BtoBサイト制作を得意とするホームページ制作会社7社を徹底比較!

BtoBサイト制作を得意とするホームページ制作会社7社を徹底比較!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

BtoBサイト制作を得意とするホームページ制作を得意としている制作会社についてリサーチ。

どのような特徴があるのか、費用はどれくらいかかるのかなどについてまとめています。

ホームページの集客力をアップさせたい、自社のブランディングにホームページを役立てたいと考えている方は、参考になさってください。

さらにBtoB企業ならではのサイト制作、ホームページを制作するにはどうすればよいか、注意点なども含めて解説しています。

BtoBサイトやBtoB事業のホームページの制作は、作り方や設計次第で経営を左右するくらい重要な施策です。

それがわかってはいても、ホームページんのリニューアルや新規制作にはまとまったコストもかかりますし、ついつい二の足を踏んでしまいますよね?

そこでここでは、BtoBサイト制作やホームページ制作を依頼できる制作会社7社の特色やサービス実績、制作料金について調査しながら、BtoBサイト・ホームページの種類、制作する際のポイントについても解説しています。

BtoB向けのサイトとホームページの違いや役割について知りながら、相性の良い会社探しのヒントになれば幸いです。

※サイト制作に関するお問い合わせなどは、直接各社までおねがいします。

BtoBサイト制作・ホームページ制作会社7選

BtoBサイト制作・ホームページ制作会社
BtoBサイト制作やホームページ制作会社を依頼できる会社名と特徴を、わかりやすく一覧表にまとめました。

表下では、各社のサービス概要や企業情報も紹介していますので、会社選びの参考にしていただければと思います。

会社名 特色
株式会社ベイジ 実務的なサイトデザイン・構成を提案
株式会社イノーバ コンサルティングから施策実行まで一貫対応
株式会社フブキ 独自開発のCMS採用で編集・更新しやすい
株式会社リーディング・ソリューション ロボティクス技術を活用した高精度分析・改善
株式会社モノサス BtoBらしさを映像やデザインでも追求
株式会社タービン・インタラクティブ 世界トップシェアソフトウェア「HubSpot」のDiamondパートナー
全研本社株式会社 ユーザーを購買行動へと促す戦略的メディア制作

株式会社ベイジ(baigie)

株式会社ベイジキャプチャ画像
画像引用元:株式会社ベイジ公式サイト(https://baigie.me/)

株式会社ベイジの特徴

BtoB専門のWeb制作会社として立ち上げられた株式会社ベイジは、独自のメソッドとワークフローを使ってホームページを制作・リニューアルしてくれる企業です。

サイトデザイン制作はもちろん、マーケティング企画やコンテンツ制作、効果測定・改善まで一貫してサポートしてくれるのが特徴で、業務フローに配慮したUX/UIデザインを得意としています。

制作するBtoBサイトは、どれも顧客獲得を目的にしながら、解約率を下げるための施策や運用のしやすさにも配慮されており、ビジネスの課題解決にも目を向けて制作してくれます。

コーポレートサイト制作のほか、採用サイト制作にも対応。応募者の心をとらえるコンテンツ作成や応募者の心理を見据えた行動導線など、採用戦略のノウハウも豊富です。

株式会社ベイジの料金

株式会社ベイジの制作・サービス料金は、公開されていませんでした。

株式会社ベイジの実績

コンサルティング会社、広告運用代行事業、通信施設向け設備製造業、3DCGデザイン会社など、他業種のコーポレートサイト・採用サイト制作

企業概要

会社名 株式会社ベイジ
URL https://baigie.me/
TEL 03-6407-8750
所在地 東京都世田谷区代田6-6-1 TOKYU REIT下北沢スクエア 3F
設立 2010年1月

株式会社イノーバ

株式会社イノーバキャプチャ画像
画像引用元:株式会社イノーバ公式サイト(https://innova-jp.com/)

株式会社イノーバの特徴

創業以来、500社以上の事業支援をしてきた株式会社イノーバが行うのは、BtoBマーケティング伴走型のWeb支援サービス。

「誰に・どんな情報を・どのチャネルで・どんな優先順位で届けるか?」を事前に整理して、ペルソナ設定や目的・目標設定を完了してから施策に取り掛かります。

コンサルティングを行うのは、BtoBビジネスに精通したプロのコンサルタント。ヒアリングから課題抽出、企画設計、施策実行までワンストップでサポートしてくれます。

また、ホワイトペーパー制作やメルマガライティングなど、個別の依頼にも対応。「人材不足から自社コーポレートサイトが思うように運用できない」といった顧客の要望にも応え、施策の実行支援にも力を入れています。

株式会社イノーバの料金

  • サービスサイト制作(数十ページ)…約500万円~

株式会社イノーバの大まかな料金は上記のとおりです。
詳細は問い合わせ後、打ち合わせやヒアリングを経て見積りが提示されます。

料金参照元:株式会社イノーバ「料金」

株式会社イノーバの実績

流通業、製造業、歯科向けソフトウェア開発業、石油会社、印刷業など、500社以上のコーポレートサイト・サービスサイト・LP制作・リニューアル実績あり。

企業概要

会社名 株式会社イノーバ
URL https://innova-jp.com/
TEL 03-4405-7431
所在地 東京都新宿区市谷船河原町9-1 NBCアネックス市谷ビル7F
設立 2011年6月

株式会社フブキ

株式会社フブキキャプチャ画像
画像引用元:株式会社フブキ公式サイト(https://www.fubuki.com/)

株式会社フブキの特徴

中小企業を中心に、BtoBビジネスのブランディングやPR戦略を手がけてきた実績を持つ株式会社フブキ

ブランド志向のホームページ制作を得意としており、創業から23年以上にわたり培ってきたノウハウと実績を活かして、コンサルティング支援とともにサービスを提供しています。

これまでに、BtoB企業の新規顧客開拓のほか、企業のリ・ブランディングの提案や人材採用サポートをしてきました。

ホームページ構築前には、必ずリード獲得のためのストーリーやシナリオ設計を構想。制作には、独自開発の「ノンコードモジュール」を採用しており、直感的な操作で新規ページ作成や更新もスムーズに行えます。

どんな企業にもある「その会社らしさ」を大切に、ロジカルなメソッドによる編集で、ユーザーにしっかり伝わるサイトを制作してくれます。

株式会社フブキの料金

株式会社フブキの制作・サービス料金は、公開されていませんでした。

株式会社フブキの実績

IT関連企業、教育システム販売業、不動産建築業、公共放送メディア、医療・福祉関連業などのコーポレートサイト制作・サービスサイト制作・運用業務

企業概要

会社名 株式会社フブキ
URL https://www.fubuki.com/
TEL 03-6721-1075
所在地 東京都渋谷区神宮前2-13−2ユハラアネックスビル2F
設立 1999年10月

株式会社リーディング・ソリューション

株式会社リーディング・ソリューションキャプチャ画像
画像引用元:株式会社リーディング・ソリューション公式サイト(https://www.leading-solutions.co.jp/)

株式会社リーディング・ソリューションの特徴

2004年の創業以来、中小BtoB企業を中心に、300社以上のデジタルマーケティングを支えてきた株式会社リーディング・ソリューション

戦略立案から施策実施、PDCAまで一連の業務を代行する「KPO(ナレッジ・プロセス・アウトソーシング)」という支援スタイルを採用しており、自社内の体制を変えることなくWeb施策に注力できるようサポートしてくれます。

サポート業務では、単発的な施策実施ではなく継続的なPDCA活動を重視。

ロボティクス技術を活用した高精度なマーケティング分析で、データと経験の両方からアプローチ方法を探り、最適な改善提案を行います。

リード獲得や集客力を高めるために改善を続けて、最小限の費用で高い効果を生み出すことを目指してくれます。

株式会社リーディング・ソリューションの料金

  • 初期費用…200~300万円
  • サイト構築・運用支援…30~150万円/月

株式会社リーディング・ソリューションの料金は、サイトの制作・運用規模やコンサルティング内容によって異なるようです。初期費用と月額費用の両方が必要な場合と、月額料金のみが発生するケースが事例で紹介されていました。
詳細は、問い合わせや見積依頼にてご確認ください。

料金参照元:株式会社リーディング・ソリューション「事例」

株式会社リーディング・ソリューションの実績

製造業、サービス業、商社、IT企業など、300社以上のBtoBコーポレートサイト制作・導入支援実績あり

企業概要

会社名 株式会社リーディング・ソリューション
URL https://www.leading-solutions.co.jp/
TEL 03-5159-6664
所在地 東京都中央区銀座1-13-7 木挽ビル3F・6F
設立 2004年9月

株式会社モノサス

株式会社モノサスキャプチャ画像
画像引用元:株式会社モノサス公式サイト(https://www.monosus.co.jp/)

株式会社モノサスの特徴

株式会社モノサスは、2012年にBtoB企業支援チームを発足させて以来、10年以上にわたりサイト制作の実績とノウハウを積み上げてきた制作会社です。

BtoBサイトを「反響獲得型サイト」「ブランディングサイト」「コーポレートサイト」「採用サイト」の4分野に分けて提案。

クライアントのニーズによって、スマホ対応のレスポンシブデザインや翻訳機能を備えたグローバルサイト構築も行っています。

「BtoBならではのWebサイトを追求する」をモットーに、人やモノにフォーカスしたサイトづくりにこだわっているとのこと。

ドローン撮影や従業員が現場で仕事に取り組む姿など、映像表現にも強みを持っている制作会社です。

株式会社モノサスの料金

株式会社モノサスの制作・サービス料金は、公開されていませんでした。

株式会社モノサスの実績

製造業を中心に、建設会社や流通業、NPO法人など企業・団体のコーポレートサイト企画・制作・リニューアル

企業概要

会社名 株式会社モノサス
URL https://www.monosus.co.jp/
TEL 03-5308-1510
所在地 東京都渋谷区代々木3-9-5
設立 2004年10月

株式会社タービン・インタラクティブ

株式会社タービン・インタラクティブキャプチャ画像
画像引用元:株式会社タービン・インタラクティブ公式サイト(https://www.turbine.co.jp/index.html)

株式会社タービン・インタラクティブの特徴

企業のブランディングとマーケティングの両方を実現するBtoBサイト制作やホームページリニューアルを行っている株式会社タービン・インタラクティブ

ブランド力を高めながらリードを獲得するために、デザインやユーザビリティを重視し、バランスの良いサイト構築を目指していると言います。

実際に、サービスサイト公開後に問い合わせ件数が増加した事例や、リニューアル後2か月でアクセス増が3倍に伸びたなどの成功例が公式サイト内で紹介されていました。

制作を担当するのは、BtoBのマーケティングに精通した制作スタッフ

Webからの問い合わせが来ない、製品・サービス名の認知度が上がらないなど、BtoBサイトならではの悩みを解決するために、Web戦略の見直しから行ってくれます。

株式会社タービン・インタラクティブの料金

株式会社タービン・インタラクティブの制作・サービス料金は、公開されていませんでした。

株式会社タービン・インタラクティブの実績

製造業、海運事業、情報・通信業、医療・眼鏡機器製造、教育機関などのコーポレートサイト制作・リニューアル、サービスサイト制作

企業概要

会社名 株式会社タービン・インタラクティブ
URL https://www.turbine.co.jp/index.html
TEL 03-6417-9803
所在地 東京都品川区西五反田3-6-20 いちご西五反田ビル2F
設立 1999年4月

全研本社株式会社

全研本社株式会社キャプチャ画像
画像引用元:全研本社株式会社公式サイト(https://www.zenken.co.jp/)

全研本社株式会社の特徴

IT事業を主軸に、語学事業やメディア事業、AI事業などを幅広く展開する全研本社株式会社

コンテンツマーケティングによる集客支援を得意としており、BtoB企業を中心に、120業界・8,000件以上の専門メディアを制作してきた実績を持っています。

数あるBtoB向けメディアの中でも、独自に展開する「ポジショニングメディア」での実績が豊富。

企業それぞれの「独自の価値」と「ユーザーニーズ」のどちらも満たす市場を見つけ出し、ユーザーを購買行動へと促す、戦略的なメディア制作を行います。

景表法や医療広告ガイドラインなどの広告表現や関連法規にも精通しており、専門家によるリーガルチェック体制のもとで、専門性の高いサイト制作が可能です。

全研本社株式会社の料金

全研本社株式会社の制作・サービス料金は、メディアの種類や規模、ページ数、提案内容などによって異なります。

BtoB向けホームページ制作に関しては、下記よりお問い合わせください。折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

BtoBサイト・ホームページ制作
について相談する

全研本社株式会社の実績

メーカー、システム開発、住宅建築・販売など、BtoBを中心とした120を超える業界で8,000件以上のサイト制作・運用の実績あり

企業概要

会社名 全研本社株式会社
URL https://www.zenken.co.jp/
TEL 03-3349-0451
所在地 東京都新宿区西新宿6-18-1住友不動産新宿セントラルパークタワー18・19F
設立 1978年7月

BtoBサイト・ホームページ制作のポイントとは

ホームページ制作会社打ち合わせイメージ画像
BtoB企業のWebサイトでは、基本的に企業情報や自社の商品・サービス紹介、投資家向け情報(IR情報)、採用情報や資料ダウンロード・問い合わせ情報など、集客や販売促進、採用に対応できるさまざまな情報が掲載されています。

従来は、ホームページ(コーポレートサイト)が企業の情報全般を発信する場として利用されてきました。

しかし、最近ではホームページとの役割を切り分け、Webサイトからの問い合わせ(リード)獲得を意識したサイトを別で設ける企業やリニューアルに力を入れる企業が増えており、BtoBサイトは、集客に貢献するツールとして認識されるようになってきました。

BtoBサイト・コーポレートサイトの役割

BtoBサイトは、主に見込み顧客(リード)を獲得する目的と、既存顧客との関係を構築する目的で運用されます。さらに最近では採用のためにオウンドメディアを運用する企業も増えてきました。

BtoBビジネスは商材の特性上、高額で大規模な受注になる事案も多くありますが、それだけに成約にたどり着くのは簡単ではありません。

商品・サービスの導入を比較検討する期間が長く、成約までに決裁者の同意や稟議、契約書のやり取りなど多くの工程が発生します。BtoC商材よりも売り上げにつながるまでに時間を要する傾向にあります。

コロナをきっかけにWeb上での情報発信に重きを置く企業が増えた一方で、BtoBの製品やサービスをインターネット上で探し、時間をかけて比較検討するユーザー(見込み客)も増えています。

企業が顧客を獲得するためには、従来の営業方法を変えていく必要があり、その手段のひとつとしてBtoBサイトを集客ツールとして利用するようになったのです。

BtoBサイトでは企業の情報を豊富に提供し、かつ企業の魅力や強みをわかりやすく伝えて、興味・関心を持った見込み顧客を獲得していきます。

企業イメージを醸成してブランド価値を上げる、サービスに関する詳細や資料を提供するなど、Web上で営業活動を行って集客に繋げる役割を果たします。

一方、既存顧客に対しては、顧客に有益な情報や企業活動について周知することでタッチポイント(顧客接点)を増やし、自社との関係を強固にしたり維持したりする役割を持っています。

BtoB事業に必要なサイトの種類

BtoBサイトは、主に4つに分類されます。

以下4つのコンテンツは「ホームページ」内にすべて存在する場合もありますが、役割ごとにそれぞれ独立したWebサイトとして運営されるケースが増えてきています。

コーポレートサイト

企業の公式Webサイトです。自社が所有・管理する会社の総合案内のようなサイトを指します。日本で言う「ホームページ」は和製英語で、コーポレートサイトの俗称です。

コーポレートサイトでは主に、顧客や投資家、採用希望者、取引先など、企業のステークホルダーに向けて社内情報を発信します。

そのため、会社概要や企業理念、商品・サービス情報、IR情報、お客様の声、導入事例、ニュース、プレスリリース、問い合わせ情報など、さまざまなコンテンツが含まれます。

採用サイト

採用サイトは、企業の採用活動に特化したサイトです。

コーポレートサイトの一部としてページが設置されることもありますが、独立したサイトにする場合は、就職先・転職先を探している求職者をターゲットに制作します。

求人情報やキャリアイメージはもちろん、職場の雰囲気や社内で働く人の様子をインタビューなどで紹介し、「この会社で働いてみたい」と思えるような内容でアプローチします。

IRサイト

株主や投資家が必要としている専門的な情報を発信するWebサイトです。上場企業では、コーポレートサイトとは別に設けるケースが多くみられます。

経営戦略や事業状況に関する情報、経営理念、会社概要・沿革、グループ会社情報、IRニュース、プレスリリース、決算・株価情報、株主総会や株主優待に関するお知らせ、CSR活動、IRカレンダーなどを掲載します。

サービスサイト

見込み顧客の獲得を目的として、自社の商品・サービスに関する情報を細かく掲載するWebサイトです。商品・サービスの販売ページに繋げるサイトもあれば、1ページで完結する「ランディングページ」型のサービスサイトもあります。

資料をダウンロードしてもらう、セミナーやウェビナーに参加してもらう、問い合わせをしてもらうなど、訪れたターゲットにアクションを起こしてもらいやすい導線設計にする必要があります。

営業活動に貢献するBtoBサイトの価値は上がっている

ネット上で購入や取引が成立するBtoCとは違い、BtoBサイトは問い合わせや資料ダウンロード、見積依頼や商談といったアクションをした「見込み客」を獲得し、成約するところまで顧客を育成するツールでもあります。

見込み客を獲得したあとは、営業担当者による電話やアポイント取り、訪問、提案活動などを経て、受注・成約の可否が決まります。

そのためBtoBサイトは、見込み客が知りたい情報を的確に提供して営業プロセスの手助けをして、効率よく売り上げにつなげるサイトであることが理想です。

テレワーク導入や働き方改革などの流れを受けて、従来の対面型の営業スタイルを続けているだけでは、顧客獲得に繋がらないケースも出てきています。

したがって、非対面(オンライン商談など)で営業活動を行う「インサイドセールス」や「インバウンドマーケティング」の役割を果たすツールとして、BtoBサイト施策が重要度を増しているのです。

このインサイドセールスやインバウンドマーケティング導入メリットや成功ポイントについては、下記ページでも詳しく紹介しています。

インサイドセールスがBtoBマーケティングに欠かせない理由とは?

BtoBサイト制作会社を選ぶ際の注意点

BtoBサイトは、BtoCサイトやホームページとは異なり、デザイン面やコンテンツ、導線設計など、あらゆる面でテクニックが必要です。

インパクト狙いでデザイン性に走ったり、複雑な構造にしたりしてしまうと、顧客が求めている情報にすぐにたどり着けず、離脱を招いてしまう恐れもあります。

キャククルではさまざまな企業の情報を独自に調べて記事にしていますが、「知りたい情報がなかなか見つからない」コーポレートサイトの、なんと多いことか!

改めてわかりやすいサイト構造や導線設計、読み込み速度、問い合わせフォームの手間など、一つひとつのユーザー体験(UX)を大事にしなければならないと、自戒の念をもって感じている次第です。

制作会社に任せっきりにせず、「デザイン性は高いけれどUXが悪い」BtoBサイトやホームページにならないよう注意しましょう。

また、BtoBサイトは制作して終わりではありません。サイトから利益を生み出す、つまり、より多くの集客をするために制作したあとの運用体制が何よりも重要です。

依頼する制作会社がBtoBサイトの制作経験があるかだけでなく、運用まで任せられる会社か否かを見極めた上で選ぶようにしましょう。

制作実績をある程度持っている制作会社は、コーポレートサイトで制作事例を紹介しているケースが少なくありません。自社の業種やビジネスに合わせたサイトづくりができそうか、事前に制作実績・事例の確認をおすすめします。

BtoBサイト・ホームページ制作会社まとめ

BtoBサイト・ホームページ制作会社イメージ画像
BtoBサイトは、Web上で見込み客を獲得するだけでなく、既存顧客との関係性をより深めるために非常に大きな役割を果たします。

BtoBサイトの役割や種類を理解した上で、自社のニーズに沿ったサイトを提案・設計してくれる制作会社を選ぶようにしましょう。

下記ページでは、BtoBサイト制作の具体的な手順や注意すべきポイントについて詳しく紹介しています。

BtoBサイトの制作を検討している方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

BtoBサイト制作の手順と構築にあたり気を付けたいポイント

また、下記ページより、BtoBビジネスにWebマーケティングを導入する際の戦略の立て方、具体的な施策について案内する「BtoBマーケティングガイド」無料でダウンロードできます。

BtoBマーケティングについて情報収集をされている方は、ぜひこちらの資料もご活用ください。

ページトップへ