経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

オウンドメディア集客

オウンドメディア集客のメリット

アクセス数の拡大がのぞめる

オウンドメディアは個々のコンテンツページに、対象となるキーワードを割り当てます。検索ボリュームが月間で50以下のニッチワードなら、SEOの競争は厳しくないので、記事内容さえ面白ければ短期間で上位表示されます。ニッチワードでアクセスを稼ぐ事は難しいですが、それを100ページほど積み上げる事によって、検索エンジンがサイト自体を評価してくれるようになります。

テーマを決めたページ作成、ニッチワードでのアクセスを積み重ねていくことでサイトに関するテーマ性が高まり、評価をされます。評価をされたら所謂ミドルワード、ビッグワードを狙いやすくなるので、狙う市場を定めながらページを構成出来れば、狙いたい市場ユーザーの獲得が出来ます。

メディア総体としての信頼感が得られる

大量のコンテンツをユーザーが見た時、それだけの労力をかけた企業だという認識が生じます。それは、単純に自社製品・サービスの情報を宣伝するだけのサイトとは一線を画します。

その自社製品・サービス全般におけるメリットやデメリット、選択基準など、ユーザーが必要とするコンテンツを提供する事によって、企業の十分な知識、謙虚な姿勢を持っている、という信頼を得る事が出来ます。

オウンドメディアの本来の価値とは、こういった信頼を獲得する事にあります。ユーザーが購入を決める時、どこのサイトからにするかを判断するのは企業に対する「信頼」です。

近年はあらゆる製品・サービスのコモディティ化が顕著になり、ユーザーにとってどのように選べばいいのか、分かりにくくなっています。

営業マンとの信頼関係によって製品・サービスが選択されるケースがあるように、インターネット上でもそのような関係が重要となります。

コンテンツを読んだユーザーから親近感を得られる

書き手の心情が反映されたコンテンツは、ユーザーは親近感を持って読みます。これはリピート訪問、また上述した信頼の獲得に繋がります。

親近感があるコンテンツという事ならブログと同じではないか?と思われがちですが、ブログは一般的に、日常などの載せたい事や気持ちを気軽に公開していくという、ライトユーザーへのアプローチが目的になっています。ビジネス用途のブログもありますが、あくまで企業としてではなく、担当者の個人的な感想などを投稿して親近感を持ってもらうというケースになります。

対してオウンドメディアは一般的に、あらかじめブランディングや売上アップなどの明確な目的で構築、運営をしています。

そのため親近感を滲ませたコンテンツのテーマや内容、更新のタイミングも計画しながら進められています。ユーザーに有益な情報メディアなのです。

リアル媒体への展開

マスコミは常に世間の話題になりそうな情報を探しています。ネットの検索もフル活動しています。上位表示しているコンテンツは記者の目に止まります。

それが良質なコンテンツであれば、出版社や雑誌社、TV局などからスカウトされる事があります。ネットだけで得ていた信頼が、リアル媒体へも道が開けると、一般にたいしてさらに信頼が広がるという事になります。

アクセス解析によるユーザー分析

オウンドメディアは情報収集検討段階から商品比較検討段階といった様々なユーザーが訪れます。

アクセス解析をすることで、どこの地域のユーザーがお問い合わせや購入といったコンバージョンに結びつきやすいのか、どの悩みを検索している方が実は情報検索の中でもコンバージョンしやすいのか等分析をすることが出来ます。

例えば「大都市圏でのサプリのコンバージョン率が悪いが地方でのコンバージョン率がいい」と見出すことが出来れば、大都市ではサプリを気軽に変える薬局が多く、web検索力が高いために、比較検討手段が多様である=コンバージョンがしにくいという仮説を立てられます。

そして、この分析結果を活かして次の施策として地域に絞ったリスティング広告施策を行う等、オウンドメディア強化だけでなく、分析運用次第では他施策との相乗効果を図ることが出来ます。

オウンドメディア集客のデメリット

初期コストが高い

そもそもオウンドメディアの基盤となるようなサイトを持っていない企業は、オウンドメディアを始める際に、まず作成しておかなければなりません。

もし、コンテンツのダウンロード等を予定していれば、個人情報の収集をする事があるので、セキュリティ導入は必須です。その場合の導入費用は高額です。信頼性の高いサーバを選択する必要があるからです。

加えて、ドメイン設定、webサイト設計、各ページデザインの制作費用などが発生するため、合計で数百万円単位の初期費用になってしまい、さらにwebサイト作成になれていなければ費用だけでなく、時間もかかってしまいます。

運用が大変

多くの企業は受注に繋がるリードを獲得したい、また獲得したリードの見込み客を育成したい、というテーマでオウンドメディアを始めているはずですが、そのためには少なくとも検索結果の上位2ページまでに表示される事を目標にするのがいいでしょう。

しかしインターネット上にはすでに大量な情報が溢れていて、コンテンツを載せるだけでは検索結果の上位に表示される事は難しくなっています。コンテンツ作成には、企画や編集・校正および入稿作業、スケジュール管理、効果検証など、さまざまな業務が発生します。

SEOについての詳しい知識、ノウハウが必要になってくるので自社での運用が大変、という事になります。

また、SEOノウハウだけでなく、どういったキーワードや市場が売上アップに繋がるのか、といったマーケティング観点での戦略が重要となる為、マーケター視点が必要になります。

すぐに成果は現れない

メディアを立ち上げる以上、なるべく多くの情報量が必要です。SEOで上位表示させる事も考慮に入れると、最低でも150ページは必要になってくるでしょう。
このコンテンツの作成が、一番時間のかかる作業です。やはり半年は見ておいた方がいいでしょう。

そして、頑張って定期的なコンテンツの更新を継続したとしても、すぐに成果が表れるわけではありません。特に新規ドメインは、検索エンジンからの評価に時間を要します。検索結果に表示されるのには大体数か月~1年程の期間がかかるという事を、覚悟しておかなくてはなりません。

オウンドメディア集客成功の鍵

対策キーワード

上位表示を狙うために、まずページ数を増やさなければなりませんが、対策ワードが明確でなければ、成果は出ません。

オウンドメディアは自然検索での集客力が鍵になります。自然検索での流入を増やすためには、適切なキーワード選定を行う事が大切です。そのためには綿密な企画を立てる事が必要になります。

ターゲットユーザーの整理

ターゲットユーザーがどのような職務や立場、リテラシーを持つ人なのかを想定し、固めることによってユーザーニーズや課題を想定出来、それに必要なコンテンツを作りやすくなります。

購買プロセスの整理

購買プロセスとはユーザーが、製品、サービスに無関心→製品、サービスに必要性、または価値を認識→比較検討を経て購買。という一連の流れを言います。

この購入プロセスの最初の気づきは、何をどのように情報を提供すれば価値が出るのか、という事を把握すれば、コンテンツ作成の指針となるでしょう。

そのキーワードで検索する心理を想像する

購買プロセスの整理において、ユーザーが検索するであろうキーワードを想像します。商品そのものを知らない潜在的なニーズを持っているユーザーが、何となくあたりをつけて検索しそうなキーワードを探す、また検索エンジンに打ち込んだキーワードに表示されるサジェストキーワードを探すのもいいでしょう。

購買プロセスとキーワードに基づいたコンテンツの作成

共通したキーワードのテーマで、キーワードカテゴリーを作ります。構造はトップページから一階層目、二階層目と下に下りるにしたがって枝分かれしている「ツリー型」を心がけましょう。サイトのテーマ性について、検索エンジンから正しい評価を受けやすくなります。ユーザーも目的のコンテンツに辿り着きやすくなります。

オウンドメディア運用体制

運用をしていく上では必要な人材とは最低4人分のリソースが必要です。

・サイト状況と検索結果画面、競合サイトを照らし合わせ、どんなキーワードで対策をするべきか選定していく、SEOアナリスト

・どんなコンテンツが有効か、ユーザーニーズを踏まえて調べて構想を練り、SEO面でも考慮しながらコンテンツに落とし込んでいくWEB編集者

・WEB編集者からもらったコンテンツ案を書き上げていく業界に精通したライター。

・ライターが書き上げたものを編集者が構成した内容をサイト内に落とし込み、アナリストから指示を受けたサイト構成をサイトに反映させるコーダー

こういった、それぞれ専門家の担保をしなければユーザーが集まるオウンドメディア、集まった後のユーザーにサービスを利用してもらうまでのマネタイズに繋がらせることが出来ません。

失敗するオウンドメディアは上記のような専門家、体制が揃っていないがために発生します。逆にこの体制を作り上げることが出来れば、成功への土台が固まっていると言えるでしょう。

オウンドメディア集客は全研本社で

全研本社株式会社バリューイノベーション事業部では、5500を超える情報サイト・オウンドメディアの運用を通して各クライアント様のwebマーケティング戦略を描いてきました。

各業界に特化したサイト制作・運用体制を整えており、医療・薬機法関連などへの専門家も在籍。また、より強固な運用体制とすべく沖縄にもオフィスを構え、より多くの専門家ライターを抱え込み、様々なニーズに応えられるよう、「ライターステーション」などといったサービスの展開もしています。

web上やリアルな市場やその競合状況によって見合ったwebマーケティング戦略は変わってまいります。お問合せ頂きましたら、ご連絡をさせて頂きまして詳しい状況をお伺いできればと存じます。

このページを見た人はこちらもチェックしています

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る