コールセンタージャパンの評判や広告掲載の料金を調査

コールセンタージャパンの評判や広告掲載の料金を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

コールセンタージャパンの特徴

コールセンタージャパンキャプチャ画像
引用元:コールセンタージャパン公式サイト(https://callcenter-japan.com/)

コールセンタージャパンは、コールセンターのマネジメント手法が掲載されている専門誌です。コールセンターの変化についてフューチャーし、在宅勤務やサテライトオフィスの活用方法、SVの育成方法など幅広いテーマを扱っています。

コールセンター業務は多岐にわたり、顧客のクレームから製品やサービスに対する質疑応答、契約の受注や獲得に至るまで作業が煩雑化しています。離職率が高く人手不足に悩む企業は少なくありません。SV育成や早期離職防止のために役立つ製品・サービスの広告を掲載すると、反響が期待できるでしょう。

雑誌・書籍だけでなくイベント・企画も開催

コールセンタージャパンでは、CRMデモ&コンファレンスといったイベントやプライベートセミナー、表彰制度であるコンタクトセンターアワードなどを行っています。

テーマが各イベントで決まっており、在宅やテレワーク支援・オペレーターの業務効率化のサービスを提供する企業が出展するなど、幅広い業界が足を運ぶビックイベントとなっています。

コールセンタージャパンの広告掲載料金

広告スペース 1回 3回
4色1ページ 620,000円 558,000円
見開き 1,080,000円 972,000円
表4 890,000円 801,000円
表3 790,000円 711,000円
表2 790,000円 711,000円
表2見開き 1,580,000円 1,422,000円
巻頭対向 720,000円 648,000円
4色よこ1/2ページ 340,000円 306,000円
4色たて1/3ページ 220,000円 198,000円
白黒1ページ 448,000円 403,000円
白黒1/2ページ 278,000円 250,000円

※公式サイトの媒体資料に税表記がなかったため、税込・税別不明
※一例として1回・3回の料金を掲載。6回・12回の料金まで設定されています。詳細は公式サイトをご確認ください。

コールセンタージャパンの口コミ・評判

コールセンタージャパンの広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

コールセンタージャパンに広告掲載するメリット

コールセンタージャパンの読者層は幅広く、サービス・通信業・金融・小売・商社・製造・電子機器製造・コンサルタント・マスコミ・食品など色々な業界に従事しています。

そのため、雑誌に広告掲載をすると、オペレーターを置く多くの企業に自社の製品やシステムを知ってもらうことができるでしょう。

顧客の満足度に関係するサービスの広告を打てる

コールセンタージャパンは、チャットボットやコミュニケーションツールなど、色々なシステムの広告を打つのに適している媒体だといえます。

コールセンターの業務では営業とオペレーターの間でコミュニケーション不足になったり、問合せ件数が多すぎて放棄呼の割合が大きかったりと、様々な問題が生じることがあります。

雑誌を通して自社の業務効率化のツールを知ってもらうことで、社内で検討してもらえる可能性が高まるでしょう。

また、雑誌で紹介してもらった後にイベントに出展すれば、雑誌では分からない部分についても訴求できるため、成約率を上げるのに一役買います。

サービス導入の決定権がある役職に就いている人が読者

コールセンタージャパンの読者は経営者・役員が7.6%、部長・次長が17.3%、課長が18.0%と4割以上が何かしらの決定権を持つ役職に就いています。

読者の多くが離職率を下げたい、あるいは人材の育成に力を入れたい、顧客満足度を高める施策が打ちたいと考えているので、サービスや製品の導入をより真剣に考えてくれるでしょう。

コールセンタージャパンの広告掲載までの流れ

コールセンタージャパンでは、広告掲載の申し込み締め切り日が発行前月15日までとなっています。

入稿データは校正ありだと発行前月25日まで、校正なしだと発行前月末が締切日です。申し込みに関しては、メールまたは電話にてお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

コールセンタージャパンのような、オペレーターの業務効率や、顧客満足度向上のための媒体に広告を打つと、現在業務で困っている企業が導入を検討してくれる可能性が高まります。

しかし、中には広告で興味を持っても、導入にまでは至らない見込み客がいることでしょう。見込み客を成約へと繋げるためにも、他媒体と合わせて集客施策を講じるのがおすすめです。下記の施策も合わせて検討してみましょう。

  • 各社のマーケティング担当者・SVなどにサービスを紹介するアポを取る
  • イベント・セミナーを開催して自社製品やサービスへの理解を深めてもらう
  • 他のコールセンター関連の雑誌に広告掲載をし、幅広い業界に訴求する
  • ポジショニングメディアで、自社製品やサービスに近いものを導入しようとしているターゲットを絞り込んで訴求する

上記の集客施策も合わせて実施し、継続的に集客できるような仕組みづくりを考えましょう。

コールセンター代行の集客・広告
マーケティング戦略のポイント

ページトップへ