経営でお悩みのオーナーさんを救済!店舗集客力・売上アップナビ

温泉・銭湯・スパ

温泉・銭湯・スパ施設の集客・売上アップのポイント

ひとくちに温泉といっても、温泉旅館もあればスーパー銭湯、ホテル、スパリゾート、サウナ、岩盤浴施設など、多様な業態があり、温泉地から都心に至る各地で営業展開しています。

温泉・スパ施設で集客アップを狙うには、施設の「テーマ」を明確に決めることがポイントでしょう。

例えば「家族で楽しめるスパリゾート」とするなら、ファミリーで楽しめる設備を充実させる。「美しくなりたい女性の楽園」をテーマにするのであれば、エステサロンやカフェを併設するのも良いでしょう。

ターゲット層はどこを狙うのか、ターゲットに合ったサービスを考えたうえで、集客を行なうのがベストです。顧客の満足度を高めることによって、良い口コミ評判が広がります。新規顧客も優良顧客も増やすことができれば、売上アップも夢ではありません。

なお、施設が清潔であることは言うまでもありません。集客力をアップさせるため、常に清潔感を保ち続けるよう運営していきましょう。

温泉・銭湯・スパ施設の集客・売上をアップさせるには

雑誌やフリーペーパーへの掲載

開業して間もないころであれば、広く知ってもらうことが重要です。

ターゲット層が読むであろう雑誌やフリーペーパーに掲載してもらうことで、集客効果はかなり期待できます。

広告媒体を使用する際には、費用対効果を忘れずにチェックしてください。雑誌やフリーペーパーに掲載しても利用者が来なければ、掲載料金が無駄になることも…。なので、広告を載せる際にはクーポンを付けるなどの工夫をして、雑誌購入させて持参させるなどの工夫が必要です。

また、利用顧客にクーポンを持参させることでどの媒体からどれだけの集客効果があったのかが、明確に分かるので次回掲載する雑誌の参考にもなるのです。

人員 広告会社とのやり取り・チェック担当1名
メリット
  • 雑誌は写真を使用するので、イメージを伝えやすい
  • フリーペーパーは、たくさんの人の目に付きやすい
デメリット
  • 雑誌の場合制作から掲載までに、時間がかかる
  • フリーペーパーは掲載できる情報量が少ない

ホームページでは知りたい情報を網羅する

まだ訪れたことのない施設へ足を運ぶ際、顧客はまずホームページがないかを確認します。利用者は事前に「施設概要」や「料金」を知りたいと考えているので、それらが掲載されていると、安心して利用できます。そのほかにも、イベントやキャンペーン情報、食事や休憩所の有無、駐車場有無など利用者が知りたい情報を満載にすると、集客アップが期待できます。

エステやカフェなど施設を併設している温泉や銭湯は、メニューだけでなく「利用者の声(口コミ)」などを掲載するのもおすすめ。より信頼性が増して、集客にもつながります。

人員 ホームページ更新担当者1名
メリット
  • 詳しい情報を伝えることができる
デメリット
  • 運営の知識が必要となる
  • 月額費用、ドメイン代などの費用がかかる
お客さんを増やすならコレ!店舗集客法を完全比較
TOPへ戻る