日本人材ニュースの広告掲載費用や評判をリサーチ!

日本人材ニュースの広告掲載費用や評判をリサーチ!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

企業の人事向けサービスの動向・最新ニュースを紹介する人事部長向けの情報専門紙「日本人材ニュース」。人材マネジメントや実務ポイント、話題のサービス活用法など、さまざまコンテンツを展開する日本人材ニュースへ広告掲載するメリットとは?広告掲載の費用や口コミ評判、掲載までの流れについて調査しました。

日本人材ニュースの特徴

日本人材ニュースキャプチャ画像
引用元:日本人材ニュース公式サイト(https://jinzainews.net/)

日本人材ニュースは、企業の人事向けサービスの動向・最新ニュースを紹介する人事部長向けの情報専門紙です。人材マネジメントや実務ポイント、話題のサービス活用法など、さまざまコンテンツを展開しています。

大手・上場企業へのリーチが可能

日本人材ニュースは雑誌・オンラインと2つの媒体を持つ専門紙で、4,000社に定期送付。中小企業をはじめ、上場企業などの大手企業の人事部門がターゲットユーザーとなっています。
意思決定者である人事部長が主な読者であることから、BtoB向けの商材を展開する企業におすすめの広告媒体です。

開封率はなんと95%以上

高い開封率をもつのは人材マネジメントに関する専門誌を一緒に送っているためです。目に留まりやすさから高確率でターゲットユーザーへ周知することが期待できます。

日本人材ニュースの広告掲載料金

日本人材ニュースキャプチャ画像

日本人材ニュースへの広告掲載料金については公式サイトで確認することができませんでした。日本人材ニュースへの広告掲載は、パンフレット同封サービス・純広告・記事広告の3つのメニューがあります。

パンフ同封サービス

パンフレット同封サービスは、日本人材ニュースと一緒に自社のパンフレットを同封するサービス。開封率95%以上を誇る専門紙と一緒に自社パンフを同封することで、高確率に人事部長へ情報を届けることができます。

純広告

純広告は、掲載したいデザイン広告を日本人材ニュースに掲載するサービスです。ターゲットへの認知度を高めるため、ビジュアルを使って訴求するのに効果的です。

記事広告

記事広告は、企業への取材記事広告を日本人材ニュースへ掲載するサービスです。取材を行うため、サービスや商品の特長を具体的に伝えることができます。客観性を重視したり、専門性の高さを訴えたい場合にもおすすめです。

また、記事掲載ページの抜き刷りをセミナー配布資料として活用することも可能。掲載を活用し、自社独自の付加価値を高めるのにも有効です。

日本人材ニュースの口コミ・評判

日本人材ニュースの広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

日本人材ニュースは人事部長向けの情報専門紙であることから、意思決定権を持つターゲットへ効率よくアピールすることができそうです。また、BtoB向けの商材を取り扱う企業の集客戦略としても有効でしょう。

日本人材ニュースに広告掲載するメリット

日本人材ニュースキャプチャ画像

人事部長へ直接PRすることができる

BtoB向けのサービスや商品をPRするなら、企業の社員はもちろんのこと、決定権を持つ責任者へ直接アピールするのが効果的です。

人事部長がターゲットの媒体に広告掲載することで、受注見込みを格段に高められます。
また、日本人材ニュースは開封率が高いため、積極的な集客戦略に一役買ってくれそうです。

大手・上場企業へ自社製品をアピールできる

日本人材ニュースの大きな特徴は、大手・上場企業4,000社へ定期送付しているということ。広告掲載することで営業ではアポをとることさえ難しい大手企業へ、直接アピールできるというメリットがあります。対面方式の営業が難しい時世もあり、大型の受注が見込めるターゲットへ効率よく自社をアピールできる絶好の機会です。

外資系の企業やスタートアップ企業へも不定期で送付しているようなので、幅広い分野の企業に周知することが可能です。

日本人材ニュースの広告掲載までの流れ

広告掲載は、メニューによって期日が異なりますので、公式サイトで確認してください。

また、「見本誌が欲しい」「送付先リストを見たい」「広告出稿の段取りを確認したい」「活用法を知りたい」などの相談も可能なようです。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

日本人材ニュースキャプチャ画像

日本人材ニュースへの掲載は、ユーザーへの認知度を上げるためには大切な手段です。意思決定権を持つ人事部長へ直接アプローチすることで、受注の可能性をグッと高めることができます。

しかし、大手・上場企業へPRしたいと考えるライバルは他にもたくさんあり、競合との契約争いは避けられないでしょう。また、企業側も他にもいいところがないのかと考えて、比較検討する心理もあります。

その様々な情報検索心理に合わせて、

  • 人事サービスに特化をした他ポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • グーグルマイビジネスを活用した指名検索対策
  • コンサルを活用し、自社独自の付加価値を高める
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

などを行い、さらなる集客戦略を構築していきましょう。

人事総務にアプローチ
広告媒体・メディアまとめ

ページトップへ