マイベストプロへの広告掲載や登録費用料金・評判を紹介!

マイベストプロへの広告掲載や登録費用料金・評判を紹介!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、専門家検索サイト「マイベストプロ」の特徴・広告掲載料金・評判についてリサーチしたものをまとめています。自分の専門家としての知名度をもっと上げたいと考えている方は、参考にしてみてください。

マーケティングは、多面的なアプローチが大事です。キャククルでは120以上の業界での集客経験をもとに、マーケティング戦略・手法について情報を発信しています。「接触した顧客の8割が商談まで進んだ」「成約までにかかる時間が3分の1に短縮した」「月に100回以上に問い合わせの電話がくるようになった」という成果に繋がった施策も紹介していますので、ぜひ関連ページもご覧ください。

マイベストプロとは?

マイベストプロとは、メディアによる信頼性を構築しながら、Webを活用して集客を実施する有料広告のメディアです。

効果的に情報発信を行うことでメディア上での自身のブランディングを確立し、Web上での発注などを受けやすくすることを目的としています。

個人・小規模の専門家が登録している場合が多く、「この狭い領域であれば自身がプロだという自覚があるのに…」という方に向いているかもしれません。

地方の新聞社や大手新聞社の名前がでており、実際は有料掲載広告ですが、読み手にとっての印象はそうではなく、何か取材を受けて取り上げられているような印象を
読み手に与えることができます。その意味ではマイベストプロは通常の有料広告掲載と一線を画したユニークな広告媒体といえます。

マイベストプロで何ができるのか?

専門的な知識がある事業者がマイベストプロに登録することで、各メディアとの連携・マッチングを行うことができます。

マイベストプロは「マイベストプロ東京」「マイベストプロ青森」といった全国都道府県毎に支部のような形で設置されており、
地場のメディアと深いつながりを持ちながら、運営が行われている点が最大の特徴です。

コラムをブログ感覚で投稿可能

自身の専門領域の情報を発信していく際に、ブログを運用されている方は多いのではないでしょうか?しかし日々情報を更新しても、アクセス数が伸び悩んでいるという悩みを抱える方も多いでしょう。

しかし、マイベストプロ上に更新することで、記事検索をされた際上位表示される可能性が高くなります。

登録者以外も記事は読むことができ、ブログのように活用すればマイベストプロの名前も活用しながら、上位表示されやすくなる可能性は高いでしょう。

Yahoo!知恵袋に専門家として登録できる

Yahoo!知恵袋を見た際、「専門家」の称号を得ている人を見たことはありませんか?
マイベストプロに登録すれば、「専門家」の立場から回答することが可能となります。

特定ジャンルへの回答を進めていくことで、自身のブランディングに繋がるケースを期待できるでしょう。

また、ブログなどの記事を執筆することが苦手な場合にも、知恵袋の回答であれば答えやすいという方は多いのではないでしょうか?Web上に情報を残しておくという観点から、まずは自身の知識を披露する場をつくるのはオススメです。

マイベストプロの掲載料金、費用は?

  • 初期費用 :5万円
  • 月額利用料:1万円

費用に関しては年間契約の縛りはあるものの、安価と捉えることができるのではないでしょうか。
しかし、その1万円に対して集客における対価が欲しいという観点であれば、少々心細いかもしれません。

マイベストプロへの掲載効果

自身を専門家としてブランディングできる

情報を公開していくことで、自身を特定分野の専門家としてブランディングしていくことが可能です。イチからコツコツと自分だけで情報を発信していくという手段もありますが、借りられる力は借りて運用してみるのも効率的ではないでしょうか?

また、企業の代表などをブランディングしていきたい場合にも、他社の情報発信方法が参考になれば、自社でも戦略を真似してみる、といったことも可能かもしれません。

マイベストプロに広告掲載した方の口コミ評判は?

薬剤師 S.Yさん

当薬局の特殊な形態・能力を伝える術がなく困っていたときに、マイベストプロに出会いました。地元のテレビ局が関与している安心感が強く、掲載を始めたところ漢方ファンの方が増え、確かな手ごたえを感じています。異業種についてはわかりませんが、専門性のある薬局には向いているサービスです。引用元:https://mbp-japan.com/professional/provoice.php

マイベストプロへの広告掲載や費用料金を紹介まとめ

マイベストプロをうまく活用すれば、個人の露出が増え、知名度が上がり、信頼感醸成を期待することができます。
継続的に活用することができれば、メディアへの露出機会を増やしていくことができるため、使い方次第では効果を実感しやすいようです。

特に、ビジネスとしてどういう分野に強みがあるのか、他と比べてどこに特徴があるのかについて明確にしやすい点はメリットでしょう。

もし、特定のエリア、ジャンルにおいて自社にとっての良質な顧客創出を検討したいという場合には、以下のような集客方法があります。

集客の成果に繋がるのは、的確なアプローチ

誰でもがその場で情報収集できるようになっている今では、ポータルサイトなどへの掲載によって自分をより多くの人に知ってもらうことが簡単です。

しかし、認知度向上の取り組みが売上に繋がらないと意味がありません。広いターゲット層に対して情報を発信しても、それが誰にも「刺さらない」ものなら費用に見合う効果が見込めません。

他の専門家と差別化を図り、効果的に集客をするには「自分の専門分野・特徴に合ったユーザーに情報を届ける」のがポイントです。親和性が高いユーザーに的確なアプローチができていれば、集客が売上に繋がる確立が上がり、リピートで頼ってくれる可能性も大きくなります。

自分にピッタリ合う顧客に出会えるには様々なマーケティング施策を試し、成果に繋がるものに力を入れましょう。下記の記事では、BtoB業界の集客戦略についてまとめています。「商談率8割以上」「一カ月あたり100件以上の問い合わせ電話」といった成果を残してきた施策も紹介していますので、ぜひご一読ください。

BtoB業界向けの
集客戦略総まとめ

ページトップへ