企業会計への広告掲載料金や特徴や口コミ・評判をチェック

企業会計への広告掲載料金や特徴や口コミ・評判をチェック
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では、企業会計の特徴や広告掲載するメリット、広告掲載料金について調査してまとめています。
企業会計への広告掲載を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

企業会計の特徴

企業会計のキャプチャ画像
引用元:企業会計(https://www.chuokeizai.co.jp/acc/index.html)

企業会計は1948年に、株式会社中央経済社ホールディングスが創刊した会計情報誌です。会計処理に関するタイムリーなニュースや特集が組まれており、研究者や学者による論文も掲載されています。また、会計における現状分析や実務解説を主とした連載も掲載されています

企業会計の主な読者層は以下のとおりです。

  • 上場企業の経理・財務部門ならびに企画・管理部門のミドルおよびスタッフ
  • 上場・店頭登録を目指す中堅企業の経営者
  • 大手監査法人・税理士事務所に所属する職業会計士
  • シンクタンク、コンサルティング会社等の調査機関
  • 銀行・証券会社等の金融機関
  • 金融庁総務企画局、企業会計基準委員会、東京証券取引所、日本経済団体連合会等の団体

企業会計の広告掲載料金

企業会計のキャプチャ画像

企業会計への広告掲載料金は、ビズパに無料会員登録することで確認できます。また広告の掲載場所やサイズについては以下のとおりです。

  • 中面:1/4P:白黒
  • 中面:1/2P:白黒
  • 中面:1P:白黒
  • 表2:1P:白黒
  • 表4:1P:カラー

広告掲載料金の詳細を確認する方は、まずビズパへの無料会員登録を行ってください。

企業会計の口コミ・評判

企業会計への広告掲載に関する口コミは見つかりませんでした。

企業会計には創刊から70年を超える歴史があり、企業の実務家や研究者、職業会計人に広く親しまれています。発行部数26,000部のビジネス専門誌であるため(2021年8月時点)、広告を掲載することで大勢の方に自社の情報を届けることが可能です。

会計に関する製品やサービスを扱っているのであれば、広告掲載を検討してみましょう。

企業会計に広告掲載するメリット

企業会計のキャプチャ画像

企業会計は国内の会計界を牽引する専門誌であり、広告掲載により会計を実務的に扱う方や研究者などに自社をアピールできます。ほかのメディアとは異なり読者の層も固定されているため、ターゲットを絞ったマーケティングとしても有効です。

会計サービスなどを扱う企業であれば、読者のニーズとマッチした情報を届けられるでしょう。

企業会計の広告掲載までの流れ

企業会計の公式サイトには広告掲載に関する情報が記載されていませんでした。企業会計への広告掲載を希望する方は、まず公式サイトのお問い合わせフォームからメッセージを送信しましょう。

企業会計へのお問い合わせはこちら

また企業会計の媒体資料のダウンロードや広告掲載の問い合わせはビズパからも可能です。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

企業会計のキャプチャ画像

企業会計は国内でもパイオニア的存在である会計専門誌であり、各企業の実務担当者や研究者、経営者などに自社を認識してもらうために広告掲載は有効な手段です。

しかし、広告掲載の対策のみで終わってしまっては、自社との契約に結び付かないかもしれません。広告で興味をもったユーザーがインターネット検索した際に、より詳しい情報を提供できるように、ネット上の対策を行なうことをおすすめします。

以下を行なうのも、有効といえるでしょう。

  • 会計に特化した他ポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • グーグルマイビジネスを利用した指名検索対策
  • 商圏内ユーザーへアプローチするためのSEO対策
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

契約に繋がる集客戦略を構築していきましょう。

下記のページでは、「商談率8割超え」や「客単価が2.5倍」を実現した集客施策を含めた、製造業のマーケティング施策について解説しています。こちらもぜひご参考にしてみてください。

BtoB集客のための
戦略的Webマーケティングとは

ページトップへ