札幌で集客効果の高い広告媒体をリサーチ

札幌で集客効果の高い広告媒体をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

北海道の心臓、札幌で集客効果の高い広告媒体とは

2020年5月現在、世間を騒がせているコロナウイルス問題からもわかるように、同じ北海道内でも札幌は他エリアと一線を画しています。広大かつ自然豊かな土地が広がる北海道において、札幌は最も人口が多い場所です。その数は約195万人と2位の旭川市に比べて6倍近くもあるので、圧倒的に都市部集中の状況になっています。

そして、札幌は経済的な観点から見ても強い影響力を持っている場所です。北海道におけるGDPの約40%を札幌が担っているので、札幌なくして北海道の経済は成り立たないと言っても過言ではありません。

また、北海道は土地の広さから車社会と言われていますが、札幌に関しては地下鉄・JRなど公共交通機関を使っている方も多いです。ただ、決して車が少ないというわけではないので、車社会に合わせた共通のマーケティングを行いつつ、札幌ならではのマーケティングも組み合わせてアプローチする必要があります。

まず札幌では日常生活の中で目にする交通広告が多いため、それを上手く活用したいところです。特に新聞のシェアは北海道新聞が約38%と大半を占めていること、および札幌市内だけでテレビ局が5局もあることは押さえておきましょう。さらに、車の利用者が多いことから、運転中にラジオを聞いている方がたくさんいることも見逃せません。

このように独自の特性を持っている札幌では、どんな広告媒体が役立つのでしょうか。それを見つけるための情報を本ページにまとめたので、ぜひチェックしてみてください!

札幌広告.COM

(引用元:札幌動画.COM https://www.sapporokoukoku.com/detail/)

札幌広告.COMは、その名の通り札幌に特化したプロモーション事業を展開している広告媒体です。札幌に本社を構える株式会社インサイトが運営しています。札幌特有の地域事情やライフスタイル、他エリアとの差異などを踏まえつつ、最新のプロモーションを提案しています。

提供しているサービスも幅広く、リスティング広告・ジオターゲティング・SEO対策・ネットリサーチなど、様々なアプローチを実施することができます。運営会社は他にも多数のWebメディアを持っているプロなので、高い集客効果が見込めるでしょう。

また、フリーペーパーや折込チラシなどのオフライン広告や、テレビや新聞といったマス媒体も取り扱っているため、インターネットを使わないユーザーに対しても訴求可能な広告手段を持っています。

札幌広告.COM

財界さっぽろ

(引用元:財界さっぽろオンライン https://www.zaikaisapporo.co.jp/)

財界さっぽろは、札幌・北海道に関する様々な情報を発信している広告媒体です。月刊誌「財界さっぽろ」をはじめとする出版物、およびWebメディアの2種類を展開しています。

「情報を先取り、タブーに挑戦」という編集方針に基づき、生活者・企業経営者にとって役立つ情報を提供するのがコンセプト。健康・経済・観光・スポーツなど、バリエーション豊かなコンテンツを取り扱っているので、オフライン・オンラインともに多くのユーザーが閲覧しています。

誌面広告やバナー広告の掲載を依頼することができるため、札幌での集客を考えているなら要チェックです。

財界さっぽろ

電通北海道

(引用元:株式会社電通北海道 http://www.dentsu-hokkaido.jp/)

電通北海道は、広告業界において誰もが知っている電通グループに所属する大手広告代理店です。自治体や有名企業がクライアントとなる大規模案件に多数携わっていたり、全北海道広告協会賞を何度も受賞したりするなど、確かな実績を持っています。

業界最大手の電通グループというだけあって、取り扱っているメディアの種類も豊富。新聞・雑誌・テレビといったマス媒体に加えて、OOH(オフライン広告)やWebメディアを使ったプロモーションにも携わっているので、高い集客効果が期待できます。

また、インバウンド・アウトバウンドマーケティングにも取り組んでいるため、海外を視野に入れて集客することも可能です。

電通北海道

poroco

(引用元:poroco公式サイト https://www.poroco.co.jp/)

porocoは、札幌女子をメインターゲットとするWebメディアです。グルメ・ファッション・ライフスタイル・美容など、20代~30代の若い女性に向けた様々な情報コンテンツを発信しています。

企業の広告掲載にも対応しており、一般的なバナー広告はもちろん、ランディングページや記事タイアップ、メールマガジンといった広告メニューも提供しています。

月間平均50万PV、平均ユニークユーザー数35万人以上など、多くのユーザーが利用しているため、若い女性向けの商品・サービスを取り扱っているなら、おすすめの広告媒体です。

poroco

novella(ノヴェロ)

(引用元:株式会社ノヴェロ https://www.novello.co.jp/)

novella(ノヴェロ)は、札幌市に本社を置いている広告代理店です。札幌のほか、旭川・函館・釧路・帯広など道内の各主要都市に拠点を設置しているので、北海道全域にプロモーションを仕掛けることができます。

サービスメニューについては、テレビ・新聞・交通・Webなど幅広い広告媒体に対応。プロモーション用のツール作成やマーケティングリサーチといった支援も行っているため、一貫したサポートが可能です。

これまで5,000社以上のクライアントに携わるなど経験・実績も豊富なので、安心して任せることができます。

novella(ノヴェロ)

北海道新聞

(引用元:北海道新聞社営業局 https://adv.hokkaido-np.co.jp/index.html)

北海道新聞は、札幌における新聞購読者シェアの38%を占めているスタンダード的存在です。紙面だけではなく、Webで発信している「どうしん電子版」もあります。

紙面・Webともに広告掲載枠を設けているため、新聞を好むユーザー層を集客したいなら最適のアプローチです。掲載位置やサイズによって広告費は細かく変動するので、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、折込チラシやフリーペーパーも取り扱っているので、地域やターゲットに合わせてアプローチを変えることもできます。

北海道新聞

道交通共栄社

(引用元:有限会社道交通共栄社 http://ko-tu.com/)

道交通共栄社は、JR北海道の交通広告をメインに取り扱っている広告代理店です。車内の中吊り広告や額面広告、駅構内の看板広告やデジタルサイネージなど、自然と目に入ってくる交通広告の提案から施工まで対応しています。

北海道で最も乗降客数が多い札幌駅にも携わっているため、通勤・通学者に対してアプローチしたいなら非常に有用です。

また、交通広告以外に紙媒体やホームページなども取り扱っているので、幅広い提案ができます。

道交通共栄社

セカンドエイト

(引用元:セカンドエイト株式会社 https://www.second8.co.jp/)

セカンドエイト株式会社は、中小企業や個人事業主をメインターゲットとする広告代理店です。複数の広告媒体を組み合わせた「クロスメディアプロモーション」と、スマートフォン・携帯電話に着目した「モバイルマーケティング」を得意としています。

近年はスマートフォンを使ってWebにアクセスする方が増えているため、特に後者は集客において重要です。モバイルサイトと他の広告媒体を用いたメディアミックスにより、相乗効果が期待できるでしょう。

また、上記以外にラインディングページ制作やテレビCM素材制作、SEO対策などに取り組んでいるので、多角的なアプローチができます。

セカンドエイト

札幌独自の地域事情を押さえて広告媒体を検討しよう

札幌は北海道にとって欠かせない心臓部であり、他のエリアに比べると地域事情はかなり異質です。インバウンド市場やふるさと納税市場、固有の地場産業が発展しているので、広告媒体のターゲットも幅広くなっています。そのため、効率的に集客したいなら、ある程度ターゲットを絞り込んで訴求することが大切です。

全研本社は7000件以上のWeb集客実績を持っているので、業種やエリアに合わせたマーケティングプランを提案できます。どのように集客すればいいのかわからない、自社向けのアプローチが知りたいといった質問がありましたら、ぜひキャククル内のフォームよりお問い合わせください。

集客のご相談はこちら

ページトップへ