経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

葬儀社集客

葬儀社集客をするにあたって一般的には葬儀をしたいというお客様に対してどうしても注目をしてしまいがち。安定的に集客及びブランディングをするには生前と死亡後における一気通貫のマーケティング戦略が必要です。

潜在客への葬儀社の集客方法

今すぐ客を狙う戦略ではありませんが、将来的な施工を受注するにあたり、先に潜在客を囲い込んでおく必要があります。

情報検索へのSEO対策

葬式の段取りやマナー、事前に取っておくべき手続き、葬儀の種類の違い、等、生前にしておいた方がいいことをWEBサイト上で紹介しておきます。

特にその地域ならではの事前に知っておいた方がいい情報を発信をすることが出来ると独自性の担保、検索者より便利なサイトとして認識させることが出来ます。

また、葬儀をするときの段取りやマナー、簡単な自社紹介を記載したダウンロードできるPDFブックを作っておくことが出来れば是非作ってください。

家庭の葬儀における教科書としておいてもらえますし、中々葬儀に詳しい人物も周りにはいませんので、重宝されます。

ポスティング集客

どうしても心の中では思っていても検索までには至らない、検索をすることが難しいという方がどうしてもいらっしゃいます。

そういったユーザーに対して、ポスティングが重要で、ここでは一般的なチラシをまくというものではありません。

戦略として、葬儀社の宣伝もしますが、中身には葬儀のマナーや開き方、お墓の選び方や死亡後の手続き等をまとめておきます。そして分からないことがあれば自社へお気軽にお問い合わせくださいと記載をします。

一見広告からは遠ざかると思いますが、広告色を出してはお客様からは遠ざけられる傾向がある為、あくまでも寄り添った形でのチラシ内容、ポスティングが重要です。

今すぐ客への葬儀社の集客方法

googleマイビジネスへの登録

例えば葬儀社を友人から教えてもらった、チラシを見た方が検索をするときにはその葬儀社名を検索をします。

その右側に自社の電話番号や営業時間、住所が記載がされた欄が出てきます。今すぐ客はそこで電話をする場合もあれば口コミを参考にすることもあります。

googleマイビジネスではユーザーが口コミを見れる為、客観的な情報が知れると共に、「地域名×葬儀」等検索をしたときに状況によっては自社を検索結果の地図内に表示をさせることが出来ます。

少しでも検索者の目にアプローチ、自社へお問合わせがしやすいように工夫をしておくことが大切です。

地域SEO集客

今すぐ客が葬儀社候補を探す際には「地域名×葬儀」「地域名×葬儀社」等のキーワードを対策します。また、具体的に検索をしている場合には、

  • 「○○市 家族葬」
  • 「○○市 葬儀 料金」
  • 「○○市 葬儀場」

といった具体的な施工に関して探している、料金が気になっている検索者も「今すぐ客」となる為、同時に対策をしておきましょう。

また、「社葬」というキーワードは比較検討段階にある為、落ち着いて選んでいるユーザーが多数います。検索数はどうしても低くなりますが、単価が高く競合性も地域に絞ると低い為、是非とも対策をしておきたいキーワードです。

ポータルサイトへの掲載

いい葬儀等のポータルサイトへの登録です。登録をしておくことで、自社指名検索をされた際に表示がされることはもちろん、ポータルサイトの流入をしたユーザーに自社について認知をさせることが出来ます。

しかし、ポータルサイト上では優先枠が大手や地域大手に取られていることがあり、資本力があればその枠を抑えることもよいですが、すでに優先枠が多く存在している場合には、掲載をしたとしても、注目が分散される為、効果が薄れる可能性があります。

また流入ユーザーも多くの葬儀社を閲覧することからどこへ問い合わせればいいか分からなくなり、最終的には情報収集というニーズの浅い気持ちで見積もりなどを行ってしまいがちです。その為、ポータルサイトではニーズの強いお客様を獲得しにくいとも言われています。

情報サイト集客戦略

地域に特化した葬儀社選びの情報サイトを作っていきます。見せ方として料金で選ぶ、評判で選ぶ、専門性で選ぶといったお客様のニーズに沿って紹介をしていきます。それにより、自分のニーズと訴求先の葬儀社への理解が深まることで、自分はそこにお願いをしたら間違いがないと認識させて、施工に繋がるお客様を獲得をしていける戦略です。

どうしても一般的なポータルサイト上では料金や自社の謡いたい強みなどが思うように伝えられない等ありますが、情報サイトでは他葬儀社と自然な形で差別化を図りながら紹介をしていくので、地域内でのブランディングもすることが出来ます。

葬儀社の集客にはどれだけお客様の近くになれるかが鍵

人の生前死後に関わる業界なので、どうしても一般的な広告戦略が難しいと思われがちな葬儀業界。しかし、見方を変えて少しでもお客様のそばにいるという集客戦略を行うことが出来れば、選ばれる機会が必然的に多くなります。

全研本社株式会社バリューイノベーション事業部では多くの葬儀社様を始め5500以上の情報サイト・オウンドメディアを運用、ノウハウを蓄積して参りました。お問合せ頂きましたら、地域性や競合性、自社の持つ強みに合わせたWEBマーケティング戦略をご案内させて頂きます。

集客方法についての問い合わせはこちら

お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る