経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

アパレル店舗

アパレル店舗は、様々な業種の中でも特に集客が難しい分野だとされています。だからこそ、宣伝は多角的に行わなくてはなりません。

ここでは、アパレル店舗の集客・売上を高める方法について紹介します。

アパレル店舗の集客・売上アップのポイント

集客効果アップの前に、まずは集客効果が上がらない理由を見てみましょう。

多くの場合、集客効果が上がらない理由は次の3つのどれかに分類されます。

思うように集客できない理由

  • 店の存在そのものが知られていない(認知度不足)
  • お客が欲しいと思える価格ではない(不適切な価格)
  • 必要としていない商品やサービスが多い(不必要なサービス)

特に多いのが認知度不足です。認知度が低ければ、どんなに優れた商品を売っていようがサービスを提供していようが、やってくるお客は飛び込みや冷やかしのお客のみであり、安定した収入につながりません。

成功を収めているアパレル店舗のほとんどは、広告・宣伝に力を入れています。

集客効果をあげるためには、まず店舗の存在を知ってもらわなければなりませんし、自社の魅力を存分に伝える必要があります。

「誰」に「何」を宣伝する?

ここでいう宣伝とは、ブログやSNSで宣伝するということだけではありません。たとえ店舗の名前が海外まで広がったとしても、集客にならなければ無意味です。

そのためにも、ポスティングを実施したり営業区域内でビラ配りをしたりと、あらゆる手段を用いて地元の人に自社の存在を知ってもらいましょう。

ここで、重要となるのが広告物の内容です。ただ、店内や服の写真を紹介するだけでは、集客効果にはつながりにくいです。

どのようなジャンルの服を取り扱っているか、どのような魅力があるかなど、店舗の魅力を存分にアピールすることが重要です。読み手が、訪店したことでメリットが得られると感じ取った時に、初めて集客効果が期待できるようになります。

ターゲット層を明確にする

現在ではリアル店舗だけではなく、ショッピングサイトで服を購入する人も多くなりました。情報過多の傾向にある昨今では、全人向けの商品展開は大手アパレル店の専門分野といっても過言ではありません。

過酷な市場競争で生き残るためにも、アパレル店舗は独自性を持たなくてはなりません。そのために重要となるのが、ターゲット層の設定です。

ターゲットを絞ることは、固定客を獲得するために重要な要素となります。なるべく絞り込む要素を細分化しておけば、自社の独自性が自ずと現れるでしょう。

それ以外にもターゲティングによって、自社のセールスポイントが明確になりますので、店舗経営の際は最初の段階で行うようにしてください。

アパレル店舗の集客・売上をアップさせるには

集客・売上を高めるためのアプローチは、多角的に行う必要があります。ここでは、手軽かつ効果的な宣伝方法について紹介します。

インターネットを活用する

今やどこの店舗でもやっている宣伝方法が、ネット広告です。

そのため、情報が氾濫してしまい、多くの広告が日の目を見ずに埋もれてしまうこともしばしば…。

だからこそ漠然とした宣伝よりも、ターゲットを絞り込んだアプローチのほうが注目されやすい傾向にあります。

ネット上の広告でも、宣伝はターゲットを絞り込んた上で行うのが基本です。ターゲットを明確にすることで、顧客も情報を探しやすくなり集客へ繋がるようになります。

ネットでの広告は、色んな人に観てもらえるので集客効果はありますが、それだけでは販促につながりません。そこからさらにターゲットを絞り込んだ宣伝をし、需要を満たしてあげましょう。

関連記事:ネット対策で集客率をアップ

ターゲットへ情報が届きやすいSNS

現在ネットで集客・販促効果が望めるものがSNSです。TwitterやInstagram、Facebookなど、代表的なSNSを上手く使いこなすことで、集客率のアップが見込めます。

しかし、複数のSNSを同時に管理するのは非常に難しいです。また、SNSによって特徴が違い、アプローチのやり方も異なります。

よって、まずは各SNSの特徴を知り、ユーザーの傾向を考えた上での情報配信を行いましょう。

各SNSの特徴

Twitter

Twitterで投稿した記事は、基本的にフォロワーにしか伝わることはありません。

しかし、そこからフォロワーがリツイートすることで、情報が不特定多数のユーザーへ拡散されます。このリツイート機能を上手く活用することによって、幅広い層に宣伝できるようになります。

Facebook

Facebookは、実名登録をして使用することになるSNSツールです。実名登録という特徴のためか、実生活でも繋がりのある人がフォローすることが多いです。

そのため、宣伝というよりは近況報告や、有益な情報のやり取りに用いられる傾向にあります。

Instagram

画像や動画に特化したInstagramは、視覚効果が高いのが特徴。

そのため、キャンペーン情報よりも、店舗の雰囲気や商品の写真のほうが注目されやすい傾向にあります。独自性やコンセプトを伝える必要があるアパレル店舗なら、確実にやっておきたいツールの一つです。

関連記事:Webサイト&SNSはどんな集客・売上効果があるの?

ショップアプリ

ネットの活用方法は、決してSNSだけではありません。いわゆるショップアプリも、店舗情報を掲載するにあたって効果的なツールの一つです。

サービスの一例として、

  • 広告チラシの編集ツール
  • クーポンやセールの情報提供
  • アンケート・口コミの実施
  • アプリ内での通販機能

といった機能が挙げられます。各SNSと連動して使用できるアプリも多く、効率的に宣伝を打ち出すことが可能です。

ショップアプリは、すでに完成しているアプリに登録するだけなので、1から作成する必要がなく簡単に使用できるのがメリット。独自に作られたアプリに比べると、機能の自由度に多少の制限はありますが、必要最低限のサービスは揃っていることが多く不自由は殆ど感じません。

他社のショップアプリを参考することで、アプローチの方法も広がります。

季節イベント開催

ネット以外での集客方法として、効果的なのが販促イベントです。

イベントを定期的に実施することでマンネリを解消し、なおかつ集客効果も高めることができます。アパレル業界において、イベントのテーマしやすいのが季節。

季節の変わり目に、在庫処分セールを打ち出すことでデッドストックを抱える恐れもありませんし、多くの顧客に自社の商品を知ってもらえます。

例えセールで売れ残ったとしても、年末年始の福袋で流用可能です。季節ごとのイベントは多く考えても年4回。そこまで頻度が多い訳でもないので、イベント規模も大々的に打ち出すことができます。

店舗オリジナルのセール開催

季節のイベント以外にも、店舗オリジナルのセールを開催するというのも良いかもしれません。

例えば、映画館などでは週ごとにレディースデーを設けたり、月ごとに割引デーを設けたりしているところは多いです。アパレル経営でも、そういった細かなセールが集客効果を生み出します。

経営者のアイデア一つで、セール内容も様々。他者や異業種の例を参考に、独自性のあるセールを考案しましょう。

閑散期にやっておくべきこと

アパレル業界にも閑散期はあり、クリスマス・年末年始以外の12~2月や、春から夏にかけての6~8月は売上が下がりやすくなります。季節ごとのイベントが少ない時期は、特に売上が落ちる傾向にあるようです。

店舗経営を成功させるためには、この閑散期の過ごし方が重要になります。

例えば、スタッフの補充や教育が挙げられます。

繁忙期は忙しく、とても新人の教育をしている暇がありません。そのため、閑散期のうちに新人育成を行うことで、万全の体制で繫忙期を迎えられます。

他にも、閑散期の段階でイベントの企画・準備を行っておけば、繁忙期でもタイミングを逃すことなくセールが開催できます。POPやチラシ・ポスターを作り、前もって宣伝しておくことで、繁忙期に多く人を呼び込むことができます。

このように、閑散期だからこそ出来る準備は多く、怠らずに準備することが大事なのです。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る