経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

マツエク・アイラッシュサロン

マツエク・アイラッシュサロンの集客・売上アップのポイント

マツエク・アイラッシュサロンで集客・売上アップするためには、TwitterやFaceBookといったSNSをふんだんに利用すること。

TwitterやFaceBookを使っているのに、なかなか集客率が上がらない…という場合は、使い方を見直したほうが良いでしょう。

SNSの特性と言えば、人(=お客さん)との繋がり・信頼が強化される、情報が拡散されることにあります。

見込み客を取り入れることは難しいですが、既存のお客さんや新規のお客さんを呼びこむにはピッタリなツールなのです。

マツエク・アイラッシュサロンの集客・売上をアップさせるには

集客方法はどれか1つだけではなく、複数の方法を取り入れていきましょう。集客や売上を上げる方法をいくつかピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

SNSを利用する

TwitterやFaceBookを利用する際には、お得な情報をどんどん発信していきましょう。

ここで注意したいのは、その日あったことばかり書くのはNG。よっぼどスタッフさんに興味のあるお客さんじゃないと、その内容に食いつかないからです。

お客さんからしたら、サービスに関してお得な情報がないかが気になるところ。ブログ更新するよりも、お店の告知をしていくイメージで情報発信をしましょう。

著名なお客さんが来店した際には、許可を取ってアピールするのも手ですね。

人員 1アカウントにつき1名
メリット
  • 知らせたい相手にすぐにお店の告知ができる
デメリット
  • 書く内容に注意しないと興味を持たれない、炎上する

ホームページの作成or美容ポータルサイトに登録する

SNSだけでは事足りません。というのも、マツエク・アイラッシュサロンに行きたいお客さんは「このサロンはどんな雰囲気だろう?」「口コミ評判は良いのかな?」と、知りたい情報が多くあるからです。

そんなお客さんの知りたい!に応えるには、ホームページを作成する、もしくは美容ポータルサイトに登録することが必須。

ホームページや、美容ポータルサイトにサロンの情報がまとまっているだけでも「ここはこういうサロンなんだ」とイメージしやすくなり、お客さんから信頼感を得ることができるのです。

人員 テキストの品質を担保する人1名、運用者1名
メリット
  • サロンの雰囲気や独自性を出すことができる
デメリット
  • ホームページの作成・ポータルサイトの登録どちらも費用や人件費がかかってしまう

差別化を図るサービスの導入

他のマツエク・アイラッシュサロンにはなかなか見られない、新しいサービスや機器を導入していきましょう。

そうすることでお客さんの興味・関心を引くことができ、さらにはリピート率をあげることができます。

他店にないようなサービスを、どれだけお客さんに提供できるかが、集客・売上アップに繋がります。

人員 1名
メリット
  • 導入した機器にもよるが、マツエク・アイラッシュ以外の顧客を集客が期待できる
  • ターゲット層をしぼることも可能になる
デメリット
  • 初期投資が必要
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る