経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

ヘッドスパ

ヘッドスパサロンの集客・売上アップのポイント

ヘッドスパ経営で集客・売上アップするためには、専門性を高めることが重要。

頭皮や髪の毛周りに関する知識を深めたり、プラスαのメニューを導入することでお客さんからの信頼が強くなり、長期リピーターに繋げられるのです。

これはヘッドスパだからこそできる、集客・売上アップ方法。もっと他店と差別化したい!というオーナーさんは、下記の方法もチェックしましょう。

ヘッドスパサロンの集客・売上をアップさせるには

他店と差別化するには、いくつか方法があります。どんな方法があるのか、チェックしていきましょう。

頭皮・髪の毛に関する知識を深める

基本中の基本。ヘッドスパだからこそ、頭皮や髪の毛に関する知識を深めて、お客さんにアドバイスをしていきましょう。

知識が深いスタッフさんによる施術やアドバイスを貰うと、お客さんに「このスタッフさん・サロンになら頼める」と思われ、強い信頼感が生まれます。

強い信頼感があることで、お客さんはリピーターとなり、口コミを広めてくれる存在となるのです。

人員 お客さんに接するスタッフ全員
メリット
  • お客さんから強い信頼感が生まれる
デメリット
  • 専門的な知識を深めるまで時間・労力がかかる

頭皮・髪の毛に関するプラスαのメニューを取り入れる

ヘッドスパに通うお客さんは、頭皮・髪の毛に対する興味が高いと言えます。

その方々に刺さるものと言えば、やはり頭皮・髪の毛に関するサービスです。例えば頭皮チェックや毛穴ケア、頭蓋コルギ、ヘアケアの販売など。

いつものメニューを受けているお客さんに対して、新しいサービスを勧めれば、受けてくれる可能性が大。つまり顧客単価があがります。

かと言って何でも取り入れてしまうと、うまくいかない場合もあります。

それを防ぐにはまず、お客さんが頭皮や髪の毛に関してどういったことを望んでいるか、どんな悩みを持っているのか、声に耳を傾けてみましょう。

人員 お客さんに接するスタッフ全員
メリット
  • 顧客単価をあげられる
デメリット
  • お客さんのニーズが合わないと無駄になってしまう

さらに差別化を図るなら、リフレッシュ・小顔効果のあるマシンを取り入れてみるのもオススメです。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る