経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

SEO対策を実施すれば店舗の利用者数を増やすことができます

効果的な集客方法とは

店舗経営による収益をアップさせるには、より多くの顧客を獲得できる集客方法を考える必要があります。

ここではインターネットを活用した集客方法について詳しく説明します。

SEO対策で顧客を集める

検索エンジンで、店舗ホームページを多く露出させることを目的とするSEO対策は、キーワード選定が重要。店舗の業種に関連したキーワードをいくつか挙げ、その中から集客率が上がりそうなものを選定して実情を調査し理解しましょう。

検索キーワードは、いわゆるユーザーが求めていることが視覚化されたものと思って下さい。

なぜなら、キーワードと店舗が持つ強みを如何にしてマッチングさせられるかが店舗ホームページを上位に表示させるカギとなるからです。

また、キーワードは1つだけに絞らず、組み合わせることでアクセス数増加が見込めるサブのキーワードをいくつか選定しておいた方が良いです。

キーワード組み合わせ例

例)店舗の業種【メインキーワード】+コスパ、技術高い、美味しい、etc…【サブキーワード】

また、キーワード選定は店舗を構えている地域名を含めるのも大切です。

地域名をプラスしてあげれば、店舗から近い場所にいる見込み客を引き寄せやすくなります。

逆に、店舗から遠く離れた地域を選定して集客を行なっても、収益がアップは困難を極めます。

あなたが著名な人であるなら話は別ですが、極力店舗を構える県名や市名にフォーカスしましょう。

SEO対策で利用するメインとサブキーワードが決まったら、ライバルとなる店舗や企業サイトはどれくらい出てくるのかチェックしましょう。

キーワードによって、表示される店舗・企業サイトの数は変動します。

利用予定のキーワード検索で、大量にライバル店舗や企業のサイトが出てきてもあきらめてはいけません。

そのキーワードで多くのサイトが出てきたら、ネット集客で強い力を持っている証明となります。

それに、ライバル店舗のサイトをチェックして売上率や利用者数、店舗利用者の世代・性別、店舗コンセプトなど確認しておけば、それらをヒントに集客率をアップさせるための対策を考えられるのは勿論、組み合わせるサブキーワードによって検索の上位表示に持っていける可能性を見出せます。

アクセス者数をアップさせるためには、単純に検索キーワードに頼るのではなく、店舗ホームページ内文章にユーザーのニーズに沿ったタイトルやキーワードを含めるのもアリです。キーワード選定やライバルの調査など、きちんと行なっていれば店舗利用者数が増える可能性は大幅にアップするでしょう。

よく聞くコンテンツSEOとは?

現在ホームページ作成の主流となりつつあるのがコンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは端的に言うと従来のSEOとは違い良質なコンテンツで検索順位を上げていくことです。

従来のSEOではGoogleのアルゴリズムの抜け道を探し、順位を上げるやり方が通用していました。

あまり褒めらたものではありませんが、そういった知識を持っているサイトの方が順位が高かったのです。

しかし、現在はGoogleの進化によって、そういった抜け道が限りなく少なくなってきました。

訪問者(読者)にとって有益な情報を与えられるサイトが評価されるようになってきました。

そのために生まれたのがコンテンツSEOです。

どういったものがユーザーに刺さるのかを考え、その回答となる答えを提供できるようなサイトを作成しましょう。

コンテンツSEOで重要なポイント

  1. 良質なコンテンツを作成
  2. あきらめない継続力
  3. 分析し実行(トライ&エラー)

この3つを意識することでユーザーのためになるサイトが作れるようになります。

SEO対策は外注したほうが良い?

SEO対策は少しの知識が必要です。

勉強しながら自分たちで行うことがベストです。

しかし本業の傍ら勉強して、対策を行うとかなりの労力が必要となります。

まずは自分でやってみて、なかなかうまくいかない場合は外注するのも一つの選択肢だとも言えます。

費用に関しては本当にピンからキリまでありますので一概には言えません。

外注はその担当者次第になりますので、人選は注意しましょう。

O2Oマーケティングを導入

ネットサービスが普及した現在では、多くの店舗がSEO対策の他にO2Oマーケティングを活用して店舗集客を行なっています。

O2Oマーケティングとは、インターネットと実店舗との間で発生する購買行動をサポートするサービスを意味します。

このサービスを活用すれば、利用者は購入を希望しているものを簡単にピックアップできるのは勿論、実際に店舗で商品を確認した上で購入できます。

O2Oマーケティングには、色んな形式のサービスが存在しており、それぞれの店舗に沿って最適なサービスの導入を実現できるのです。

  • クーポン利用

実店舗で利用可能なクーポンを店舗ホームページなどで配布して、店舗集客を図る。

  • ECサイトと連携

実店舗とECサイトのどちらかで買い物をした場合に受け取れるポイントを一括化して、どちらでもポイントを電子マネーなどで活用できるようにする。

  • ゲーミファケーション型

実店舗来店回数に応じて、店舗公式アプリ上でポイントを贈呈する。

  • 位置情報機能と連動

スマホやタブレット端末に装備されている位置情報機能を利用して、特定の場所を訪れた顧客にポイント・クーポンを贈呈する。ポケモンGOが良い例

  • SNS連動型

顧客がSNS上で、店舗を利用した感想を発信してもらう。

  • QRコード活用

店舗のチラシや看板と言った広告物にQRコードを掲載し、そこからSNSを通じてアクセスしてきた顧客にサービス内容発信・限定クーポンの配布などを行なう。

あらゆるパターンの方法があるO2Oマーケティングを見る限り、実店舗とネットは切っても切り離せないほどの関係なのは明白です。

アプリで共有できるクーポン、ECサイトと連携してポイントを共有できるサービスなどは、多数の店舗で活用されています。

店舗の規模に見合ったマーケティング方法を見つけて実践すれば、顧客の購買機会を逃しにくくなります。

また、他の店舗ではどんなO2Oマーケティング方法を実践しているのか調べた上で、違った方法を実践するかを決めるのも有効です。

集客効果につなげられるネットサービス

  • ネット利用のマーケティングが一般的な現代では、色んなネットサービスが存在します。そのため、ネットサービス導入を考えると、集客に最も適しているのかわかりにくいものです。そこで、手軽に導入できて着実に顧客数増加が見込める可能性が高いサービスを選びましょう。
  • Googleマイビジネス
  • 複数のGoogleサービスを集めたネットサービスで、電話番号・営業時間など店舗情報をマップ上に表示できるため顧客獲得にとても役立ちます。

  • エキテン
  • 多くの口コミやランキングがチェックできる店舗系情報サイトで、色んなジャンルの店舗に対応可能です。無料で利用できるので、低コストで高い集客効果を発揮できるため利便性は高めです。

他にもまだまだある!【目的別にチェック!】店舗の売上をアップさせる方法

 

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る