経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

【新規】フリーペーパー・チラシ

地域密着型のフリーペーパー&チラシで新規集客

インターネットの躍進により最近は費用対効果が低くなっているとはいえ、フリーペーパーやチラシによる集客はいまだ根強いものがあります。

特に中高年層には、紙媒体に掲載されていることで安心感と信頼感というイメージが強く(チラシは新聞折り込みの場合)、こうした年代をターゲットとしたスクールやお稽古ごと、スポーツクラブなどの新規集客には効果が期待できるといわれています。

フリーペーパーとチラシのメリットといえば、多くの人々の目にとまるうえ、ターゲットが絞りやすいことでしょう。配布エリアが限定されるため、その地域の方には広く周知できるという点が魅力です。特に新規開業のお店であれば、短期間で周知されるというメリットがあります。

一方でデメリットも存在します。特にフリーペーパーの場合、一般的な掲載枠である1/4スペースで表現できる文字数は、多くて400文字程度。写真画像も入れたほうがインパクトはありますから、実際は400文字より少なくなります。

この文字数で、お店のサービス内容や強みを十分に伝えるのは、かなり至難の業でしょう。また、即効性はありますが、掲載期限が限られているので継続性がないのが難点です。

他にも、クーポン目当ての新規顧客だけが増え、リピーターにつながりにくいという点も挙げられます。

一方、チラシの場合は新聞折込であれば配達の手間はありませんが、自分でポスティングするとなれば、かなりの苦労。1,000枚配布しても反応は2~3人ということもあるので、費用対効果のジャッジが難しいところです。

広告掲載は、必ず費用対効果の測定を!

フリーペーパー・新聞折込チラシに出した際には、必ず費用対効果をチェックしましょう。効果の少ない媒体に広告費用を払い続けるのは無駄です。

顧客に、どの媒体を見て来店したのかをアンケートを取って数字を明確にして、効果が高い媒体に絞って掲載を継続していきましょう。

費用 フリーペーパー:150,000円(1/4スペース相当プランの場合)
チラシ:100,000円(カラー印刷1万部の場合)
必要人員 1名~(文章のクオリティの担保ができる)
契約後の手間 約5回の打ち合わせ(サポーターや担当とのやり取り)
メリット
  • ターゲットが絞りやすい
  • 多くの人の目に留まりやすい
  • お店の特徴、強みを伝えやすい
デメリット
  • 掲載期間が短い
  • 情報量が限られる
  • お店のオリジナリティや限定感を見つけ出しにくい
  • 電話予約の対応が必要
  • 飛躍的な売上の向上に直接結びつかない
  • 【チラシ】自分でポスティングする場合、時間と労力が必要
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る