。

ネット広告にどれだけ力を入れたとしてもネットを見る端末を持っていない層には残念ながら広告は届きません。

難しいと感じる人も

看板広告と比べて、ネットでの広告は難しいと感じている人も多い模様です。

特別な技術がなければネットで派広告さえ出せないというイメージをお持ちの方も多いため、敬遠してしまっているケースも見受けられます。

昔ながらの会社や企業は看板広告の業者には伝手があっても、ネット広告業者の伝手はどこにあるのか分からないため、ネット広告という選択肢そのものがない会社もあるようです。

集客は時代の流れを読むことも求められる

看板広告、そしてネット広告のメリットとデメリットを挙げてみました。

しかし、これだけではなく「時代の流れ」も考慮しなければなりません。

ITの進化のスピードは速い

ネット広告だけではなく、ITというジャンルそのものの進化のスピードはとても速いです。

例えば検索エンジンも、かつては文字しか識別しませんでしたが近年はスマホであれば位置情報を把握し、検索した言葉と場所、さらにはそれまでの検索履歴等から「検索者が何を求めているのか」を割り出して的確な情報を表示します。

つまり、営業活動することなく、自社にマッチしているお客には勝手に広告が表示されるようになっているのです。

ネットが当たり前の層が増えているからこそ

ネットが普及したのは2000年以降ですが、爆発的に普及したのはスマートフォンが普及し始めた2010年代からです。

これからさらに「スマートフォンが当たり前」「ネットが当たり前の世代」が増えていきます。

つまり、ネットはもはや一部の特別な人間だけの物ではなく、誰にとっても当たり前の物になります。

データを取れるネット広告は、これからの時代の主流になると言っても過言ではないでしょう。