経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

HOME/ 【目的別にチェック!】店舗の売上をアップさせる方法/ 【顧客満足度アップ】メルマガ・DMを配信

【顧客満足度アップ】メルマガ・DMを配信

メルマガ&DMは、リピーター集客を狙うツール

メルマガ(メールマガジン)やDM(ダイレクトメール)は、お客様の顧客満足度アップに重要なツールであり、リピーター集客の効果も期待できるツールでもあります。

「最近、あのお客様が来なくなった」という対象者へ出すこともあれば、お誕生日や出産・結婚祝いなどのイベントごとに出すのが主な利用方法でしょう。エステサロンやヘアサロンなどの美容サロン系、スクール・お稽古ごとなどでよく用いられる手法です。

また学習塾や予備校でも、かつて通っていた生徒がそろそろ進学・受験になるのを見計らって出すということもあります。

メルマガは自分でも作成できますが、ノウハウなどがなければ件名を見ただけで削除されてしまい、集客効果は期待できません。内容も含め、しっかりとした戦術で送信することが求められます。最近ではメルマガ代行サービスなどを提供するホームページ制作会社も出ているようです。

一方、DMはライティングスキルだけでなくデザインスキルも求められます。圧着はがきの普及により、多くの情報を掲載できるうえ郵送コストを抑えられるようになりましたが、受け取った側の気持ちとしては、封書に手書きでご挨拶されていたほうがうれしかったりするケースも。ターゲット層によって、ハガキと封書を分けることがポイントです。

費用 メルマガ:無料(代行サービス利用の場合1通10,000円)
DM: 155,000円+郵送料(コンサルティングサービス、発送代行、圧着はがきパックなどの場合)
必要人員 1名~(デザインや文章のクオリティの担保ができる人)
契約後の手間
  • DMは、サポーターや担当とのやり取り(約4回の打ち合わせ)
メリット
  • 多くの人に目に留まりやすい
  • お店の特徴、強みを伝えやすい
デメリット
  • 【メルマガ】開封率が上がるような件名にすることが必要
  • 【メルマガ】代行サービスに頼っても、スタッフの確認が必要である
  • 【メルマガ】発行頻度の調整が難しい(発行頻度が高いほど解除率が高い)
  • 【DM】ターゲットユーザーを限定できないので、新規顧客の獲得に繋がりにくい(目に留まるキャッチがなければ廃棄・削除)
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る