BtoBマーケティングで動画を効果的に活用する手法とは

BtoBマーケティングで動画を効果的に活用する手法とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

これまで動画を活用したマーケティングはBtoCが主流でした。
しかし、現在では動画をBtoB向けに活用する企業が増えてきています。
今後BtoBにおける動画の活用はさらに需要が高まるでしょう。
本記事では動画を活用したBtoB動画マーケティングの概要と行うメリットについて解説します。

BtoB動画マーケティングとは

movie_marketing

BtoB動画マーケティングとは動画を活用し、企業の商品やサービスの販促、顧客獲得などを目的とした
マーケティング手法の一つです。

動画は文字や静止画のコンテンツよりも情報量が多いため、内容が伝わりやすく
記憶されやすい特徴があります。
また動画を活用することで、製品の魅力をわかりやすく伝えることができるため、商品理解を深めることができます。
さらに、動画はSNSや自社のWebサイトやSNSなど様々な媒体に二次的利用を行えることができるため
効果的です。

動画市場規模の現状

camera_lens
ここでは動画市場の現状について説明します。

コロナ禍における動画の需要の変化

2020年の新型コロナウイルス拡大により自宅で過ごす時間が増加し、それに伴って動画視聴時間も増加傾向にあります。
また、BtoBの営業においても展示会や商談などがオンライン化し、動画を活用した営業活動が主流になりました。

実際に、コロナ禍のマーケティングに関するアンケート調査を見ても約8割の無形商材の業者が
動画マーケティングに興味を示しているというデータもあります。
このような傾向から今後、動画の需要はますます高まっていくといえます。

動画を活用したマーケティングの現状

動画を活用したマーケティングは既に大手企業で80%以上が導入をしています。
実際に、2022年の動画配信市場調査レポートを見ても2021年と比べて
2022年は114%増加の4230億円規模に拡大しています。

動画はメルマガや公式SNSなど多岐にわたり活用することが可能です。
例えば、企業の採用動画やセミナー動画がその一例です。
採用動画や会社説明動画は最近では自社サイト以外にもTwitterなどでの発信が増えています。

また、動画を活用した広告として最近ではサイネージやタクシーの車内広告が増えてきています。
このように今後も動画を活用したマーケティングは様々な業種・業界に活用されていくことが
予想されます。
 

動画市場の規模は今後の見通しで2026年には5250億円になると推計が出ています。
今後は5Gなどさらなる、通信技術の発達によって動画の需要はますます拡大していくことが見込まれます。
さらにサイバーエージェントの調査においても動画広告市場はインターネット広告市場全体を上回る高い水準で成長していると報告されています。

これらの調査を見てわかるように動画市場は急速に拡大し、成長中であることがわかります。
このように動画市場の規模は今後も拡大していくために動画の需要は高まり、BtoBのマーケティングにおいても
活用される機会が増加することがも見込まれます。

BtoB動画マーケティングのメリット

BtoB動画マーケティングのメリットは4つあります。
ここではBtoB動画マーケティングのメリット4つについて解説します。

商品を訴求しやすい

 
動画は静止画やテキストよりも短時間で多くの情報を伝えることができるため
製品や会社の印象などの認知を獲得しやすい点が特徴的です。
 
アメリカの調査会社の研究によると1分間の動画では、Webページ3600枚分、180万ワードの情報量の伝達が可能であることが発表されています。
 
このように動画は短い時間で多くの情報を伝達できます。
また、動きやナレーションなどを用いることで、感情に訴えかけることが可能です。

内容に臨場感のある内容を用いることで使用感覚のイメージが行いやすくなり、
視聴者が自分でも体験したいと訴求することができます。
 
動画は短時間で多くの情報を伝達できるため、人の記憶に残りやすく、認知を獲得しやすいといえます。

見込み顧客を集客しやすい

動画を活用することで、見込み顧客を獲得することができます。

インターネットが普及したこともあり、情報収集時にインターネットが活用され欲しい情報をすぐに見つけることが可能になりました。
特に企業の購買担当者においては自ら情報収集をして製品の検討を行うようになっています。

例えば、情報収集時に動画があることで製品のイメージを具体的に想像できた
経験はないでしょうか。

その際に目的の動画があると製品やサービスの内容理解につながり、見込みの顧客を獲得することができます。
株式会社スプレッドオーバーの調査によると約4割の人が商品購入時に動画を見て情報収集を行っているというデータもあります。

このように動画を活用することは製品に興味をもってもらい、資料請求や商品や製品の導入に繋げることが可能です。
 

人柄や商品理解を深められる

動画のメリットとして人柄や商品理解を深めることができます。
 
商品の詳しい様子や会社の実態を見ることで、安心感を得ることができるでしょう。
その例に当てはまるのが社員採用動画や社内インタビュー動画となります。

コロナ禍になってこれまでは対面で行われていた採用活動がオンライン化されました。
それに伴い、オンラインでも求人募集や採用活動を行いたい企業が増えています。

その際に、会社の様子をWebサイトの文字だけで見るよりも顔があって見える方が信頼感を得ることができるのではないでしょうか。

また、商品説明の動画においてはサービスの商品や内容をしっかり盛り込むことで
製品の詳しい内容の理解につながります。

このように採用や商品説明に動画をマーケティングに用いることは
安心感のある情報を伝えることができる為にミスマッチを防ぐことができることなど効果的であると言えます。

色々な媒体で活用しやすい

動画を用いることは情報を様々な媒体で活用しやすいといえます。
 
他のサービスと連携することで情報をさまざまな方面に届けることができます。
 
例えば、公式SNSやメールマガジンと連携することで、情報が役に立つ・面白いなどユーザに引っかかる部分があれば、拡散されて認知度を高めることが可能です。

動画を作ることで自社の様々サービスに応用することができ、二次的な利用をすることで 様々な場所へ活用が可能になるため他のサービスとの連携についても検討して
見ることで効果を得られます。

動画を活用したBtoBマーケティングの活用事例

video_cam

ここでは、BtoB企業の動画活用シーンについてお伝えします。

広告プロモーション動画

広告プロモーション動画は広告宣伝を行うことが目的の動画です。
メリットとして、短時間で多くの情報をアピールできることや視覚と聴覚に訴求できる点が挙げられます。
例えば最近ではタレントマネジメントシステムや勤怠システムなどが動画の広告を活用しています。

広告プロモーション動画事例1:クリタグループ栗田工業

クリタグループクリタ工業のCMでは自社が扱う水を冒頭の映像に使用しています。
企業としての事業を冒頭から説明するのではなく、冒頭で視聴者に対して惹きを作ってから実際の事業説明を行っている点が特徴的です。
惹きをつける構成と内容に即した実写がBGMと相まって会社イメージがわかりやすく伝えられています。

広告プロモーション動画事例2:株式会社プラスアルファ・コンサルティング

株式会社プラスアルファ・コンサルティングCMでは実写とアニメーションを
用いながら自社の製品のサービスをアピールしています。
システムのイメージを可視化していることで商品の内容理解につながる点が特徴といえます。
これらの動画では文面ではわかりにくい情報を可視化することで商品や製品の理解に役立てられています。

このように、広告プロモーション動画は、短時間で多くの情報をアピールできることや文章では伝わりにくい情報を可視化できることが利点です。

会社紹介・ブランディング動画

会社紹介動画・ブランディング動画は視聴者に企業やサービスに対して安心感や信頼をもってもらうことを目的としています。
さらに、企業や製品イメージの定着が行える点が特徴といえるでしょう。

企業や商品の価値観のイメージを共有することで視聴者に内容をわかりやすく伝えることができます。
また、聴覚で訴えることで視聴者を惹きこみやすることが可能です。

会社紹介・ブランディング動画事例:テックウインド株式会社

テックウィンド株式会社では、動画は短いながらも会社のビジョンや事業内容を端的にわかりやすく紹介している点が特徴的です。
BGMと所々でいょうじされるメッセージが印象に残る動画になっています。

このように、会社紹介動画・ブランディング動画は企業イメージや製品イメージを明確に示すことができるのでるため効果的です。

セミナー動画

セミナー動画は業界の有識者が登壇する会議や勉強会をウェビナーで開催することで学習が行えるコンテンツです。

展示会などでブースに動画を流しておくと説明の手間などを省くことができます。
手間を省くだけでなく、商品に関する動画を見ることで内容の理解に役立てることができ、制約が高まる可能性があります。

セミナー動画事例:株式会社ラグランジュポイント

株式会社ラグランジュポイントでは様々なセミナー動画を
配信し、動画マーケティングを行うとともにセミナーの開催をアピールしています。
動画の最後に検索までしてもらうような設計が特徴的です。

セミナー動画事例2:長塚電話工業所

長塚電話工業所ではデモの様子をアニメーション化することで
製品の内容をわかりやすく説明する動画を作成しています。

セミナー動画は商品理解を深めることや自社のセミナーのアピールを
など多岐にわたる活用が可能です。

採用動画

現在では、コロナ禍によるオンライン化が進んだこともあり、動画コンテンツを使用した採用動画がトレンドになっています。
 
説明会で動画を流すことや会社紹介によって会社ブランディングの向上の為に活用する機会が増えているようです。

特に就活生の情報収集手段がスマホなどデジタル媒体に変化した点が大きな要因といえるでしょう。

セミナー動画事例:株式会社NSTロジ

株式会社NTSロジでは会社の様子を短いながらも社員の実際の事業の様子を伝えている動画を作成しています。
会社の様子が詳細にわかることで就活生にとっての会社選びに役立つ動画となっています。
このように会社の様子をダイレクトに伝える手段として動画が活用されているようになっている現状があります。

採用動画を作成することで、会社のブランディングを行うとともに求職者に対して安心して情報の提供が行えます。

お客様の声インタビュー動画

お客様のインタビュー動画を導入することによって視聴者の信頼度を向上させることができます。
企業の声を一方的に提示することに加えてお客様の声を掲載することで第三者の意見が入り信頼度が向上することで製品や商品の導入につながるためです。

お客様の声インタビュー動画:Teachme Biz

Teachme Bizではサービスの導入に至った経緯を動画で説明しています。
実際に商品を購入したユーザーの導入事例を紹介して、その商品に対する不安を払しょくすることができ成約につながっています。

このようにお客様のインタビュー動画を導入することは視聴者の信頼度を向上させることができ、商品導入につなげることができるため効果的です。
 

BtoB動画マーケティングで気を付けること

Point
動画を活用したマーケティングが流行しているなら制作したいと思う方も多いと思います。
実際コンテンツの制作にあたっては以下の2点を抑えることが重要です。
2点を抑えることで動画マーケティングの成果が異なるので注意しましょう。

制作したコンテンツのメリットを明確に伝える

動画マーケティングを行う上で重要なのは商品メリットをを明確に伝える必要があります。
動画のコンテンツが消費者が抱える課題を解決できるかどうか期待できる内容に
なっている必要があります。
特に商品紹介などの場合はは具体的に商品の良さや機能などを伝えることや
活用例を提示することで、コンテンツを自分事化できるために、
コンテンツの信頼や製品の購買につながるでしょう。

自社製品において何がアピールできるのか、どこを売り出したいかを明確に考えて
動画に載せることが大切です。

ターゲットを明確にする

動画マーケティングを行うにあたってはターゲットを明確にする必要があります。
最初に「誰に見てもらうのか」「視聴者が動画を見ることでどのように行動して欲しいのか」を明確化する必要があります。

ターゲットが明確化できていない場合だと、複数の伝えたいメッセージが混在してしまうため、何が伝えたいのかわからなくなってしまい、視聴者に伝わらないコンテンツになってしまいます。
まずは、動画でどのような「課題」を解決したいのか、目的やターゲットに
どのように行動して欲しいのか
を考えるようにしましょう。
そしてそれを踏まえた上で、メッセージや訴求したい内容をを主張すると効果的です。

以下では、ターゲットを明確にする4つの方法について説明します。

課題の設定を行う

動画の作成に関わらず、マーケティングを行う際には課題を的確に把握する必要があります。
課題を把握することで動画などのコンテンツで何を解決するのかが明確になり、

効果的なアプローチ方法が見えてくるのではないでしょうか。
例として自社製品の認知度が低い為に、認知度をあげ、商品の販促を行いたいなどが挙げられます。
まずは、身近な課題を把握し、どこに対してアプローチをするのか明確にしましょう。

目的とターゲットの設定

課題を決めた後にはどのような人にどんな目的でコンテンツを届けるのかを設定しましょう。
その際に設定した課題を元に誰に届けるのかを考えることで動画で伝えるべき内容が整理されます。

例えば、先ほど掲げた商品の認知度を向上させたい場合には新規顧客に対して商品を紹介することが挙げられると思います。
このように、ターゲットや目的を明確にすることで届けたい内容が明確化することや伝えたいメッセージが整理されます。

メッセージを明確にする

伝えるべき相手や課題が明確になることで商品イメージをどのように伝えるかが明確になります。
例えば自社の製品を売り出す場合には伝えたい場合には

自社の製品を知ってもらうことで購買促進に繋げることが挙げられるでしょう。
このように明確なメッセージを持ち、発信することがターゲット設定においては大切になります。

定期的な効果測定を行う

動画マーケティングは定期的に効果測定を行うことが重要です。
動画は静止画やWebサイトとは異なり、様々な効果測定の数値があります。

例えば、動画のクリック数や再生回数、視聴時間、視聴維持率などです。
視聴維持率は動画の内容や長さの良し悪しを判断する材料になるため、注意して
見ると良いでしょう。

このように、動画は様々な指標からコンテンツの分析を行うことができるため、
定期的な効果測定を行うことが重要になります。

全研本社の動画を活用したBtoBマーケティング事例

全研本社ではこれまでに様々な業種・業界に対して動画を活用したBtoBマーケティングを行ってきました。
以下では全研本社が制作した動画を紹介いたします。

会社紹介動画

こちらは全研本社の会社紹介動画です。
実写とアニメーションを用いながらわかりやすく特徴的を説明しています。
また、事業の紹介だけでなく、会社の歴史や社員の声を取り入れている為に
初めて動画を見た人でも全研本社を理解してもらえるような内容になっています。

商材説明動画

こちらの商材説明動画ではアニメーションを用いながら、全研本社で
行っている戦略的コンテンツマーケティングについて説明をしています。
短い動画ではありますが、インフォグラフィックスと内容にマッチしたBGMを活用し、情報を可視化している為に内容を理解しやすい動画になっています。

BtoBマーケティングを活用しよう

marketing
動画を活用することで様々な業種にアプローチを行うことが可能です。
今後BtoB動画マーケティングは5G時代の到来などでさらに需要が高まる可能性があります。
このように早い段階から動画マーケティングを行うことで効果を得られる可能性が高くなります。
マーケティングを活性化させる為には動画だけでなくSNSやWebサイトなどといったその他の媒体と組み合わせると効果的です。
動画だけのマーケティングを行うのではなく、複数のオンラインマーケティングを同時に打ち出して効果的なマーケティング手法を考えていきましょう。

キャククルを運営する全研本社では、これまでに120を超えるクライアントに対してWebマーケティングの支援を行ってきました。
今回、ご紹介したように動画を活用したマーケティングの実績もございます。
自社でのマーケティングにお悩みの方は、是非お気軽に、お問合せ下さい。

Webマーケティング
戦略の相談をする

ページトップへ