経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

不動産オウンドメディア

不動産オウンドメディアの成功方法とは

オウンドメディアという言葉が流行ってはいますが、色んなコンテンツを追加するだけで集客が出来る、という魔法のツールという認識がある経営者、集客担当の方がいらっしゃいますが違います。

また弊社も数多くのオウンドメディアを制作運用をしておりまして、他社様のオウンドメディアをよく参考にさせてもらっています。
しかし、オウンドメディア業者の多くがマーケティング視点、ペルソナ視点を崩壊させながら運用をしているのを目にしています。そこで一部ノウハウをここに公開を致します。

このオウンドメディアを誰に届けるのかを再確認

オウンドメディアを作る目的は多くのユーザーの目に留まらせることによる集客とブランディング、自社の認知度向上にあるかと思います。そこで重要なのがどんなユーザーに届けるのが一番売上に繋がるのかを確認しておきます。

家族構成、年収、職業、どういった不動産を購入したいのか、その購入する不動産は家族だけで住むために買うのか、2世帯住宅として住むために買うのか等、しっかり再確認をしておきましょう。

確認をすることで、例えば新しくその地域に一戸建て住宅を購入しようと考えるユーザーはどんなことを気にして情報収集するのかイメージが湧きます。そのペルソナがwebで情報収集をした際には地域の税金なのか、土地の価値の値上がり、地域開発の状況なのか、子育てがしやすい地域なのか等、対策しておくべきコンテンツが見えてきます。

また、実際に来店されるお客様にどんなことを気にされてながら来店するに至ったのか、情報検索をする時どんな情報を探すときに苦労をしたのか聞いてみるのもよいでしょう。
特に探しにくい情報は、web上に公開をされていない情報にもおなるので、そのコンテンツを作成することがgoogleからの評価を受けることにもなりますし、ユーザービリティの高い記事を提供することによって、その記事を閲覧したユーザーを獲得することが出来ます。

自社の商圏や強みを理解したオウンドメディア運用を行う

商圏を意識した運用を心がける理由

一般的な不動産情報の発信をするだけでは、他社の不動産オウンドメディアと同じ戦略になり、googleから評価もされづらければ、ユーザー受けするコンテンツとしても提供をすることは出来ません。

また、不動産オウンドメディアを展開する時には地域性、自社の商圏を考慮したコンテンツの作成を心がけましょう。
商圏内の例えば土地の話や税金の話に関するコンテンツであれば自然と地域について知りたいユーザーに限定することが出来ますが、どの地域にでも言えるコンテンツを作成してしまうとペルソナがぶれるだけでなく、集客対象外のユーザーが流入してしまう割合が多くなります。

一般的に検索キーワードの検索数は地域別にみると人口割合に則り分布をしていることが非常に多いです。どんな検索キーワードでも大抵は「東京都」「大阪府」「愛知県」がトップ5ぐらいで検索をしており、後は関東圏内の都道府県ユーザーが検索をしている傾向があります。

ですので、特に地域密着型の不動産屋である場合にはもっと地域性を絞り込んだコンテンツを作る様に心がけることが必要です。

自社の強みを訴求した運用を心がける理由

ユーザーが住宅を買うとき、不動産屋を選ぶときの決定要因は一人一人によって違います。例えば「金額」「メンテナンス性」「その不動産屋ならではの独自物件」「不動産屋としてのブランド力」等。

その決定要因と自社の強みを照らし合わせつつ、競合と差別化を図れる部分を抽出し、それに対してのコンテンツを作成することが、不動産オウンドメディアで成功する秘訣となります。

その不動産屋ならではの独自物件が知りたい、というのではあればどういったパイプがあるのかを具体的に書き上げてみてもよいでしょう。
実際にどの不動産会社も独自パイプがあると謡っているところは多いですが、実際にどんなパイプがあるのか、どんな仕入れをしているのかと具体的なところまで書かれていない為、ユーザー視点からするとお決まりのPR程度にしか見えません。
であれば、もっと具体的に書くことで、リアル感を出してあげて、ここの不動産屋に行けば他社にはなかった自分だけに合う物件が見つかるかもしれないと思ってもらえる可能性があります。

記事の追加だけでないSEOを意識した内部施策

記事を追加し続けることがオウンドメディアである、という運用に意識が向きがちですが、結局は様々なキーワードで上位表示が出来ないと見てもらうべきユーザーに情報を届けることが出来ません。

対策方法として、分かりやすい例でいうと、記事一つ一つの「タイトルタグ」と呼ばれるものを確認して、同じようなキーワードを盛り込んでいる、重複したタイトルがあれば別のタイトルをつけるようにしましょう。

タイトルは上位表示させるにあたって、こういった検索キーワードを打っているユーザーに上位表示をさせたいというgoogleに意思表示をするようなもの。
googleの意思としても折角ユーザーが悩みを持って検索をしているのであれば、その検索ワードに対して色んなサイトを見せたいと考える為、同じタイトルのページがあるとどちらを上位表示させるべきか迷い、結果上位表示をさせないということもある為です。

不動産オウンドメディア制作運用なら全研本社で

全研本社が制作運用するオウンドメディアはペルソナに寄り添い、クライアント様の強みとユーザーの購買決定要因に合致させた制作だけでなく、取るべきユーザーへ効率的にアプローチをするマーケティング観点の元、運用を行っています。

すでに5500サイト以上の制作運用をしており、そのノウハウ通して、多くの地域の不動産会社様の集客支援、ブランディングに貢献をさせて頂きました。

具体的な戦略に関しては地域性やユーザーニーズ、競合状況によって変わってきますので、詳しい状況をお聞かせ頂きながら最適なwebマーケティング戦略をご案内させて頂ければと存じます。

このページを見た人はこちらもチェックしています

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る