宮城・仙台で集客効果の高い広告媒体をリサーチ

宮城・仙台で集客効果の高い広告媒体をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では宮城・仙台エリアを中心に集客をするための広告をオンライン、オフライン別で紹介しています。
また、地域に特化した媒体はあるものの、自社業界にマッチした広告媒体が見つからない…という場合には、

  • 例年定員割れだったのが、続々願書が届き入学可能人数を2倍にしても追いつかない
  • 年間100件以上の会員登録が増え、そこから大体月2棟が契約
  • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった

という見込み顧客の品質を重視したWebメディアによる集客施策ポジショニングメディア」という施策もあります。

詳しくは記事にて後述しています。

一見保守的な仙台人を集客できる広告媒体とは

仙台エリアに住んでいる人々は、穏やかで真面目な気質を持っている方が多いと言われています。その一方、閉鎖的・排他的でプライドが高いとも言われるため、少しとっつきにくい印象を受けるかもしれません。

このようにやや保守的な傾向がある仙台人の特性を踏まえると、いきなり馴れ馴れしいフレンドリーな感じでアプローチしても、かえって警戒される可能性が高いです。効率的に集客したいなら、中長期的な視点でじっくり信頼関係を構築するほうが得策と言えるでしょう。

また、宮城県の中心部にある仙台は、東北地方において唯一人口100万人を超える都市、なおかつ唯一の政令指定都市です。首都圏からのアクセスも比較的良いので、宮城県ひいては東北地方の行政・経済を支える都市でもあります。

実際、宮城県における都市機能の多くは仙台に一極集中している上、東北地方全体のGDP(域内総生産)の約15%を仙台が担っているため、東北経済圏にとって必要不可欠な存在なのです。

また、東北地方の他エリアと比べても、仙台は若い世代が多く都会的なので、Webを使ったプロモーションが効果を発揮しやすいでしょう。ただ、首都圏ほどネットリテラシーは高くないため、それも踏まえて広告媒体を選ぶことが大切です。

そこで本ページでは、仙台人を集客するために役立つ広告媒体、および広告代理店を紹介していきます。それぞれ特徴や強みをまとめたので、ぜひチェックしてみてください!

河北新報オンライン

(引用元:河北新報オンラインニュース https://www.kahoku.co.jp/)

河北新報オンラインは、仙台に本社を置く河北新聞社が運営しているニュースサイトです。仙台を含めた東北地方のニュースはもちろん、全国・海外のニュースや連載型の特集記事、コラム記事など幅広い情報コンテンツを発信しています。

広告商品としてバナー広告を取り扱っているため、サイトを訪問してきたユーザーに対してアプローチすることが可能です。PC版サイトだけではなく、スマートフォン版サイトにも広告を掲載できます。

月間総ページビュー数はPC版サイトが約230万PV、スマートフォン版サイトが約280万PVと後者が大きく上回っているため、スマートフォンユーザーをしっかり集客したいならおすすめです。

河北新報

東北博報堂

(引用元:東北博報堂 http://www.tohoku.hakuhodo.co.jp/)

東北博報堂は、広告業界最大手の1つとして知られる博報堂グループに所属する総合広告代理店です。仙台にある本社のほか、東北地方の各エリアに支社を構えています。

広告業界を代表する大手企業だけあって、広告媒体の選択肢はたくさんあります。テレビ・ラジオ・新聞といったマス媒体はもちろん、Web媒体や看板などのアナログ媒体を使ったプロモーションが可能です。また、イベント運営のサポートやブランドコンサルティング、各種リサーチといった事業にも対応しています。

また、海外をターゲットにしたグローバル事業も展開しているため、インバウンド集客に取り組んでいる企業にもおすすめです。

東北博報堂

Kappo 仙台闊歩

(引用元:Kappo https://kappo.machico.mu/)

Kappo(仙台闊歩)は、40代~60代の中高年層をメインターゲットにした「大人のためのプレミアムマガジン」です。仙台はもちろん、宮城県と東北地方の他エリアも含めて、グルメ・温泉・ライフスタイル・映画などに関する情報を掲載しています。

広告掲載にも対応しており、紙面の見開きを丸ごと使うディスプレイ広告や自治体とのタイアップ広告など、 様々な形式でアプローチすることができます。

読者の7割以上が既婚者であり、なおかつ半数以上が毎号購入するなど、ロイヤリティの高いユーザーが多いです。また、美容室や飲食店での定期購読率・回読率も高いため、発行部数以上の集客効果に期待できます。

Kappo(仙台闊歩)

宮城・仙台内で自社にマッチした広告媒体として活用できるポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
ポジショニングメディアは、自社の商圏や業界、特性に合わせてWebメディアを立ち上げ、集客していく戦略です。

一般的な広告媒体だとアクセス数は多くあるものの、すべてのユーザーが自社に興味があるそうだとは限りません。
また、広告媒体側はたくさんの企業を掲載すればするほどマネタイズができるため、同時に掲載される競合数も多くなり埋もれてしまい、クリックされる確率はさらに減少します。

仮にその広告媒体からアクセスが取れたとしても、反響には至らなかったり、とりあえずの問い合わせをされたりと、成約に結び付けるまでに苦労と工夫をする必要があります。

ポジショニングメディアはサービス選びで迷うユーザーをナビゲートする役割を果たしており、
知識がないユーザーでも自分はどのサービスを選べばよいのかわかるようになります。
掲載側も自社の強みを理解した親和性の高いユーザーを集客することができるため、
成約までの質を担保した集客が可能になります。
もし、

  • 成約率の高いユーザーを効率的に集客したい
  • 無駄な反響を減らし、営業効率を引き上げたい
  • 自社だけの強力な集客経路を構築し、安定的な集客を実現したい

とお考えでしたら、お役立ちできます。詳しくはこちらからご覧ください。
ポジショニングメディアについて
詳しく知る

仙台市交通局

(引用元:仙台市交通局 https://www.kotsu.city.sendai.jp/business/koukoku/index.html)

仙台市交通局は、地下鉄・市営バスなど仙台の公共交通機関を支えている地方公営企業です。それぞれ車内広告の掲載に対応しているので、通勤・通学者に対して訴求することができます。

地下鉄の場合、駅構内のイベントボードや換気塔にも広告を掲載することも可能です。何気なく目に入るので、より多くのユーザーに広告を見てもらうことができます。特に仙台駅は、1日あたりの乗降客数が宮城県内で最も多いため、かなりの集客効果が見込めるでしょう。

また、仙台市交通局のホームページにもバナー広告を設置できます。こちらも1日あたり1万人のユーザーがアクセスしているため、集客アプローチとして有用です。

仙台市交通局

せんだいタウン情報S-style

(引用元:日刊せんだいタウン情報S-style Web https://s-style.machico.mu/)

せんだいタウン情報S-styleは、1975年から45年以上に渡って毎月発行されている、仙台・宮城専門のタウン情報誌です。男女問わず30代前後の読者から支持を集めており、病院・美容室・地方銀行など様々なスポットで定期購読されています。

発行部数は約6万部ですが、月刊誌だけではなく日刊Webメディアのほうにも広告掲載できるため、幅広いユーザーに対してアプローチ可能です。また、公式SNSアカウントも運用しているので、TwitterやFacebookユーザーにも訴求できます。

せんだいタウン情報S-style

穏やかで文化的な仙台人の心をつかむ広告媒体まとめ

仙台人は穏やかで真面目な方が多い一方、馴れ馴れしい感じはあまり好まない傾向にあるので、性急にアプローチすると逆効果です。広告媒体にもよりますが、段階を踏みながらじっくりアプローチすることを意識すれば、ちゃんと受け入れてもらえます。

全研本社は120業種以上のWeb集客実績があるため、仙台の人・地域事情を踏まえたマーケティングプランも提案可能です。自社向けの広告媒体を知りたい、アプローチの仕方がわからないといったお悩みがあれば、ぜひキャククル内の問い合わせフォームにコメントを記入してお送りください。

集客のご相談はこちら

ページトップへ