食品産業新聞の広告効果と掲載費用をリサーチ

食品産業新聞の広告効果と掲載費用をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

食糧や食品の業界情報を紹介している食品産業新聞の広告掲載について詳しくまとめました。媒体の特徴やメリット・デメリット、広告掲載料金、広告主の口コミ評判や掲載までの流れを紹介しています。

食品産業新聞のキャプチャ

画像引用元:食品産業新聞公式サイト(https://www.ssnp.co.jp/index.html)

食品産業新聞の特徴

国内の食品に関するニュースや情報を専門的に取り扱っている食品産業新聞。1951年の創刊以来、食品業界の動きや業界が直面する課題・問題などを中心に報じています。

発行は月曜と木曜の週2回で、新聞は3ヶ月・6ヶ月・1年の定期購読が条件。食品ジャンルによっては電子版日報もあります。会員になるとダウンロードして、スマホやタブレット、PCなどのデバイスから読むことができます。

主な読者は食品メーカーや食品卸業、スーパーやコンビニエンスストアなどの量販店に勤める方や経営者です。米・麦、畜産、外食、冷食、酒類など食品の分類ごとに専門性の高いコラム記事が紹介されており、最新情報をタイムリーに確認できるようになっています。

食品産業新聞の広告掲載料金

食品産業新聞の広告掲載について、公式サイトに詳細記載がありませんでした。掲載料金や広告の見積もり、媒体の詳細については公式サイトのお問合せフォームか、電話・メールで問い合わせてください。

食品産業新聞の口コミ・評判

食品産業新聞に広告を掲載した人の口コミは見つかりませんでした。

食品産業新聞に広告掲載するメリット

新聞を定期購読している全国の食品メーカーや食品卸業、商社に確実にリーチします。広告は主に記事下広告ですが、電子版やニュースWeb版にはバナー広告もあるようです。

目的に合わせて自社や商品の魅力を紹介できるでしょう。営業活動のために全国をまわるコストを削減できるため、食品業者に対して効率的にPRしたい企業に向いています。

食品産業新聞に広告掲載するデメリット

食品の取り扱いや関連するサービスを行っていないメーカーや業者にとっては、アプローチの場に向いていません。また、すべての食品関連企業が購読しているわけではないため、広告効果や反応の正確な検証が行いにくい点も挙げられます。

食品産業新聞の広告掲載までの流れ

専用フォームや電話にて問い合わせ後、担当者から掲載料金や掲載期間、入稿規定などの媒体の詳しい説明を受けます。その後、見積もりを確認して詳細の打ち合わせにすすみます。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングを

業界に特化した媒体への広告掲載は、使い方次第では非常に効果的な集客方法です。ターゲットを絞り込めるので、業種を限定した法人集客を狙う戦略にも向いています。広告を掲載することがステータスとなり、会社のブランド戦略にもつながるでしょう。

専門紙への掲載といったオフライン施策は有効ですが、オンラインでも効率的に広告が可能です。オンラインでの施策は、自社ブランディングにも関わるマーケティング戦略が中心になります。

弊社はバリュープロモーション分析に基づく戦略的コンテンツマーケティングのプロ集団であり、7,000件ものWebコンサルティング実績を持っています。そして、いま現在最も成果を上げているのが「ポジショニングメディア」です。

ポジショニングメディアは、市場での立ち位置を明確にし、自社ブランディングを行いながら制作するWebメディアです。自社が提供できて競合他社は提供していない「独自の強み」をユーザーに提示し、それを魅力的に感じたユーザーを集客することができます。ユーザーの求めている価値を探りながら「会社が持つ独自の価値」を見つめ直し、戦うべきポジションを確立していくのです。

「業界内で認知度を上げたい」「新しい顧客・良質な顧客と出会いたい」企業様は、ぜひお話をお聞かせください。弊社では、BtoBに特化した戦略的コンテンツマーケティングをはじめ、Web全般のご相談を承っております。

新聞広告の掲載効果や
費用相場を知る

BtoB集客の戦略についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらもお読みください。

BtoBの集客戦略
広告方法まとめ

ページトップへ