経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

予備校

予備校の集客・売上アップのポイント

少子化が進む現代社会、大学受験を目指す大手予備校であっても、集客に頭を悩ませているところがたくさんあります。最近ではスマートフォンの普及によって、学習アプリやインターネットを活用した自宅学習サービスを展開しているライバルも多数。

そういった中で、予備校に集客するにはどうすればよいのでしょうか。「実績があってなんぼ」という方も多いでしょうが、その前に自分が経営する予備校を知ってもらわなければ、集客にはつながりません。まずは、チラシやサイトといった様々なツールで講師自身の実績、授業中の雰囲気、合格率などを伝えていきましょう

プラスで、口コミも重要なツールとして認識しておいてください。どんな保護者も自分の子どもを予備校に通わすのなら「実績がある良い塾に通わせたい」と、思うハズ。最近では、口コミも簡単に調べることができます。口コミで良い評価を貰えれば検討対象になるので、常に気にしておきましょう。

また、ターゲットを明確にすることも大切です。同じ予備校とはいえ、中学と高校では集客方法が違います。高校生の集客例を挙げるとすれば、「国立大学」「私立難題大学」など、コース別のカリキュラムを具体的に打ち出すこと。他の予備校と差別化を図ることができれば、集客にもつながっていきます。

予備校の集客・売上をアップさせるには

看板、外観デザイン

近隣の方に自分の予備校を知ってもらう効果的な方法は、外観デザインです。看板、のぼり、タペストリーなどを目立つような場所に掲示し、地域の方に存在を知らせるようにしましょう。

窓や掲示板などに、合格実績などを貼り出すのも効果的です。

人員 制作会社とのやり取り担当1名
メリット
  • 特定のターゲットに効果的な宣伝ができる
  • 店舗の印象をアピールできる
デメリット
  • コストがかかる
  • デザインによっては街の景観を損なう恐れがある

ダイレクトメール(精密ポスティング)

ダイレクトメールも重要な集客ツールです。最近注目されているのが「精密ポスティング」という方法。

ダイレクトメールの名簿や近隣状況より、高校生がいそうな住まいを限定してポスティングするというサービスが広まっています。これなら、余計な手間を省けますし、コストパフォーマンスの高い集客の実現が可能です。

人員 担当者1名
メリット
  • 送付するターゲットを絞れる
  • 情報量が多い
デメリット
  • 制作時間と費用がかかる
  • 反応率を計測するのが難しい

ポータルサイトの利用

「塾ナビ」「塾・予備校ナビ」といった簡単に比較ができるポータルサイトは、先生やスタッフの情報や合格率といった情報だけではなく、資料請求ができるなど、集客が期待できるサービスを展開しています。そういった面を踏まえると、ポータルサイトへ登録するのも一つの手ではないでしょうか。

ポイントとしては、他の予備校と差別化を図れる情報を掲載することです。自分たちの強みを書くことにより、ユーザー層の心をグッと掴み、おのずと集客に結びつくでしょう。

人員 Web制作会社とのやり取りスタッフ1名
メリット
  • 講師や予備校内の雰囲気を詳しく伝えられる
デメリット
  • ランニングコストがかかる
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る