港区の集客に役立つ広告媒体・マーケティング施策を紹介!

港区の集客に役立つ広告媒体・マーケティング施策を紹介!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

集客の前に知る!港区の人口状況

港区の人口推移
引用元:港区の観光に関する現状と課題「https://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/documents/01_2shou.pdf」

2018年まで順調に人口が増加してきています。
その背景としては、大規模集合住宅の供給があるということ。
また、利便性が高い街が住みやすくなったことから若年層が積極的に都心に住むようになり、そして人口増加の後押しの材料として子供の出生率が高いということも人口増加の手助けとなっています。

集客の前に知る!港区の年収分布状況

港区の単身平均世帯年収は731万円と東京都内では3位を誇ります。
また、全国平均世帯年収503万円、東京都の平均世帯年収564万円よりも高い傾向です。

2人以上の平均支出額は、平均983万円と東京都内では1位。
全国平均と比べると650万円以上高いため、港区には経済力のある方々が住んでいると考えられます。
参考元:https://lifullhomes-index.jp/info/money-data/household/tokyo-pref/minato-city/

港区の集客で使える広告媒体

品川駅周辺の光景
それでは、港区の集客で使える広告媒体を紹介します。広告を導入する目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

港区で使えるオフライン集客・広告媒体

駅広告

港区は富裕層が集まる地域でもあれば、ビジネスマンが集う街でもあります。
例えば、品川駅は乗降者数が港区の中でも最も多く、各路線とも30数万人ほど乗降しています。

もし、品川駅で出稿するとなると自由通路であれば1週間で100万円程度かかります。
他にもデジタルサイネージを使った壁に設置するタイプ広告なら10数万円から出稿できますが、例えば天井側に大々的に広告出港する際には500万円以上かかるケースもあります。
参考元:https://www.eki-kanban.com/east/advertising/40522.html

ポスティング

高級マンションを狙ったポスティングをすることで、富裕層を狙ったマーケティング展開を狙うことが可能です。
しかし高級マンションであればそもそもポスティングができないケースがあることから、高級マンション前でチラシを配るという戦術変更をするなど、ターゲットに合わせた広告展開を考えておきましょう。
ポスティング集客で効果を出すコツとは?

地域情報誌

港区コミュニティ情報誌「キスポート」
引用元:キスポート「https://www.kissport.or.jp/zyouhousi/」

港区の地域情報誌に出稿しても良いでしょう。
例えば公益法人「公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団」が発刊している港区コミュニティ情報誌「キスポート」があります。
港区に特化した地域情報誌を活用することで、雑誌を手に取るシニア層にアプローチが可能です。
チラシやフリーペーパーは効果的に集客できる?

港区で使えるWeb集客・広告媒体

オフライン広告媒体でできることは自社商材、サービスの認知です。
しかし、認知だけでなく自社商材の購買にそのままつなげたい、売上やシェア獲得優先の集客・広告施策を探しているのであれば港区の集客を集中的に行う戦略が必要です。

グーグルマイビジネス

グーグルマイビジネス
Googleマイビジネスは登録することで、お店の近くでよいお店を検索するような検索キーワードや自社指名検索をされた際にグーグルマップ内からアプローチできる施策です。
特に、店舗ビジネスならやっておくべきで、店舗近くでお店を探しているユーザー=今すぐ客にアプローチができるため、作るだけでもしておいた方がよいでしょう。
Googleマイビジネスの登録方法【初心者向け】

公式サイト

SEOサービスお問い合わせ
公式サイトはいわゆるWeb上の名刺になります。
すでにユーザーの情報検索はWebがメインなので、ポスティングや駅広告で認知を取った後に行動するのはその会社はどんなものなのか検索をします。

また、公式サイトはグーグルマイビジネスと連動をさせることができSEO効果を高めることがわかっています。
そのため、SEO効果が見受けられれば自社サイトがWeb検索時に上位表示されやすくなり公式サイトへの流入が増えます。
閲覧してくれる人のうちに自社商材が気になる方はお問い合わせや資料請求をしてくれるようになります。

もし、SEO対策をするなら自社が狙うべき検索キーワードをしっかり洗い出して狙いを定めた方が良いでしょう。
自社商圏に根ざしたSEO対策はもちろん、競合状況や自社の強みを踏まえたSEO設計をすることで反響がより取りやすくなります。
SEO対策の
ご相談はこちら

港区に特化した地域Webメディアへの掲載

六本木経済新聞
引用元:六本木経済新聞「https://roppongi.keizai.biz」

地域Webメディアに出稿することで、流入している港区ユーザーにアプローチをすることができます。
例えば、六本木経済新聞では六本木に特化をした住まいや暮らし、ショッピング、学びなどに関する情報を提供しています。
ローカルメディアとは?成功事例の集客施策ポイントとオウンドローカルの可能性

オウンドメディア

オウンドメディアは公式サイトとは違い、認知の機能に重きをおいたWebメディアです。

運営元が自社や協力会社という設定になり、コンテンツSEOによって想定ターゲットが検索しそうなキーワードに対して上位表示をさせていきます。

オウンドメディアが成長することで港区で自社と親和性の高いユーザーのアプローチが可能であり、記事を投稿すればするほどリーチ幅を増やすことができます。
全研本社の
オウンドメディア制作について

ポジショニングメディア

住宅業界のポジショニングメディアポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
ポジショニングメディアとは、自社が取るべき検索市場とジャンルに合わせて最適化されたポータルサイト。
例えば、

  • 「港区在住の不動産投資を考えている単身男性」
  • 「港区で矯正歯科を検討しているOL層」
  • 「港区で住宅購入を検討しているファミリー層」
  • 「港区の高級賃貸物件を検討している高所得層」
  • 「港区で手厚い学習塾を探している親」

といったこのレベルまで落とし込んだサイト展開をしていきます。

大手ポータルサイトや地域媒体は掲載をしようと思ってもすでに掲載をしている競合他社が多くいるため、
その中からユーザーに選んでもらうよう努力をしなければなりません。

しかしポジショニングメディアを活用すれば、狙った市場で自社の強みや特徴を効果的に伝えられます。
そのため、反響率改善や自社に魅力を感じるユーザーから反響を取ることで成約率を高めることが実現できます。
ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディア導入事例

元々リスティング広告の出稿や公式サイト上での反響獲得に力を入れていましたが、思うように反響が伸びていきませんでした。
そこで、ポジショニングメディアを導入したところ、簡単に目標反響10件を越えてくれただけでなく、ポジショニングメディア経由のお客様は営業時にとても決まりやすいということがわかりました。
おかげさまで本店だけでなく、各支店や求人募集用のポジショニングメディアも導入することを決めました。

ポジショニングメディア
の導入相談はこちら

港区の集客に使える広告媒体まとめ

港区の集客で使える広告媒体を紹介しましたが、港区は競合他社にとっても狙いたいマーケットとして注目されていることでしょう。
激化していくマーケットの中でどの広告手法が効率的に集客できるかをしっかり考えた上で導入していきましょう。

全研本社では商圏に特化をしたマーケティング戦略を軸に7000件以上のWeb集客実績があります。
もし、自社にあったWeb戦略がわからない、ターゲット層が特殊なので集客に困っているなどございましたらお気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

【番外】港区の広告代理店一覧

港区で代表的な広告代理店を紹介いたします。

株式会社東急エージェンシー

会社名 株式会社東急エージェンシー
住所 東京都港区赤坂4丁目8番18号
URL https://www.tokyu-agc.co.jp/

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ

会社名 株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
住所 東京都港区虎ノ門一丁目23番1号虎ノ門ヒルズ森タワー
URL https://www.adkms.jp

株式会社電通

会社名 株式会社電通
住所 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル
URL https://ssl.dentsu-east.co.jp/

株式会社博報堂

会社名 株式会社博報堂
住所 東京都港区赤坂5丁目3番1号赤坂Bizタワー
URL https://www.hakuhodo.co.jp/

株式会社 大広

会社名 株式会社大広
住所 東京都港区芝2-14-5
URL https://www.daiko.co.jp/

お問合せはこちら

ページトップへ