経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

HOME/ 【目的別にチェック!】店舗の売上をアップさせる方法/ 【認知度アップ】Webサイトの作成・SNSの利用

【認知度アップ】Webサイトの作成・SNSの利用

ホームページとSNSで売上アップを狙うには?

ホームページ

ホームページは、今やほとんどの企業が開設しており、なければ認知度も上がらず集客も売上アップも期待できないとさえいわれています。しかし使い方を誤れば、せっかく開設しても何の効果も発揮しないツールになってしまいます。重要なのは、SEO(検索エンジン対策)です。

SEOとは、GoogleやYahoo!など検索サイトで上位に表示させるための対策のことをいいます。例えば、中小企業で「美容サロン 新宿」というキーワードで自店が1ページ目に表示されていれば、SEOは大成功でしょう。ただ、中小企業の場合、企業名・店名を入れても1ページ目に表示されないところもあります。

よくあるのが、無料のホームページビルダーを使って自分で作成したケース。また、プロに作ってもらったけど更新を一切していないケース。いずれも、医療クリニック系やスクール系に多く見られます。ネット集客に頼るなら、専門知識と実績のある制作会社に作成してもらうことが近道です。

スマホに対応することが集客アップへの近道

【今後もスマホの普及率は上昇する】

スマートフォンは現在爆発的に普及しており、携帯電話を所有している方のほとんどはスマートフォンを活用しています。その結果スマートフォンを利用することで、さまざまな情報がどんな場所でも簡単にチェックできるようになりました。
そのため店舗集客を試みる際はインターネットサービスを活用し、より多くの人に店舗の存在をアピールすることがとても重要です。

【利用者が見やすいサイトを作ることが大事】

ホームページをただ作っても、操作性や内部構成が悪いと十分な集客効果を発揮することはできません。
レスポンシブWEBデザインを利用してサイトを作っておけば、それぞれの端末に合わせて最適なレイアウトのホームページを表記することができます。
店舗集客のためにホームページを作成する場合は、利用者目線に立って表示サイズやデザインをよく確認しておきましょう。
またスマートフォンでパソコン用のサイトを閲覧すると、表示時間の遅さが原因で閲覧者の数が減ってしまうことが多いです。サイト表示にかかる時間を短縮しておくと、集客率を改善することが可能です。
ワンタッチで店舗に電話をかけれるサービスやナビゲーションシステムなどを導入しておけば、サイトの閲覧者がすぐに店舗へ連絡をとれるようになります。
インターネットサービスを活用して店舗集客を行なう場合は、いろいろな問題点を改善することで利用者が見やすいサイトを作れるように対応しましょう。

SNS

依頼する資金がない場合は、SNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど)を活用しましょう。利用は無料です。ツイッターならリツイート、フェイスブックなら「いいね」や「シェア」があれば、集客・売上効果が見込めます。とはいえ、効果はとても限定的です。よほどのことがない限り、効果は期待できないと考えた方がいいでしょう。

費用

Webサイトの作成:無料~1,000,000円以上
SNSの利用:無料

必要人員 1名~(ホームページは、デザインや文章のクオリティの担保、予約までの導線を確認できる人。SNSは、文章を書け、お客様に刺さるような写真が撮れ、情報を発信するのが好きで得意な人)
契約後の手間
  • 最低5回の打ち合わせ(ホームページを制作会社に、コンセプトやデザインなど依頼する場合)
  • システムの操作方法や管理・運用方法を理解させること
  • メールや電話による予約・問い合わせの対応
  • 効果を上げるため、定期的に記事やページの更新する(週1以上)
メリット
  • 若年層の新規顧客獲得につながる
  • お店の強みやオリジナリティなど、伝えたい情報を無制限で伝えられる
  • バイラル(ツイッターならリツイート、フェイスブックなら「いいね」や「シェア」)が起きれば効果的
デメリット
  • ホームページやSNSからネット予約へつなげるための導線が必要
  • 代行サービスに頼っても、確認するスタッフが導線を意識しなければならない
  • SEO(検索エンジン対策)を行わないとヒットされない
  • 地域を限定できないので、新規顧客の獲得に繋がりにくい
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る