経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

HOME/ 【スクール・その他サービスの店舗集客】売上・集客力をあげるには?

【スクール・その他サービスの店舗集客】売上・集客力をあげるには?

スクールの集客に効果的な方法とは

学習塾や予備校、英会話など習い事のスクール関係の運営者に、集客・売上アップにつなげるための方法を提案します。

スクールの運営において、もっとも効果的な集客ツールは「口コミ」です。実際、中小の学習塾や予備校など、口コミで生徒を増やしているところも多いのではないでしょうか。

  • 「いつも赤点だったが、塾に通い始めて100点を取るようになった」
  • 「うちの子は半年で偏差値が30もアップして、○○大学に合格した」

といった保護者の口コミがきっかけで入塾する生徒も少なくはありません。

英会話やピアノ教室などの習い事も、「あの先生は教え方が上手」「ピアノの発表会で入賞した」といった口コミで集客効果を得ているところもあるでしょう。

ただ、新規開業したばかりのスクールだと、こうした実績がなく、集客は困難かもしれません。この場合は、まず入塾者数の実績を作り、後々の口コミにつなげていきましょう。

しかし、口コミに頼ってきた中小の学習塾や予備校も、大手進学塾におされはじめ、経営が右肩下がりになってきたところも多く見られます。大手はともかく、同じ規模の同業他社に打ち勝つためには口コミだけに頼るのではなく、集客方法をいかに工夫するかがポイントです。

デイサービスの集客について

高齢化社会がますます進むなか、注目が集まっているのが老人ホームやデイサービスなどの介護施設。大手企業の参入により事業者が増える一方で、集客に頭を悩ませる中小事業者も多いと聞きます。

集客するポイントは利用者が知りたい情報を掲載すること。そこを突き詰めることで即効性のある集客効果が見込めるはずです。

また、競合との違いや利用者のメリットなど、詳細情報をホームページやブログに掲載することもおすすめ。インターネットは、即効性は低いですが継続的に集客するツールとしては有効です。

そして、潜在顧客は口コミ評判を元にどの施設にするか決めることがほとんど。集客する際は必ず利用者の口コミを掲載するようにしましょう。

なお、これらのサービス業でポイントとなるのは、ターゲットやサービス内容の「差別化」です。このサイトでは、各サービスの差別化による集客アップ法を詳しく紹介しています。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る