スマートニュースの広告掲載の料金・口コミ評判を調査

スマートニュースの広告掲載の料金・口コミ評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

スキマ時間や移動中に、1分で世界のニュースをチェックできると人気のアプリ「スマートニュース」の広告掲載について詳しくまとめました。この記事では、スマートニュースの特徴やメリット・デメリット、広告掲載料金、広告主の口コミ評判や掲載までの流れを紹介しています。

キャククルでは、120を超える業界での集客経験をもとにWebマーケティングについて情報を発信しています。一般的な広報掲載以外にも、売上向上に繋がる施策が様々あります。大事なのは、自社のターゲット層を確実に狙って成果に繋げられる戦略の確立です。他の記事では商談率8割超え・受注単価2.5倍アップの施策も紹介しておりますので、マーケティングをより多角的に行いたいと思っている方は関連ページもぜひご覧ください。

スマートニュースのキャプチャ

画像引用元:スマートニュース公式サイト(https://www.smartnews.com/ja/)

スマートニュースの特徴

スマートニュースは、世界で5,000万ダウンロードされているニュースアプリです。日本・アメリカを合わせて、1ヵ月あたり2000万人のユーザーがアプリを見ています。一度ニュースを取得するとネットワーク圏外でも読み続けられることから、移動の多い社会人を中心に多くの方に支持されています。

ユーザー層は男女でほぼ半々、企業や家庭で責任を任っている40~50代が多く、ビジネスパーソンをターゲットにリーチしやすいアプリです。

広告配信では運用型のインフィード広告「Standard Ads」と純広告「Premium Video/Display Ads」の2種類があります。バナー広告を中心に動画広告の掲載も可能です。

アプリが配信しながら、習していきます(マシンラーニング)。その結果、商品に興味を持っているターゲットに対してのみ広告を表示させることが可能です。タイアップ記事やオウンドメディアへの誘導を効率的に実施できます。

媒体運営者向けに提供されている分析ツール「SmartNews Insights」も活用できるのが魅力。アクセス数や読者の年齢や性別などのデータを分析して、広告のパフォーマンス向上に役立てることもできます。

スマートニュースの広告掲載料金

スマートニュースの広告掲載料金には大きく分けて2種類あり、クリックごとに費用が発生する「CPC課金」と1000回の表示ごとに費用が発生する「CPM課金」が適用されます。

配信期間は「Standard Ads/Standard Vieo Ads」が任意、「Premium Video Ads」は1週間、その他のメニューでは午前11時~翌日11時までの1日です。掲載保証はありませんが、ニュースの記事下にタイアップ記事を挿入することは無料です。

メニュー名 Standard Ads/Standard Vieo Ads Cover Story Ads Cover Story Video Ads 1Day Premium TOP Video Ads(通常枠) 1Day Premium TOP Video Ads(リーチマックス枠) 1Day Premium TOPフルブリード(通常枠) 1Day Premium TOPフルブリード(リーチマックス枠) Premium Video Ads Premium Video Adsフルブリード
価格 CPC@1円ネット~ imp@1.16円グロス600万imp imp@2.0円グロス500万imp vimp@2.5円グロス320万vimp vimp@2.0円グロス1,000万vimp imp@1.5円グロス533万3,333imp imp@1.3円グロス1,500万imp vimp@1.3円グロス153万8461万vimp imp@0.8円グロス250万imp
最低出稿額 月末締め配信金額分 700万円グロス 1,000万円グロス 800万円グロス 2,000万円グロス2 800万円グロス 2,000万円グロス 200万円グロス 200万円グロス

引用元:スマートニュース / Smart Ads Media Guide2021.1-3

スマートニュースの口コミ・評判

スマートニュースに広告を掲載した人の口コミは見つかりませんでした。

スマートニュースに広告掲載するメリット

スマートニュースの最大のメリットは、アクティブユーザーの数とAIを活かした広告の表示です。広告は膨大なユーザーのデータをもとに自動的に最適化されるため、無駄なクリック・インプレッション(= 自社にとって無駄な費用)は減るでしょう。

さらに、多くのユーザーに対して繰り返し広告が表示されることで自社のブランディング向上につながる可能性もあります。広告がリーチする度に、親近感を覚えてもらえるという効果が期待できるでしょう。

スマートニュースに広告掲載するデメリット

スマートニュースAIによる広告配信は精度が高いですが、安価なものではありません。安くても月額200万~の広告のため、かなり大きな投資が必要です。

動画広告の場合は、広告枠に動画作成の費用も加わるので、決して始めやすい集客施策ではありません。スマートニュースでの広告配信が自社が望んでいる顧客の獲得に繋がるかどうか、綿密な検討が必要です。

スマートニュースの広告掲載までの流れ

スマートニュースの広告配信までの流れは、希望するメニューによって違いがあります。専用フォームにてアカウント申請を依頼後のスケジュールは下記のとおりです。アカウント申請時には企業・商材可否の審査、入稿時にはガイドラインや法令が守られているかの審査があります。すべての審査を通過したら配信開始です。

Standard Ads

  • アカウント申請(商材ごとに要申請)
  • アカウント発行(~3営業日以内)
  • 入稿・キャンペーン審査(3~5営業日)
  • 配信設定・管理画面より確認
  • モニタリング・ユーザーフィードバック
  • 掲載レポートを管理画面より確認

Premium Video Ads・Premium Display Adsフルブリード

  • 申込・企業商材可否審査(~5営業日)
  • 入稿・審査、LP可否審査(~5営業日)
  • 配信開始
  • 配信終了・レポート(3営業日)

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

スマートニュースへの広告掲載が自社や自社商品の認知度を高め、より多くの見込み顧客に伝えるために有効な手段です。しかし、一つの媒体への広告掲載だけで自社の集客ニーズが満たされない場合も多いでしょう。

自社の商品と相性の良い媒体もあれば、自社のターゲット層が使いやすい媒体もあります。顧客を効率的に獲得するには、複数の施策を並行で打ち出し、一番成果に繋がるものに投資するのがベストです。

マーケティング活動でもっとも重要なのは、自社と親和性の高い顧客を狙うことです。親和性の高い顧客なら、そうでない顧客よりも早く商品を買ってもらえますし、リピートしでの購入も期待できます。ユーザーのあらゆる属性に基づいて広告できるインターネットは、自社に合う顧客へのアピールに最適と言えるでしょう。

下記の記事では、Webを活かしたBtoB業界のマーケティング戦略・施策をまとめています。商談率8割以上・受注単価2.5倍を実現したWebメディア施策も紹介しております。自社のマーケティングを強化したいと考えている方は、参考にしてみてください。

顧客に指名してもらえる
マーケティング戦略まとめ

ページトップへ