経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

デイサービス

老人ホーム、介護施設の集客・売上アップのポイント

老人ホーム、デイサービスなどの介護施設において、集客アップのポイントは、「他の施設との差別化」です。

高齢化社会が進むなか、最近では大企業も介護事業に参入するようになり、中小事業者にとっては集客が大きな課題となっています。開業から半年経っても利用者がまったくいないという施設も、少なくありません。

こうしたなか、自分の施設が選ばれるためには、他の施設との差別化をどのようにしていくかがポイントになります。料金で差別化を図るのは難しいので、サービス面で勝負するのがおすすめです。

その際には、差別化したいところを明確にしておくことが必要となります。例えば、デイサービスを利用したいと考えている人の中には「お風呂だけ入って帰りたい」と、考えている人がいるかもしれません。その時に「自分の施設はお風呂だけ入れて、送迎しますよ!」と、差別化のポイントだけでも説明ができていれば、ケアマネージャーの印象にも残り、紹介してもらいやすくなります。

また、利用者の口コミは非常に大切です。潜在顧客は、口コミの評判を見て印象を決める方がほとんど。利用者からアンケートをとるなどして、口コミを集め集客の材料にしていきましょう。

デイサービスの集客・売上をアップさせるには

内覧会の開催

ケアマネージャー自身が知らない施設を利用者に案内するというのは、難しい話です。

ですから、自分の施設にケアマネージャーを招いて、内覧会を開催しましょう。そこで、他の施設と差別化しているポイントを体験していただくのです。

強みを実際に体験してもらうことにより、利用者へ紹介がしやすくなりますし、その後の集客にも大きな影響を与えます。

また、紹介実績の多いケアマネージャーだけを招待するのも良いですが、介護保険対象外の方にも体験してもらうのも一手です。なるべく多くの人に自分たちの施設の強みを知ってもらい、広めてもらうように働きかけるのも良いかもしれません。

人員 施設案内担当1名
メリット
  • 他の施設の違いをアピールできる
デメリット
  • 案内状を送付しても来ない可能性がある

パンフレットの作成

パンフレットには、施設の概要や設備、スタッフの紹介などを掲載します。実績があれば利用者の声(口コミ)なども掲載すると、より効果的でしょう。

近隣の方へポスティングする際も、バリアフリーを導入しているマンションや団地、施設が多い場所を選ぶようにしましょう。

人員 広告会社とのやり取り担当者1名
メリット
  • 商品やサービスの詳細を伝えやすい
  • 手に取って持ち帰る人が多い
デメリット
  • サービス内容が変わると修正に手間がかかる
  • 他社と情報が混在し、見てもらえない可能性がある

地域の方と積極的にコミュニケーションを

自治会の役員への挨拶、イベント開催時のサポートといった、地域の方々とのコネクションを築くことも、1つの集客方法です。自分の施設をPRする機会にもなりますので、積極的に顔を出すようにしましょう。

その際には、どこに潜在顧客が多く住んでいるかという情報収集をお忘れなく。

人員 地域周り担当者1名
メリット
  • 地域の情報を収集できる
デメリット
  • 定期的に地域の行事に参加しなければいけない
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る