経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

リフォーム会社は店舗集客をするのが非常に難しいです

リフォーム会社に最適な集客対策

リフォーム会社の店舗集客をアップさせるには、効率良く顧客数を増やせるように集客対策を見直す必要があります。ここではリフォーム会社の集客率改善に有効な対策について説明します。

絶対的な需要があるリフォーム業界

住宅は築年数に応じて、家族の人数変動や加齢による体の衰えなどでリフォームの必要に迫られる機会が訪れます。より生活を送りやすい住環境を整えるためにも、リフォーム会社のサポートは必要不可欠なのです。
住宅の老朽化をはじめ、要介護・体が不自由な家族がいる、子供が独立して家族の人数が減ったという家庭のニーズを捉えたポスティングをすれば、高い反響が期待できるのです。

ポスティングのメリットとは

必要な住宅に直接アプローチが可能

リフォームチラシをポスティングで配布するメリットは、リフォームを検討していそうな家庭へピンポイントにアプローチをかけやすいところです。
外壁の老朽化や鉄部の腐食などは、一目見ただけでも劣化状況が判断できる箇所です。このように劣化が進んでいる建物を特定すれば、効率良く顧客へアプローチをかけることができます。

営業効率が高まる

ポスティングは、リフォーム会社の業務効率化を図るのにも一役買ってくれます。現在では、共働きの家庭が多いので、飛び込み営業での仕事受注は非効率さを増しています。ポスティングなら、留守中でもチラシだけは残せるので、後々リフォーム依頼でコンタクトを取ってくる可能性が高まります。

店舗集客を高めるために必要となるターゲット調査

店舗集客につなげるためにも、ターゲット情報をないがしろしてはいけません。住宅を面積、価格相場、施工年度といった要素を多角的に分析することで、ターゲット層を明確化できるのです。

住宅の要素から考えられる顧客層

  • 住宅面積:住宅の面積を紐解けば、家族構成を容易に把握可能
  • 建物の価格相場:地域内の建物の購入価格相場をチェックすれば、世帯主の年収を算出可能
  • 施工年度:建物の住人の年齢から現在のニーズを特定しやすい

データを活用し顧客リーチ率を高める

ターゲット調査のデータに基づいて、自社サービスの強みをいかんなく発揮できる顧客層に狙いを絞ったポスティングを実行します。顧客層の所得に応じて主力とするプランを設けておけば、より正確なレスポンスが期待できるのです。
このようなターゲット調査を伴うポスティングは、マーケティング戦略に特化したポスティング会社を利用するようにしましょう。膨大なデータから、自社の魅力を最大限に発揮できるポスティングの配布プランを提案してもらえます。

集客効果のあるチラシを作成するポイント

顧客の購買意欲を高めるチラシの魅せ方

ビフォアフターの違い

リフォーム集客メインなら、施工に関する情報を伝えるのは勿論、如何に住人の関心を引くかがカギとなります。リフォームは、施工前と比べてガラリとの家の雰囲気が変化するもの。施工依頼によって、今の建物状況と施工後の変化について視覚的に伝えられます。

価格の記載方法

リフォームは、高額な費用を必要とします。反響を良くするために、ポスティングでは住人が関心を抱きやすい価格を掲載するのが基本。リフォーム施工でかかる実際の料金提示は避けた方が良いです。チラシと見積もり請求で提示した料金にギャップを感じさせてしまうからです。

一瞬のイメージを重視

ポスティングで重要なのが、短く簡潔な文で明確に何を伝えたいのかをまとめるのが重要。自社リフォームサービスについての説明が細かく長々と記載したチラシは読み疲れを起こしてしまいます。一目で見て、魅力的に感じられるかが、高いレスポンスを得られるかを左右します。

アプローチは2回に分けて行う

コスパが高いリフォームは、1回だけのポスティングでは単純に興味をもたせただけで、依頼を決意するまでには至りにくいです。2回目のポスティングでリフォームを決意させるには、ちょっとしたきっかけ作りをしましょう。例えば、割引クーポンやキャンペーン情報を2回目のポスティングにプラスすることです。お得感溢れる情報をもたらせば、ターゲットのリフォーム依頼の意欲を効果的に刺激できます。

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る