経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

集客率・売上アップするならこれ!店舗集客ナビ_HOME/ 【スクール・その他サービスの店舗集客】売上・集客力をあげるには?/ 路面店の集客をするためにも集客システムの構築は必須~リスト取りの重要性~

路面店の集客をするためにも集客システムの構築は必須~リスト取りの重要性~

路面店の集客アップ法とは

集客をする方法は数多くあります。ここではチラシや看板を使った集客に関して紹介していくので、是非参考にしてみてください。

チラシを配って宣伝する

路面店の集客は大手企業でないと難しいことがあります。

もし、これから店舗を構えるという場合は、自分で集客をしなければいけません。

ちなみに最もポピュラーな集客方法といえば、チラシ配りだといえるでしょう。

昔からチラシを使った宣伝方法は用いられています。

これから、自分で新規顧客を獲得するという場合は、自分の店舗をアピールし認知してもらうためにもチラシ配りをしましょう。

新規顧客の獲得は、非常に費用がかかるため、まずは自分でチラシ配りするのが良いです。

もし余裕があるのであれば、アルバイトを雇ってチラシ配りをしてもらい、効率化を図るという手を打つと良いでしょう。

お店の看板でアピール

店舗を構えても、この店舗が何を販売している店舗なのか、どういう人に合った店舗なのかなどを明確に宣伝していないと、上手く集客することができません。

どのような店舗かを知ってもらうためには、看板やのぼりを活用する必要があります。

カフェやレストランであれば、のぼりのデザインを自信作やおすすめの飲み物、食べ物に換えて宣伝するという方法があります。

そうすることで、毎回その路面を通る人達の目に留まるようになるのです。

看板やのぼりは集客では重要なものなので、できるだけ目に留まりやすいようなデザインにしましょう。

インターネットを使って宣伝する

インターネットでの宣伝は、情報社会である現代ならではの手法といえるでしょう。

SNSは現在若者を中心として多くの人達の間で利用されている大きな情報媒体です。

昔から口コミによるバズ・マーケティングが高い効果を発揮しています。このマーケティング方法をインターネットで応用してみようということなのです。

現代では、ネットを使ってビジネスをすることが注目されています。

ネットを使うことで集客できると知った店舗は、自分の店舗情報などをサイトに掲載することや、大手動画メディアを使い宣伝するなどして、集客に力を入れています。

どんどんと押し寄せてくる時代の流れに乗るためにも、インターネットを積極的に活用して集客をしましょう。

路面店のメリットの入り口を活かす

路面店のメリットは、店内が外から見えることです。

地下のお店や2回以上のお店は雰囲気が伝わりづらく、入店のハードルがあがります。

また業態にもよりますが、アパレル店であればマネキンの設置、飲食店ならばメニューを置く、整骨院などであれば受付が見えるような配置などが効果的です。

また路面店は基本的に店内が見えやすいので清潔に保つように心がけましょう。

入りやすい入口とは?

入店がしやすいお店は集客が期待できます。

極端な例をだすと、看板もなく中も見えないBARは入りづらいですよね?

そうなると入ろうとするお客様自体が減ります。

入口のドアを開けるという行為はストレスがかかるとされており、入り口を常に開けているお店は入店のハードルが低いです。

また、「クレジットカード使用可能」「Wi-Fi利用可能」などお客様にとってプラスな情報は入口に掲げるなどの工夫もいいでしょう。

路面店以外にも共通して必要なこと

多店舗との差別化

多店舗との差があることで違いが認識できます。当たり前の話ではありますがこの差というのは、あればあるほど他のものとは別物だとハッキリ分かるのです。

また、差によって利益が生まれるという点からみても、どれだけ差があることが大事かを知ることができるでしょう。ですから、自分の店舗も、他の店舗とは明確な差を作らなければいけないのです。

ある有名なホテルでは、接客にとことん力を入れ、スタッフ一人一人に自主性を持たせることで差別化に成功しています。

自分の店舗のリピーターを作りたい場合も、あの店舗にもう一度行きたいというような気持ちをお客様に抱かせることが重要な要素となるのです。

ちなみに差を作る際は、視点を変えることが大切なポイントとなります。

同じだけど違うという認識にさせるためには、切り口を変える必要があるのです。

それは細かい部分にこだわるというだけでも演出することが可能です。

伝え方や見せ方は少し違うだけで大きく変わることがあります。

それを踏まえた上で差別化するための方法を考えてみましょう。

顧客とのコミュニケーション

ある有名なアイドルは親しみやすさや、すぐに会いに行けるなど精神的な距離感を売りにして顧客を囲っています。

またある有名ブランド店も時期によっては商品が売れず厳しい状況が続くことがあるため、既存の客を特別なサービスによって提供することで囲い、逃げていかないように工夫しているのです。

新規顧客の獲得はかなりコストがかかることで知られています。

ですから、一度獲得した顧客を簡単には離さないように、ちゃんとコミュニケーションをとることやフォローすることが大切です。

顧客のリサーチとリスト化

昔の商人は自分の家が火事の被害に遭った際に、最も優先して持っていくのが顧客名簿だったといわれています。

詰まる話、商売人にとっては顧客名簿が命なのです。ですから現金よりも優先して顧客名簿を回収していきます。

顧客名簿、または顧客リストさえあれば、ある程度信用も信頼もあるお客様相手にまた商品の販売をすることができます。

信用や信頼があれば購入率が大きく変化します。ですから、商売もしやすくなるのです。

顧客のリサーチをする際はちゃんと属性や年齢などの情報をリスト化しておくと良いです。

また、住所やメールアドレスなどを取得できればできるだけ取得してリスト化しておくようにしましょう。

ここで1つ注意してほしいのですが、相手の個人情報を取得する際は、控えめに聞き出すような仕組みを作りましょう

でなければ、相手が不快な思いをしてしまいお店に来なくなる可能性があります。

取得する情報は、最低メールアドレスだけでも問題はありません。

メールアドレスがあれば、プッシュ型の戦略をとることができます。

こちらからメールで商品紹介や店舗紹介をして利益率を高めることが可能です。

集客で考慮するべきなのは「時間」

集客は地道に努力することで初めて成功するものだといえます。ここでは集客システムに関して紹介していきます。

集客システムの構築

集客を効率化するためには、しっかりとした集客システムを構築する必要があります。

集客システムが適当だと、時間を大きくロスしてしまい、費用対効果が低くなってしまうでしょう。

集客システムが良くないせいで大きな機会損失に繋がり、儲け損なってしまうことが予想できます。

新規顧客の開拓は大切なことではありますが、それと同時に既存の顧客を維持することも集客と同じくらい大切なことです。

これらのバランスをしっかりと考えた上で集客システムを考案するようにすると、もっと効率的な方法を考えつくことができることでしょう。

集客で一気に新規顧客を獲得するというのは運が絡んできます。

ですから一気に集客するという方法ではなく、長いスパンでの集客を視野に入れる方が現実的です。

◯ヶ月で◯人というように達成できそうな目標を掲げ、さらに既存の顧客も維持できるような配分で集客システムを確立することをおすすめします。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る