経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

ポスティング集客

ポスティング集客のメリット

視認性が高い

は誰でもポストの中を確認します。中に入っている広告を、受取人は必ず一度は目にします。こうした要、不要の判断をされるという生活行動にこそ、ポスティングメリットがあります。
見て読む→読んで頭のどこかにインプットされる→いずれ行動する時にその広告を思い出す→広告主に行動する。今すぐでなくても、こういった流れの可能性は十分あります。他の広告とは違い、視認性が高いと言えるでしょう。

配布物を自由に選択出来る

郵便受けに入るものであれば、カタログやパンフレット、サンプル品など、ポスティングはチラシ以外にも様々な物を配布出来る自由度があります。年賀状クリスマスカードなどもポスティングして、住人の目を引くといった戦略もあります。

エリア、ターゲットのセグメントが出来る

自社で売りたいサービスがある場合、エリアを選んで直接ポスティング出来るのはもちろん、反響を望みたい家を想定してのポスティングも可能です。
「ファミリー層」「特に学生が多い地域」など、限定的なアプローチをする事によって、より効率のいい宣伝と、コストカットが出来ます。

継続的なアプローチが出来る

継続してポスティングする事で反響が出やすいエリアや世帯などが判明してきます。さらに認知度の向上、潜在顧客の顕在化、顕在顧客のリピートなどの効果が期待出来ます。

ポスティング集客のデメリット

信憑性が薄い

明らかに怪しい(例えばアダルト系など)チラシが入っていたりすると、ポスティング広告自体に良い印象を持っていない人がいる場合があり、自社の広告も同じように思われる可能性があります。
また同業他社が同じようなポスティング広告を行っていると、その会社と混同される可能性があり、なかなか信憑性に欠けてしまう、という事もあります。

1日あたりの配布量が限られる

慣れた人でも1日あたり2,000~2,500枚の配布が限界と言われています。一斉に大量配布をしたい場合は時間と日数がどうしてもかかってしまうため、ポスティングは向いているとは言えません。

天候に左右されやすい

配りたい日が決まっていたとしても、大雨や雪などの天候によって、ポスティングが難しい日がどうしても出てきます。また酷暑や酷寒の時期は、効率的な配布が難しくなってしまいます。

クレームが来る場合も

ポスティングお断りステッカーが貼ってあるのに配布したり、マンションなどを管理している人に無許可で配布したり、入れ方に問題があったり(折れている、複数枚入っている、雨で濡れているなど)、夜に配布したりなど、もし非常識な行為があった場合、クレームが来るのは当然ですが、そうなると対応や処理に手間が掛かります。 業者やアルバイトに頼んだ場合は、配布状況が確認しづらいため、きちんと取り決めをしておく必要があります。

ポスティング集客成功の鍵

商圏内の特徴は把握しておく

まずターゲットとする人々の住む地域性を把握しておく事が重要です。
そのためにエリアマーケティングシステムを導入して、商圏分析と商圏調査を行うのもいいでしょう。具体的な消費者数を知り、効率的に市場のイメージを掴む事が出来ます。

しかしその地域に実際に足を運んで、町並から知るのも地域密着型ビジネスならでは。例えば学生街やファミリー層、セレブ層など、その地域の家並みや服装や雰囲気の傾向を、何となくでもいいので把握しておきましょう。
把握しておけば、新たに広告を配布する時、この広告ならあの地域がマッチする、と想定出来、効率がよくなります

せっかくいい広告を作っても、その地域にまったくそぐわなければ意味がありません。闇雲にポスティングしてコストと時間を無駄にしてしまう事になります。
商圏内に住んでいる人々に適切なアピールが出来るよう、日ごろから調査しておくと、今ニーズがある人はもちろん、将来的にニーズがある人にも効果が見込めます。そうする事によって、売上アップに繋げる事が出来ます。

ターゲットの選定

商圏内の中から、自社の商品を販売したいターゲットを具体的に選定します。
家族形態、年代、就業状況などを総合的に考えて、商品がアピールできそうな消費者層を設定しましょう。セグメント化された層に集中的なアピールをする事が可能になります。

継続が必要

たった1度のポスティングでは、集客効果に繋がりにくいものです。 自社の認知→興味を引いておく→来店しもらう、といずれそういった流れになるよう、ポスティングを繰り返すことが大事です。

広告デザインには工夫を

自社の認知のためにはまず広告を見てもらわなければ、何度繰り返しても効果には繋がりません。広告にはターゲットにとって有益な情報が載っている必要があります。

商圏の特徴情報をもとに、その地域の好みそうなデザイン、またキャッチコピーや書き出しなど工夫をし、商品やサービスをアピールしましょう。興味を持ってもらえるとwebサイトを見る、問い合せする、などのアクションに繋がります。

配布日は被らせない

配布日が被ると多数のチラシの中に紛れ込んでしまい、見てもらえない可能性があります。しかしポストの中にチラシが1枚のみ入っていたら、確実に目に留めてもらえます。
大体週末に向けてのタイミングでの、金曜日の配布が多い傾向がありますが、見ずに捨てられる可能性が高い曜日でもあります。配布する曜日はずらす事も大切です。

常に改善点を見つける努力をする

ポスティングはチラシの内容や配布する曜日、ターゲットとする地域など、効果を確認しながら見直し、改善点を見つける事が重要です。効果の出ていない広告を配り続けても反響には繋がりません。

ポスティングは今すぐ客、そのうち客に関わらず、商圏内では宣伝出来ますが、今すぐ情報が欲しい、業者を探している、といった切羽詰まった今すぐ客にはそういった検索をするwebサイトで、ユーザーにアプローチをする施策を行った方がよいでしょう。

地域特化した情報サイトを導入して相乗効果を狙う

全研本社株式会社バリューイノベーション事業部では、5500を超える情報サイト・ポスティングの運用を通して各クライアント様のWEBマーケティング戦略を描いてきました。各業界に特化したサイト制作・運用体制を整えており、医療・薬機法関連などへの専門家も在籍しております。
また、より強固な運用体制とすべく沖縄にもオフィスを構え、より多くの専門家ライターを抱え込み、様々なニーズに応えられるよう、「ライターステーション」などといったサービスも展開をしています。

WEB上、リアルな市場やその競合状況によって見合ったwebマーケティング戦略は変わってまいります。お問合せ頂きましたら、ご連絡をさせて頂きまして、詳しい状況をお伺いできればと存じます。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る