経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

メンズエステサロン

メンズエステサロン集客・売り上げアップのポイント

メンズエステサロンの集客・売上の鍵を握るのは、男性についてよく知ること

一見当たり前の様に思えますが、これができていないと、思っていたように集客ができなくなります。

逆に言えばここがしっかりできていれば、男性はお店を変えない傾向にあるため、リピーターを増やすことができるのです。

肌質は女性と違うため、マッサージの仕方や使用するアイテムも男性に合うものでないといけません。

もちろん好みも違ってくるため、香りやお店の雰囲気にも気を付けないといけません。

よく女性スタッフが対応すると、男性のお客さんに喜ばれると言うのがありますよね。

これも間違いではありませんが、同性のスタッフの方が気兼ねなく通えるというお客さんもいます。また男性ならではの悩みや要望を理解し、それをサービスとして取り入れることができれば、よりお客さんを取り込んでいけるでしょう。

メンズエステサロンの集客・売上をアップさせるには

ターゲットをしっかり定める

サロンの雰囲気や接客対応をどんな方向にするか決める際には、ターゲットをしっかり固めることが大切。

同じ男性でも年齢層はどのくらいか、どのくらいの価格設定で来てくれるお客さんがいいか、そのお客さんにあった雰囲気はなにか…というのが違ってきます。

また年齢層によっては、メインでアピールする場所もネットや紙媒体と違ってきます。ここは手を抜かずに、慎重に決めていきましょう。

人員
  • スタッフ全員(お客さんの声を吸い上げるため)
メリット
  • リピーター増加につながる
デメリット
  • ターゲットがブレると集客が難しくなる

他店にはないサービス・機器の導入

最新の機器や独自のサービスの導入も、お客さんの興味を引くことができます。

集客を目的にするよりも、まず興味を持ってもらうことを目的にすると良いでしょう。

通ってくれるお客さんに新たなサービスを紹介し、気に入ってもらえれば客単価をあげることができます。

人員
  • 機器の取り扱い1名
メリット
  • 新規顧客・リピーターを獲得できる
デメリット
  • 機器を取り入れた場合、初期費用が大きくかかる

具体的な施策方法

では具体的にどういった施策があるのかを紹介します。

「集客方法」はいくつもありますが、具体的にどういう理由があって行うのかを理解することが大切です。 それでは効果的な集客方法に関して紹介します。

チラシ配布

チラシ配布です。 一見古典的なやり方ではありますが、メンズエステに限らず効果が高い集客方法です。

特にメンズエステなどは口コミで広がりずらい業界です。

店前でチラシを配るだけでも認知度上昇に貢献できます。

キレイな女性に配ることで集客力は上がると言われていますが、重要なのはそこではありません。

ポスティングをする意味はあくまでもお店を知ってもらえるきっかけになる有効手段だということを覚えておきましょう。

※チラシ配布にはポスティングや外販促も含みます。また外販促には道路使用許可所が必要になりますので注意してください。

人員
  • 1名から2名
メリット
  • 周辺地域エリアでの認知向上
デメリット
  • 人件費がかかる
  • ポスティング会社などに依頼すると別途費用が掛かる

>>具体的なチラシでの集客に関しての詳細はコチラから

ポータルサイト

男性でもポータルサイトの登録は有効です。

最近の消費者はどの業種でも安いものやいいサービスに巡り合うため、すぐに検索を行います。

その際にしっかりと露出することで候補に入ることができます。

また最善の手は自店でWEBサービスを行い、SEO対策などで露出を増やすことがいいですが、本業の傍らでできません。

そのため、ポータルサイトへの登録が効率的です。

人員
  • 担当者1名
メリット
  • 新たな客層獲得
  • お店の認知向上
デメリット
  • 広告費用が掛かる
  • 効率よくするために知識が必要

>>ポータルサイトでの集客に関しての詳細はコチラから

SNSでの発信

情報の発信は大切です。 TwitterやFacebook、Instagramなどはお店の情報をみるためにも機能します。

ターゲット層が20代から30代などやや若いお店であれば、必ず対策しておきたい施策です。

記載する内容はそれぞれのSNSによって違いますが、「お客様にとってプラスになる情報」を意識して行いましょう。

人員
  • 担当者1名
メリット
  • 最新の情報を届けられる
  • 基本的にフォローしたなどが見るので、ニーズがある層に届く
デメリット
  • 0からの集客は難しい
  • 不適切な発言により炎上するリスクがある

>>SNSでの集客に関しての詳細はコチラから

公式webサイト

公式サイトは必ず設立しましょう。 信頼性につながります。 また、行こうか迷っている人は情報を求めてインターネットで調べるでしょう。

とくにメンズエステの場合は通常のマッサージをしてくれるのかなどの情報を知りたいはずです。

性的なサービスではなく、単純に体を癒すために普通のマッサージに行きたいという人は大勢います。

そういった方達を安心させる意味でも公式サイトの立ち上げは重要です。

人員
  • 担当1名以上
メリット
  • お店の信頼感アップ
デメリット
  • サイト制作の知識が必要
  • 依頼する場合、費用が別途かかる

>>公式Webサイトでの集客に関しての詳細はコチラから

他店にはないサービス・機器の導入例

サービスや機器の導入はたくさん種類があります。

例えば、美容系であれば他店にはないマッサージジェルやクリームなどがそれに当たります。

機器の導入は水素水や視力回復が見込める「アイトレ」、USENなどの音楽、待合室のモニターなど様々なものがあります。

最近のエステでは他店との差別化を図るために、その店の特徴をだすために導入している店舗が多くなってきました。

エステ関連の機器にこだわらず「エステ+別の分野」の組み合わせで顧客満足度を高めるようにしましょう。

成功事例が多くある差別化できる商材

エステサロンは身体をいやしたり、身体に気を使っている人が顧客層です。

そのためそんな顧客のニーズを満たせるもので、整骨院などでも多く導入実績がある「アイトレ」がおすすめです。

「アイトレ」は、眼精疲労や視力回復を主としたケアグッズで、頭につけるだけで低周波によって効果が期待できます。

スタッフは特別な技術が必要なく販促できるため、売上をあげたいオーナーさんにもコスパがいいと言えます。

また男性は仕事やスマホで目を駆使していることも多く、視力は悪くなくても眼精疲労の方は多くいます。

目に何かしらの悩みを抱えている人は80%以上もいると言われています。

新メニューを増やし客単価を上げるのもいいですし、利用してもらい顧客満足度をあげるツールとして使用してもいいでしょう。

他にもまだまだある!【目的別にチェック!】店舗の売上をアップさせる方法

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る