経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

ポータルサイト集客

  • ニュース/ショッピング/検索など全ての総合的サービスができるサイト
  • 地域に密着した情報を配信しているサイト
  • ひとつに決められたテーマに沿ったサービスを提供してくれているサイト

など、いくつかに種類が分かれています。

ポータルサイトに掲載させてもらうことによって、それを利用するために集まった多くの人に自社の紹介していくことで集客が出来ます。

まだお店を始めたばかりの方には、自社を知ってもらうためにも、とても有効な手段のひとつですが、掲載を検討しているサイトがどれくらいの人が利用するのか、どんな人が利用するのかを確認しておくことが大切です。

また、最近ではこのようにポータルサイトに掲載してもらい集客しようと考える方が増えているので、他の競合と比較されます。掲載の際は、優先枠に掲載が出来るのか、自社は他の会社と差別化出来るポイントがあるかどうかが、集客率が上げる鍵でしょう。

ポータルサイト集客には業界に特化したポータルサイトを使おう

各業界のお店やクリニックなどを比較できるポータルサイトへの登録も、新規集客の効果が期待できます。

美容サロンなら「おすすめサロンナビ.com」「Supernatural」「ビューティーパーク」、病院・クリニックなら「マイクリニック」「メディココンサルティング」、学習塾なら「塾ナビ」「塾・予備校ナビ」などが有名なポータルサイトです。

店舗やクリニックの基本情報、利用者の口コミ評判などが掲載されているほか、ポータルサイトによってはパソコンやスマートフォンから予約代行サービスを設けているところもあり、新規集客の効果が期待できます。

また、自社ホームページを持っていないような中小規模のお店が、ホームページ代わりに使っているというケースもあるようです。

一方で、割高な広告宣伝費用がかかる、途中キャンセルができない、サイトによってはクーポンを必ず付与しなければいけないなどの制約があることも。掲載している内容と実際のお店にブランクがあると「実態が違う!」と評価サイトでたたかれ悪評を立てられることがあるので要注意です。

また、ポータルサイトに訪れているユーザーは情報を探しているというニーズがまだ浅い為、売上に結びつきにくい、キャンセル率、無断キャンセルが多い、資料請求ばかりになってしまうといったデメリットがあります。

基本的には、ほとんどの企業がポータルサイトに登録をしておきつつ、リスティングやSEO、SNSといった他のWEB広告と併用していることが非常に多いです。

ポータルサイト集客のメリットデメリット

費用 171,666円(雑誌1/4スペース相当プランの場合)
必要人員 2名~(文章のクオリティの担保ができる人、予約の確認やネット顧客の対応ができる人)
契約後の手間
  • 約5回の打ち合わせ(サポーターや担当とのやり取り)
  • ネット顧客の予約・対応管理スタッフにシステムの操作方法や管理・運用方法を理解させること
メリット
  • 新規顧客獲得につながる(若年層の取り込み)
  • WEB予約システムを使える
  • 電話予約による対応時間の削減
  • 予約の取りこぼしを防ぐ
  • ホームページの代用になる
  • 顧客や求人応募者にネット掲載されている安心感を与える
デメリット
  • 広告宣伝費用がかかる
  • 媒体によっては、途中キャンセルおよびプランダウンの変更ができない
  • そのお店のオリジナリティや限定感が見つけにくい
  • 初回限定クーポン利用客が多いので、リピート率が低い
  • クーポン導入で客単価が下がる、掲載しないとサイト内評価が下がる
  • キャンセル率は約20%
  • 年齢層が下がり、高齢層の上客定着率が落ちる

このページを見た人はこちらもチェックしています

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る