WEB編集プロダクションの特徴と依頼時のポイント

WEB編集プロダクションの特徴と依頼時のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

WEB系編集プロダクションと紙系編集プロダクションの違い

編集プロダクションとは、出版物の企画・編集・政策を代行する会社のことで、大手出版社の下請けとしても活動しています。企画から出版物の完成まで、取り組むこともあり、編集プロダクションの業務は、委託される内容によっては多岐にわたる大変ハードなものです。

一般的な紙媒体のプロダクションの場合は、執筆や取材など行い出版物を作成します。完成までに半年以上かかるなど、時間をかなり必要とします。

一方WEBでも同じ編集プロダクションなので、執筆や取材といった内容は変わりませんが、印刷することがなく、WEB上にアップするだけで世に公開できます。

このことから、関係してくるのは「情報の鮮度」速報性の違いです。

さらに、WEB上ではコンテンツを表示する枠に実質の制限がありません。無限に加筆できるWEBメディアは、速報性とともに網羅性や信頼性も高められます。

昔であれば最新情報は、新聞や雑誌から仕入れていたものが、今はWEBやSNSにどんどん情報が流れ込みのあっという間に入れ替わっていきます。ニュースメディアや、トレンドに関しては鮮度の高さが影響してくるコンテンツは今後WEBが重宝されていくのは仕方がないかもしれません。

WEB編集プロダクションが備えるスキルとは

そんなWEB編集プロダクションに求められるスキルの中には、紙媒体の時にはなかったものもあります。代表的なものでいえばSEOです。

本来原稿を提出する際は、紙であればかなり厳しく文字制限がなされていましたが、WEB上のメディアでは基本的にそこまで厳しくありません。それよりもWEBライターは記事を執筆する際にSEOを意識します。

あと編集だけではなく、WEBマーケティングの知識があるかないかでも、作成できるコンテンツにかなり違いがでてきます。もうお気づきかと思いますが、WEB編集プロダクションの場合は編集だけではなく、WEB上のコンテンツを作り上げるスキルが必要です。

SEOの他には、リスティング広告への出稿やデータ分析といった運用があります。さらに、国民総発信時代の文化を作り上げたSNS、そこを活用した広告宣伝と専門的なスキルも必要です。SNS広告に対する知識やスキルがあれば、TwitterやFacebookなど、属性をセグメントして配信することも可能になります。

そして実行スキルと同じくらい大切なのが分析スキルです。

WEB上のメディアはPV数などダイレクトにユーザーの行動がリアルタイムに数値化されます。その数字から、次のコンテンツの企画につなげたり、現在出しているコンテンツに修正を加えたりしていきます。

WEB上に一度作り上げたコンテンツは、しっかりと対策を練り修正を加えていけば、大切な資産になるので重要です。

クラウドソーシングとの違い

WEB上のメディアとなると、編集プロダクションにお願いせずとも、クラウドソーシングで事足りるのではないかと考えられる場合があります。

確かに、大手クラウドソーシングサイトに登録しているWEBライターの中には、SEO対策のできて、ライティングスキルも申し分ないという方はいらっしゃるでしょう。

ただ、クラウドソーシングはあくまで個人になるので、編集プロダクションのように組織的な人材育成はなされていません。個人のライティングスキルは高くても企画ができない、など、プロではない方も多いため、総合的なクオリティについては、編集プロダクションに依頼する方が安心かもしれません。

費用対効果で考えると、クラウドソーシングで良い人材を見つけることが一番良い方かもしれませんが、コンテンツの作成は質が命なので、取り組む人材は決して妥協できない項目です。

WEB系編集プロダクションへの依頼のポイント

もしWEB系編集プロダクションに依頼をするのであれば、目的を明確にしておくことです。直接出会ったり、電話したりといった打ち合わせもあるかもしれませんが、内容によっては全てWEB上、テキストのみでのやりとりすることになります。

その時に的確に伝えようと思うと、余計な言葉はいらず、シンプルに具体的に目的を伝えることが一番です。

内容とあわせて、記事の量感や納期、そして予算の目安など相手が仕事を引き受けやすいように出せる情報はしっかりと提示しましょう。

WEB編集プロダクションと一度いいお仕事ができれば、今後は継続して依頼することもできます。その方がクオリティも担保されるので、依頼する側も安心です。

依頼時のポイントは将来への関係づくりともいえるかもしれません。

 

全研本社では、WEBコンテンツマーケティングに特化したコンテンツを作成し編集する部署があります。商品やサービス集客のためのオウンドメディアやアーンドメディアの制作実績も7000サイト以上。本記事でご紹介したような、WEBメディアの作成は可能です。

Web集客に大切なコンテンツマーケティングをはじめ、WEBコンテンツの作成や編集についてのご相談があれば、お気軽に全研本社までお問い合わせください。
お問合せはこちらバリュープロポジション漫画

ページトップへ