給食業界の課題とは?他社と差をつけるマーケティング施策もあわせて解説

給食業界の課題とは?他社と差をつけるマーケティング施策もあわせて解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

高齢化社会や保育所の増加により需要が増加する給食業界ですが、一方で企業間の差別化が難しいなどの課題を抱えています。こういった課題の解決に必要なマーケティング戦略と具体的な方法についてご紹介します。

給食業界の環境と動向

市食堂のイメージ画像

給食業界は、学校や病院、介護施設、食堂などに提供する「集団給食」とレストランや一般食堂などの「営業給食」に分類されます。近年では保育所数の増加などで「集団給食」の需要が増加しています。まずはそんな給食業界の環境と市場動向についてご紹介します。

保育所や介護施設からの需要増加

給食業界では、保育所や介護施設からの需要が増加しています。保育所の需要増は、共働き世代の増加とそれに伴う待機児童問題の影響により、保育所が増加傾向にあること、保育所給食を園内調理に切り替える保育所も増加していることが要因です。

また、高齢化社会の進行により介護施設が増加していることも、給食業界の需要増加に影響を与えています。これらの需要増は、社会的側面に起因するものであり、今後も引き続き拡大傾向にあると見られています。

食材費の高騰

需要増の一方で、課題として食材費の高騰があげられます。食材費は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う物流・人件費の高騰に加えて、石油価格の高騰、ロシアのウクライナ侵攻や円安の進行などにより、値上がりが続いています。

食材費の高騰は1割に及ぶとも言われており、これまでは価格維持に努力を続けてきた企業も、値上げせざるを得ない状況です。

給食業界の課題と解決策

給食業界の課題を解決する会議のイメージ画像

上記のような環境下、給食業界の課題や解決策はどのようなものがあるのでしょうか。ここでは給食業界の課題を以下の4点で考えてみます。

給食業界の課題と解決策 対策
1 HACCPの未導入 HACCP運用体制の構築
2 在庫や献立の管理体制 ITツールの導入
3 競合との差別化が難しい 自社サービスの情報を発信
4 人材確保が求められている 業務効率化の検討

課題①:HACCPの早急な導入

HACCP(ハサップ)とは、衛生管理の国際的手法で、

  • Hazard(危害)
  • Analysis(分析)
  • Critical(重要)
  • Control(管理)
  • Point(点)

の5つの頭文字を取ってできた造語です。2018年6月に「食品衛生法」の改正法案が可決され、2020年6月から食品を扱う全事業者がHACCPによる衛生管理を義務化されました。2021年6月からは完全義務化されており、食品を扱う給食業界も適用対象です。

HACCPの導入には、従来基準に比べてより厳密な衛生管理を行ったうえで、第三者期間に認証を受ける必要があります。

対策:HACCP運用体制の構築

HACCPに沿った衛生管理は義務化されているため、運用体制を構築する必要があります。HACCPの運用体制の構築には、1993年にCodex(国際食品規格)委員会が策定した「7原則12手順」に沿って、構築していく必要があります。

手順 内容
手順1 HACCPチームの編成
手順2 製品説明書の作成
手順3 意図する用途及び対象となる消費者の確認
手順4 製造工程一覧図の作成
手順5 製造工程一覧図の現場確認
手順6(原則1) 危害要因分析の実施
手順7(原則2) 重要管理点(CCP)の決定
手順8(原則3) 管理基準(CL)の設定
手順9(原則4) モニタリング方法の設定
手順10(原則5) 改善措置の設定
手順11(原則6) 検証方法の設定
手順12(原則7) 記録と保存方法の設定

上記の通り、HACCPの運用体制構築にはさまざまなものを決めていく必要があります。もちろんルールだけを作成すればいいわけではなく、全社一丸となって運用していかなければなりません。時間のかかる作業となるため、早急に対応する必要があるでしょう。

課題②:在庫や献立の管理体制

在庫や献立の管理体制も課題の一つでしょう。給食業界で扱う在庫は、食材や調味料などが中心で単純な在庫数だけでなく、食材の状態管理なども必要です。

また、コロナ禍の影響による休校・休園で顕在化した余剰在庫など、食品ならではの在庫コントロールも重要な課題と言えるでしょう。

給食業界の供給先である学校給食、介護施設などでは、栄養バランスや調理状況、食材の調達状況なども加味したうえで、献立を管理する必要があり、非常に煩雑なものとなっています。

対策:ITツールを導入する

在庫や献立管理の課題にはITツールの導入が効果的です。給食業界向けのITツールでは、在庫管理や実績データの集計の一部が自動化できたり、異常値を検知してアラートを出してくれたりする機能が備わっています。

ITツールの導入により煩雑な業務を効率化し、人為的ミスを極力減少させることができる点は大きなメリットです。その分営業活動や事業分析など、業績に直結する業務に時間を割けるようになるため、業績向上にもつながります。

課題③:競合との差別化が難しい

3つ目の課題は、競合との差別化が難しい点があげられます。給食業界の主力である学校給食や介護給食では、かけられるコストや栄養バランスなどが厳密に定められていて、提供できるサービスの自由度はかなり低くなっています。

結果として、差別化が難しく価格競争に陥るため、収益性が低くなる点は大きな課題と言えます。

対策:自社サービスの情報を発信する

他社との差別化という点では、自社サービスの情報を積極的に発信していくことが重要でしょう。例えば、関係者向けに給食の試食会を開催し、自社の給食の味を確認してもらうなどは有効な手段です。

また、学校や介護施設、病院などそれぞれの特性に合わせたメニューの開発や魅力の発信なども考えられます。差別化が難しいからこそ、自社がどのような会社なのかを販売先に知ってもらう情報発信が非常に重要だといえます。

課題④:人材確保が求められている

4つ目の課題は、人材確保が難しい点です。給食業界の職場環境は、体力が必要な職場でありながら業界全体の収益性の低さもあって、平均給与は他の業界に比べても低い状態が続いています。

また、業界の特性上、衛生管理の負担や業務開始が早朝になる等、一般的な企業に比べ労働環境も良くないため、退職者が多い環境でもあります。需要が増加している一方で、給食業界としてどのように人材を確保していくかは難しい課題になっているといえます。

対策:業務効率化を検討する

人材確保の対策の一つとして業務効率化を検討することがあげられます。人材確保を促進するには、課題となっている職場環境の改善は欠かせません。

具体的には、煩雑な事務処理や管理業務をシステムで効率化したり、献立ソフトの導入ペーパレス化などが考えられます。これらの業務効率化は、体力が必要な現場の負担軽減につながるだけでなく、ムダなコストの削減にもつながります。

最終的には、働く人たちの待遇改善にもつながっていく重要な対策と言えるでしょう。

給食業界で顧客から選ばれるマーケティング施策

差別化が難しく価格競争になりやすい給食業界で、顧客から選ばれるにはどのようなマーケティング施策があるのでしょうか。需要は今後も見込め、明るい兆しがありますので、利益を確保するためにも価格競争に陥らないマーケティング施策が必要です。

マーケティング施策 内容
1 ホームページの運用とSEO対策 自社の魅力をアピールし且つ検索結果で上位表示させる対策
2 SNSの運用 自社の認知度向上を図りSNSでの自社サービスや魅力を発信
3 ポジショニングメディア 競合と差別化し自社商品(サービス)に関心のある顧客だけを集中的に集客
4 オウンドメディア 自社の認知度向上やブランディングを確立

ホームページの運用とSEO対策

給食業界の課題を解決するホームページ運用とSEO対策のイメージ画像

まずはマーケティングの土台となるホームページの運用です。ホームページは集客だけでなく、企業の認知度向上・ブランディング、最終的なコンバージョンなどさまざまな役割を担います。

ホームページがしっかりと作り込まれていないと、せっかくマーケティング施策で集客しても、最終的なコンバージョンにつながらないケースも多くなってしまうため、しっかりと作るようにしましょう。

ホームページの作成にはSEO対策も必須事項です。SEO対策とは、簡単にいうと検索エンジンで自社が上位に表示されるように対策を行うことです。

ホームページの役割である集客や認知度向上のためにも必須の対策と言えます。

SNSの運用

SNSの運用も有効なマーケティング手法です。近年はスマートフォンの普及により、企業・個人を問わずSNSで情報収集やコミュニケーションをする機会はかなり増えています。

自社の認知度向上を図るうえで、SNSでの自社サービスや魅力の発信は非常に有効な手段です。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアLPスクリーンショット

ポジショニングメディアとは、業界内における自社のポジションや特徴を明確にし、競合他社との差別化することで、成約率の高い集客を実現するマーケティングメディアのことを指します。差別化の難しい給食業界だからこそ、ポジショニングメディアによる

他社との差別化の発信

は大きな効果が期待できます。キャククル運営元の全研本社では、120以上の業種で7,900サイト以上の導入実績があります。

業界内の競合調査や、貴社の強みを見つけ集客するマーケティング分析、ポジショニングメディアの制作・運用・改善まで幅広く対応しております。ポジショニングメディアの導入にご興味がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

ポジショニングメディアの
導入事例を見る

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で保有しているメディアの総称で、マーケティングにおいては自社のWebサイトやブログなど、自社の認知やブランディングを目的としたメディアのことを指します。

給食業界では、直接の取引先が学校・介護業界・病院などが主力顧客ですので、これらのユーザーのニーズや困りごとを把握し、効率的な集客に繋げられるメディア構築が求められます。

キャククル運営元の全研本社では、オウンドメディアの構築支援も行っております。全研本社のオウンドメディア構築では、御社のブランド価値を検索市場に浸透させることで、より売上に繋がるメディアを構築します。

先程ご紹介したポジショニングメディアの構築と合わせ、高い効果が期待できますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

拡大する需要をマーケティングで業績拡大につなげよう

給食業界の課題を解決するマーケティングのイメージ画像

給食業界は、食材の高騰や人材確保が難しいなどの課題を抱えてはいるものの、需要は拡大傾向にあります。

この需要拡大を業績に結びつけるためにも、ターゲットとなる市場やユーザーに、効率的に情報発信するマーケティング戦略が重要になるでしょう。

キャククル運営元の全研本社では、ポジショニングメディア・オウンドメディアの構築・運用支援をはじめとして、さまざまなマーケティング戦略の構築・運営支援を行っています。

貴社の強みに合わせたマーケティング戦略をご提案させていただきますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

自社の強みに合った
Webマーケティングを相談する

ページトップへ